芦刈山」タグアーカイブ

祇園祭:山鉾巡行(2013年7月17日)・・・河原町御池にて、その3

[※その2 から続く]

霰天神山が終わったところで私のコンデジのバッテリーが切れてしまい、ここからは仕方なく手持ちのiPhone4Sで撮りました。画素数のわりに画像が荒いので、これから掲載する写真は拡大画像無しにしています。

見づらいとは思いますが、すみませんです m(_ _)m

祇園祭に参加している山鉾については下記サイトを参考にしてください。
京都祇園祭 http://www.gionmatsuri.jp/
(財)祇園祭 山鉾連合会 http://www.gionmatsuri.or.jp/

 

17番、菊水鉾↓
20130717_114034
20130717_114237
20130717_114241
20130717_114352
20130717_114355

 

18番、芦刈山[http://www.ashikariyama.jp/]↓担ぎながらグルッと一回りしてました。
20130717_114859
20130717_114921
20130717_114925
20130717_114936

 

19番、白楽天山[http://www.hakurakutenyama.jp/]
20130717_115030
20130717_115055
20130717_115110
20130717_115115
目の前で先の順番の山がやってると対抗意識が湧いてくるんでしょうかね?同じく担いだまま1周してました。重たいでしょうに、皆さんよく頑張らはります。

 

20番、木賊山↓ここも頑張って・・・祭りとなるとやはりハートが熱く滾るんでしょうね(笑)。
20130717_115242
20130717_115318
20130717_115320
20130717_115322
20130717_115324
まぁ1周してもらった方が前掛だけでなく胴掛や見送りも観賞できるので、客としてはありがたいですが・・・。

 

21番、放下鉾↓
20130717_115424
20130717_120210
20130717_120212

 

22番、岩戸山[http://www.iwatoyama.jp/]
20130717_120713
20130717_121318
20130717_121324
20130717_121459
この時は運悪く私の前にお巡りさんが・・・(苦笑)。たいていは観客に気を使って警備でも視界の妨げにならない位置にいてくれるのですが、もう3分の2近くが終わって熱中症か何かで具合が悪くなった人のために何度となく救急隊と一緒に走り回ってたりしてたので、空気を読む余裕がなくなってきてたんでしょう・・・。

 

23番、船鉾↓
20130717_121954
20130717_122327
20130717_122329
20130717_122536

さて、ここまでが“前祭”で、24番以降が“後祭”と言われます。1966年(昭和41年)まで山鉾巡行は17日の前祭と24日の後祭の2回に分けて行なわれていたそうですが、大船鉾の再建を機に来年から後祭巡行を復活させるという話が出ています。各方面での調整が必要でしょうから、実際にどうなるかわかりませんが、昨年の巡行の最中に内輪で大喧嘩かまして今年の参加が危ぶまれた放下鉾の例もありますので、私自身も古への回帰という点で後祭巡行の復活は歓迎したいところですし、各山鉾町などの意見がいい落とし所に治まることを願うのみです。

 

その4 へ続く

 

祇園祭:山鉾巡行%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003682,135.759675+(%E7%A5%87%E5%9C%92%E7%A5%AD%EF%BC%9A%E5%B1%B1%E9%89%BE%E5%B7%A1%E8%A1%8C)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003682%%135.759675%%15

 


祇園祭:7月16日は宵山

連休の最終日に宵山。今日でなく一昨日行きたかったところでしたが、天気とにらめっこして結局今日に。四条通が歩行者天国になるあたりから人混みするだろうと思い、夕方に出かけて日が落ちる前にササッと帰ってきました。嵐電の四条大宮駅から歩きだったのですが、新町通から向こうはかなり人出が多かったので、西洞院通までしか行ってません。例年はそれほど行かないエリアだったので、いい機会ではありましたが。

まずは芦刈山[http://www.ashikariyama.jp/]
P7160002
P7160004
P7160005
P7160008
P7160009

油天神山↓今年はここで粽を買いました。
P7160010
P7160011
P7160012
P7160013
P7160014
見送はタペストリー『宮廷宴遊図』が掛けられていました。明日はおそらく平成に新調された方(梅原龍三郎の下絵による『朝陽図』)を使用するとは思いますが。
P7160039
P7160040

木賊山(とくさやま)↓
P7160015
P7160016
P7160017
P7160019

伯牙山↓中国は周の時代の伯牙という琴の名人の故事に因んでるだけあって中華風の趣きです。
P7160022
一昨日から今日までは国の重要文化財になっている杉本家住宅[http://www.sugimotoke.or.jp/]が一般公開されてますので、入場料を払えば邸宅の中に入れたのですが財布とにらめっこしてやめました(苦笑)。会所になっている店の間だけは無料公開だったので、そこの展示品だけ(それでも豪華ですけど)。
P7160023
P7160024
P7160025
P7160027
P7160028

太子山↓
P7160031
中に入ってコンデジを手にしてたら、係の方から御神体(聖徳太子様)にカメラを向けるのは・・・とやんわり注意されたので、真ん中に鎮座されていらっしゃる御神体が写らないように撮った・・・つもりです(実際入ってないですよね?)。自分の信仰云々に関係なく祭りの最中に罰当りなことはしたくないですからね。
P7160032
P7160033
P7160034
P7160035
P7160037
P7160038
・・・聖徳太子のお知恵に授かろうと思い粽をここで買おうとしたのですが、残念ながら私が行った時にはソルドアウト・・・
・・・(T_T)
というわけで油天神山にまた立ち寄って粽を買ったのですが、シェイクスピアにマクベスの呪いをかけられたネシンバラを見たばかりだからでは決してありませんので、念の為(・・・ってホライゾン見てる人にしかわからないネタ言うか>自分)