7月、文月、今年も京都の街に祇園祭がやってきた!!!!!!!

カレンダーも暦が替わって7月に入り、京都ではいよいよ本格的に祇園祭[http://www.gionmatsuri.or.jp/]の時期が到来となりました。今年のくじ取り式の結果は下記のとおりになったそうです。

◆前祭の巡行:7月17日(月曜・祝日)

1.長刀鉾
2.占出山
3.孟宗山
4.霰天神山
5.函谷鉾
6.伯牙山
7.四条傘鉾
8.芦刈山[http://www.ashikariyama.jp/]
9.月鉾[http://www.tsukihoko.or.jp/]
10.山伏山
11.油天神山
12.太子山
13.鶏鉾
14.木賊山
15.綾傘鉾[http://www.ayakasahoko.com/]
16.蟷螂山
17.菊水鉾
18.白楽天山[http://www.hakurakutenyama.jp/]
19.郭巨山[http://www.kakkyo-yama.org/]
20.保昌山
21.放下鉾
22.岩戸山[http://www.iwatoyama.jp/]
23.船鉾

◆後祭の巡行:7月24日

1.橋弁慶山[http://www.hashibenkei-yama.com/]
2.北観音山[http://www.rokkaku.sakura.ne.jp/]
3.鯉山[http://www.koiyama.com/]
4.役行者山[http://ennogyojayama.main.jp/]
5.八幡山[http://www.hachimansan.com/]
6.南観音山
7.鈴鹿山
8.浄妙山
9.黒主山[http://www.kuronushiyama.or.jp/]
10.大船鉾[http://www.ofunehoko.jp/]

見ているだけの側は気楽でいいですけど(笑)、せめて関係者の方々が無事に儀式を執り行えるよう祈願させていただきます。それと、お稚児さんに選ばれた林賢人クン、チョー頑張れ!www
(※ちなみに、柳馬場通御池下ルの京都朝日ビルにオフィスを構える川崎機械工業の林誠一郎社長のご子息だそうです)

 

祇園祭・長刀鉾稚児に林君 しめ縄切りに意欲【京都新聞 2017年6月1日】

 祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾巡行(7月17日)で先頭を進む長刀鉾に乗る稚児と補佐役の2人の禿(かむろ)が決まり、1日、長刀鉾保存会(京都市下京区)が発表した。

 今年の稚児は、中京区の御所南小4年林賢人君(9)=航空機部品製造会社社長林誠一郎さん(45)の長男。林君は「稚児に決まって大変うれしいです。しめ縄切りを頑張りたい」と元気よく話した。

 禿は同小4年桐原真優君(9)=会社員桐原則勝さん(44)の長男=と、同小4年小嶋啓太君(9)=京都府立医科大助教小嶋健太郎さん(41)の長男。桐原君は「稚児の林君を支えたい」、小嶋君は「禿に決まってうれしい」と抱負や感想を述べた。

 3人は小学校入学時からの友達で、学校図書館で一緒に本を読むなど、仲が良いという。

 稚児や禿は「お千度の儀」(7月1日)や「社参の儀」(同13日)などを経て巡行に臨む。

20170601194259tigo450
〔※写真:長刀鉾の稚児に決まった林賢人君(中央)と禿の桐原真優君(右)、小嶋啓太君=1日午後3時20分、京都市下京区・長刀鉾保存会〕

 

稚児きりり、祭りの無事祈る 京都・祇園祭幕開け【京都新聞 2017年7月1日】

 日本三大祭りの一つ、祇園祭が1日、幕開けした。京都市東山区の八坂神社では、前祭(さきまつり)巡行(17日)で先頭を行く長刀鉾の稚児が、「お千度の儀」に臨み、祭りの無事を祈願した。

 午前9時45分、稚児の林賢人君(9)=御所南小4年=が、補佐役を務める禿(かむろ)の桐原真優君(9)=同=、小嶋啓太君(9)=同=とともに、今春修理が終わった南楼門をくぐった。おしろいに口紅をさした林君は、稚児を務めることを神前に報告。さらに朱色の傘を差し向けられながら本殿を時計回りに3周し、拝礼した。

 また、各山鉾町では「吉符入り」の神事が行われた。夜には、祇園囃子(ばやし)を練習する「二階囃子」も聞こえるようになり、祭りの風情を盛り上げる。

20170701113804osendo
〔※写真:祇園祭の無事を祈願し、境内を歩く長刀鉾の稚児と禿(1日午前10時35分、京都市東山区・八坂神社)〕

 

山一番、前祭は占出山 祇園祭・山鉾巡行のくじ取り式【京都新聞 2017年7月2日】

 祇園祭の山鉾巡行の順番を決める「くじ取り式」が2日、京都市中京区の市役所市議会議場で行われた。前祭(さきまつり)(17日)の巡行で、常に先頭を進む長刀鉾に続く「山一番」は、3年ぶりに占出(うらで)山が引き当てた。

 午前10時に始まり、33基の山鉾のうち、前祭18基、後祭(あとまつり)6基の山鉾町の代表者が、羽織はかま姿で登壇してくじを取った。「山一番」を取った占出山町内会長の旅行会社経営中口泰幸さん(68)は「プレッシャーでしたが、町内を代表してくじを取ることは人生の思い出です」と喜んだ。後祭(24日)では、「くじ取らず」の橋弁慶山と北観音山に続くのは、10年ぶりに鯉山だった。最後に残ったくじが後祭の山一番だった鯉山保存会理事の繊維会社経営畑良和さん(57)は「胸を張って町内に帰ることができます」と話した。

 くじ取り式は、巡行の先陣争いによる混乱を避けるために1500(明応9)年に始まった伝統行事。長刀鉾や函谷(かんこ)鉾、橋弁慶山など計9基は先例で順番が決まっている「くじ取らず」と呼ばれ、くじを取らない。

 今年の巡行順は次の通り。

 【前祭の巡行】=17日

 (1)長刀鉾(2)占出(うらで)山(3)孟宗山(4)霰(あられ)天神山(5)函谷(かんこ)鉾(6)伯牙山(7)四条傘鉾(8)芦刈山(9)月鉾(10)山伏山(11)油天神山(12)太子山(13)鶏鉾(14)木賊(とくさ)山(15)綾傘鉾(16)蟷螂(とうろう)山(17)菊水鉾(18)白楽天山(19)郭巨(かっきょ)山(20)保昌(ほうしょう)山(21)放下(ほうか)鉾(22)岩戸山(23)船鉾

 【後祭の巡行】=24日

 (1)橋弁慶山(2)北観音山(3)鯉山(4)役行者(えんのぎょうじゃ)山(5)八幡山(6)南観音山(7)鈴鹿山(8)浄妙山(9)黒主山(10)大船鉾

20170702230227kuji_450
〔※写真:今年の山鉾巡行の順番を決めるくじ取り式(2日午前10時14分、京都市中京区・京都市議会議場)〕

今日から7月、京都の文月は祇園祭!!!!!!! お千度の儀、山鉾各町が吉符入り

月も改まってカレンダーは7月。京都は今日1日の幕開けから月末の31日までず〜っと祇園祭です。

さっそく八坂神社で「お千度の儀」が執り行われ、山鉾各町も吉符入りしました。今年の長刀鉾のお稚児さんは創作京染呉服製造を営む内と良(ないとりょう)[http://www.naitoryo.com/]の内藤弘之社長の長男、内藤颯大くん。父親の内藤社長も44年前に稚児を務めていたそうで、17日までいろいろと大変でしょうけど頑張ってほしいですね。

17日の前祭巡行と24日の後祭巡行をゆっくり観るための有料観覧席はこちら
京都市観光協会|祇園祭 有料観覧席のご案内http://www.kyokanko.or.jp/gion/kanran.html

また、更には、大船鉾が昨年に150ぶりに復興して山鉾巡行に参加したことに触発されてか、他の休み山でも復活の動きがあるようで、こちらもぜひ成就するといいですね(そのために税金投入するならナンボでもエエよ・笑)。

 

朱の傘と稚児、雨に映え 祇園祭お千度の儀【京都新聞 2015年7月1日】

 日本三大祭りの一つ、祇園祭が1日、幕を開けた。京都市東山区の八坂神社では、前祭(さきまつり)の山鉾巡行で先頭を進む長刀鉾の稚児が、祭りの無事を祈願する「お千度の儀」に臨んだ。

 午前9時50分、「涼(すず)み衣装」を身に着けた稚児の内藤颯大(そうだい)君(9)が、補佐役の禿(かむろ)を務める山代惇史(あつふみ)君(8)、原一徳(かずのり)君(6)とともに南楼門をくぐった。本殿に進み、稚児を務めることを神に報告。どしゃ降りの雨の中、朱色の傘を差し掛けられて本殿を3周した。

 祇園祭は八坂神社の祭礼で、1カ月間、さまざまな神事や行事が繰り広げられる。

 1日は多くの山鉾町で神事始めの儀式「吉符入り」が行われ、夜には函谷(かんこ)鉾や菊水鉾などで「二階囃子(ばやし)」が始まり、コンチキチンの音がかいわいに響く。

2015070112435101_osendo
〔※写真:雨の中、「お千度の儀」で境内を歩く長刀鉾の稚児(1日午前10時45分、京都市東山区・八坂神社)〕

 

祇園祭の無事と盛り上がり祈る 山鉾各町が吉符入り【京都新聞 2015年7月1日】

 祇園祭が1日、幕を開け、京都市中心部にある山鉾町の多くで神事始めの儀式「吉符入り」が行われた。各町会所では、保存会の役員らが祭壇の前で神事に臨み、気持ちを引き締めた。

 中京区室町通三条下ルの黒主山ホールでは、午前10時半から吉符入りが行われた。参列者らは、黒主山のご神体の面や「八坂皇大神」の掛け軸が飾られた祭壇に向かってかしわ手を打った後、お神酒や御洗米を口に付けて祭りの無事を祈った。

 黒主山保存会の清水優代表理事(62)は「昨年は後祭(あとまつり)巡行の復活で注目されたが、今年も大勢の人に見に来ていただき、さらに盛り上がってくれたら」と期待していた。

20150701203001kippuiri
〔※写真:「吉符入り」の儀式で祭壇の前に並ぶ黒主山保存会の役員ら(京都市中京区室町通三条下ル・黒主山ホール)〕

 

長刀鉾稚児に内藤君、禿は山代君と原君 祇園祭【京都新聞 2015年6月3日】

 祇園祭の前祭(さきまつり)の山鉾巡行(7月17日)で先頭を進む長刀鉾に乗る今年の稚児と禿(かむろ)が決まり、3日に長刀鉾保存会(京都市下京区)が発表した。

 稚児は、左京区の松ケ崎小4年内藤颯大(そうだい)君(9)=染め呉服製造卸会社社長内藤弘之さん(55)の長男。弘之さんも1971年に稚児を務めた。

 稚児を補佐する禿は、北区の同志社小2年山代惇史(あつふみ)君(8)=印刷会社社長山代晃義さん(41)の次男=と、長岡京市のノートルダム学院小1年原一徳(かずのり)君(6)=飲食会社専務原匡史さん(46)の長男=が務める。

 稚児の颯大君は、「巡行を頑張りたい。注連縄(しめなわ)切りを見てかっこいいと思っていた」と話した。元稚児の弘之さんは「周囲に支えてもらい、体調を管理してほしい」とアドバイスしたという。2013年に兄悠史(ゆうし)君が禿を務めた山代君は「お兄ちゃんがかっこよかった。やってみたかった」と話し、原君は「初めてのことですが、頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 稚児と禿は、お千度の儀(7月1日)や社参の儀(同13日)を経て、17日の巡行に臨む。

20150603184644naito
〔※写真:長刀鉾の稚児に選ばれ、意気込んでポーズをとる内藤颯大君(中央)と、禿を務める山代惇史君(右)、原一徳君=3日午後3時15分、京都市下京区・長刀鉾保存会〕

 

京都・祇園祭、稚児役決まる 染め呉服会社長の長男ら【朝日新聞 2015年6月3日】

 7月に催される日本三大祭りの一つ、京都・祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行で、先頭を進む長刀(なぎなた)鉾に乗る「稚児(ちご)」と、補佐役の「禿(かむろ)」が決まった。長刀鉾保存会(京都市下京区)が3日発表した。

 稚児に選ばれたのは、京都市立松ケ崎小学校4年の内藤颯大(そうだい)君(9)。染め呉服製造会社「内(ない)と良(りょう)」社長の弘之さん(55)の長男。弘之さんも1971年に稚児を務めた。颯大君は「稚児は小さい頃から、やりたいなと思っていたのでうれしい」と話した。前祭(さきまつり)の巡行(7月17日)で長刀鉾に乗り、出発を告げる「しめ縄切り」の大役を担う。

 禿は、同志社小2年の山代惇史(あつふみ)君(8)、ノートルダム学院小1年の原一徳君(6)の2人。山代君の兄悠史(ゆうし)君(11)も2013年に務めた。

 かつては多くの山鉾に稚児役の少年が乗っていたが、現在は人形を乗せている。「生(いき)稚児」を乗せるのは長刀鉾だけだ。3人は7月1日、八坂神社(東山区)の「お千度の儀」で祭りの無事を願う。(佐藤剛志)

As20150603004529_comm
〔※写真:祇園祭長刀鉾の稚児に決まった内藤颯大(そうだい)君=3日午後、京都市下京区の長刀鉾保存会、戸村登撮影〕

 

祇園祭「鷹山」、200年ぶり復活目指す 京都、保存会が発足【京都新聞 2015年6月1日】

 祇園祭の休み山の一つ、鷹山の復活を目指す一般財団法人「鷹山保存会」(京都市中京区三条通室町西入ル)が、このほど設立された。鷹山復興を目的とした初めての組織。鷹山が最後に巡行に参加してから200年となる2026年までの復興を目指す。

 鷹山は後祭の曳山(ひきやま)だったが、1826(文政9)年の大雨で懸装品が損傷、その翌年から巡行に参加できず、ご神体などを飾る会所飾りのみ続けてきた。

 近年の後祭復活や大船鉾復興の動きに触発された地元有志が、2012年に「鷹山の歴史と未来を語る会」を結成。14年に囃子(はやし)を復活させた。

 今年5月、「語る会」を一歩進めて「鷹山保存会」を設立。会所飾りを担当している地元任意団体「衣棚(ころもだな)町鷹山保存会」からご神体人形などを譲り受け、山の復興を本格化させた。今後は「鷹山保存会」が山の復興や囃子の実施、寄付の受け付けを担当する。

 31日、関係者が東山区の八坂神社を参拝し、本殿を3周する「お千度参り」をした。また、中京区の旧明倫幼稚園では、衣棚町の住民約50人を招き、鷹山の復興を祈る囃子を奏でた。山田純司理事長(60)は「まだ最初の一歩。公益財団法人移行など今後も復興への準備を整えたい」と話した。

2015060108525061taka
〔※写真:地元住民を招き祇園囃子を披露する鷹山保存会の囃子方たち(京都市中京区・旧明倫幼稚園)〕

 

長刀鉾町%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003813,135.760431+(%E9%95%B7%E5%88%80%E9%89%BE%E7%94%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003813%%135.760431%%15

 


祇園祭:7月15日、前祭:宵々山・・・黄昏時・・・(2014年)

先日まで天候が芳しくなかったので今年は鉾建てを見に出歩くことはしなかったのですが、今日は寺町のPCショップに行く用事があったこともあり、帰りに少し歩いて見て回りました。ホコ天が始まる時間になると人出も多くなるので、その時間前にササッと(笑)。

まずは長刀鉾[http://www.naginatahoko.com/]
P7150001
P7150009
P7150010
一昨日の朝にバスで四条通を通っていたら、粽などを売るテントの前に長い行列ができているのが見えてビックリしたものでした。正月の初売りでもこんな行列できひんのとちゃうか?思ったほどwww

 

函谷鉾[http://www.kankoboko.jp/]
P7150012
P7150013
P7150014
P7150016

 

鶏鉾↓
P7150017
P7150019
P7150020
P7150021

 

菊水鉾↓お囃子はまだやってませんでした
P7150022
P7150023
P7150024

 

月鉾[http://www.tsukihoko.or.jp/]
P7150026
P7150027
P7150029
P7150031

 

放下鉾↓なんかまだ準備中?
P7150033
P7150034
P7150036
P7150037
P7150038
一昨年のトラブルは知る人ぞ知るところで昨年は組織が内部分裂したようですが、今年はどうだったんでしょうね?結局昨年と同じままかな?外部の私には知る由もないですけど・・・。

ちなみに、事の直接の発端は一昨年の曳き初めで怪我人が出たらしいことと巡行当日の囃子方の異例な行動


 

長刀鉾町%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003813,135.760431+(%E9%95%B7%E5%88%80%E9%89%BE%E7%94%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003813%%135.760431%%15

 


祇園祭:長刀鉾「吉符入り」 (2014年7月5日)

今日は長刀鉾町で神事始めとなる「吉符入り」が営まれ、今年のお稚児さんに選ばれた平井誠人君が優雅な「太平の舞」を披露したそうです。

つべで見つけたのがあったので、よければどうぞ。

尚、詳細は下記↓を参考に。また、有料観覧席の申込は観光協会のこのページからどうぞ。
京都祇園祭:http://www.gionmatsuri.jp/

 

稚児、優雅に太平の舞 祇園祭・長刀鉾「吉符入り」【京都新聞 2014年7月5日】

 祇園祭の山鉾巡行で先頭を行く長刀鉾の神事始め「吉符入り」が5日、京都市下京区四条通烏丸東入ルの長刀鉾町会所で営まれ、稚児が巡行当日に鉾の上で舞う「太平の舞」を披露した。

 午後3時、長刀鉾保存会の役員が、稚児の平井誠人君(9)と禿(かむろ)の石田佳希君(10)、井上喜晴君(10)の名前を書いた吉符を祭壇に供え、祭りの無事を祈願した。その後、四条通を見下ろす2階の窓辺に3人が並んだ。

 囃子(はやし)の音色が響く中、平井君はクジャク羽根で飾った冠を付け、振り袖を揺らしながら優雅に舞った。裏方の大人に体を支えてもらいながら、大きく外に身を乗り出すと、見守った市民から歓声が上がった。

2014070522081105_kippuiri
〔※写真:身を乗り出して「太平の舞」を披露する稚児の平井誠人君(中央)と禿の2人=5日午後3時24分、京都市下京区・長刀鉾町会所〕

 

長刀鉾町%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003813,135.760431+(%E9%95%B7%E5%88%80%E9%89%BE%E7%94%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003813%%135.760431%%15