京都府立 陶板名画の庭

地下鉄北山駅からすぐ、府立植物園や総合資料館と隣り合わせで『陶板名画の庭』[http://toban-meiga.seesaa.net/]があります。名画の美しさをそのままに再現した丈夫な陶板画を展示しているのですが、この施設を設計したのが安藤忠雄さんなので、彼の作品ということでも知られています。
2006_11250001

広さはさほどありませんが、洋の東西の名画から8点を陶板画にして展示してあります。
↓の左のは『最後の審判』
2006_11250002

水とコンクリートの絶妙な組合せも安藤さんの特徴ですよね。
2006_11250003
2006_11250004

↓真中に写るのは張澤端『清明上河図』
2006_11250005