鴨川」タグアーカイブ

桜の花見@岡崎・鴨川・高瀬川

蹴上から西へ、今度は京都国立近代美術館の南付近から疎水沿いに西に向かってみました。
P4100028
P4100029
P4100030
この通はソメイヨシノ以外にもいくつか別の種類の桜が混じって植えてあります。
P4100032
P4100033
P4100034
P4100035
P4100036

夷川発電所の付近まで来ました↓
P4100038
P4100040
P4100041
川端通から東に向かって↓
P4100042
P4100043
P4100044

夷川発電所%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.015584,135.775435+(%E5%A4%B7%E5%B7%9D%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.015584%%135.775435%%15

 

二条大橋から鴨川の風景を↓鴨川は京都のですよ京都!(大事なことなので2回言いました・爆)
P4100046
P4100045
ちょっとピンクがかった雪柳が混じってます↓白以外の雪柳は初めて見ました
P4100047
P4100048
P4100049
桜はこんな感じ↓
P4100051

高瀬川一之船入↓
P4100052
P4100053
P4100055
こうして見ていくと、だいたいどこも満開近くの見頃といった状況なのですが、明日の雨でどうなるか・・・心配ですね。

高瀬川一之船入%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.012441,135.770390+(%E9%AB%98%E7%80%AC%E5%B7%9D%E4%B8%80%E4%B9%8B%E8%88%B9%E5%85%A5)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%35.012441%%135.770390%%16

 




祇園祭|神輿洗い

10日の神輿洗いが祭のいわば本格的な始まりのためのお清めの儀式ならば、今日の神輿洗いは終わりのためのお清め、というところでしょうか。1ヶ月にわたる祇園祭も大きな神事は今日の神輿洗いが最後です。

しとらすは行かなかったので、ニュースを拾うだけにします。

山鉾巡行を含めたこれまでの祇園祭の神事は京都新聞の特設ページで動画が見れますのでどうぞ。
 →http://kyoto-np.jp/kp/koto/gion/gion.html

もっとも、2千円ちょっと出せばDVDのきれいな画質で楽しめますけどね(笑)。
61lnjk9sssl_ss500_



荒ぶる水の神 鴨の流れに 祇園祭・神輿洗い
【京都新聞 2009年7月28日】

 祇園祭の「神輿(みこし)洗い」の神事が28日夜、京都市の四条大橋で行われた。市民が見守る中、神輿に鴨川の神水が振りかけられた。
 10日の神輿洗いで鴨川の荒ぶる水の神様を八坂神社(東山区)へ迎え、祭りを催してもてなし、この日、人々の守り神として鴨川へおくる神事。
 午後8時前、松明(たいまつ)に先導され、「中御座」の神輿が八坂神社から四条大橋へ到着した。神職が神水を浸した榊を数回振り、神輿に神水をかけた。周囲は法被姿の輿丁(よちょう)や市民の熱気に包まれた。
 祇園祭は31日午前10時から、八坂神社で「夏越祭(なごしさい)」を行って祭りを締めくくる。
P2009072800193
〔※写真:鴨川から迎えた水の神様を鴨川へおくる神輿洗いの神事(28日午後8時、京都市・四条大橋)〕

祇園祭|いよいよ鉾建てが始まる、夜には四条大橋で神輿洗式

7月もすでに10日・・・早いですね。

長刀鉾・函谷鉾・月鉾・鶏鉾では今日から鉾建てだそうです。
2009071000000561sanl26view000

全部が今日からってわけじゃないし、わざわざ今日行かなくてもいいか・・・なんて思ってましたが、夜の神輿洗いを忘れてました(苦笑)。なぜかこれは1度も見たことなかったりするんですよね。

それはともかく、鉾のように大きなのは1日で終わるわけがないのですが、職人さんたちが一所懸命に作業されてる姿を見て、「作業途中で雨が降らなければいいけれど・・・」といつも願ってるのですが、時期が時期だけになぁ・・・。明日はともかく明後日は雨のようなので心配です。

ところで、昨日の記事に、仕事で長い間中国に住んでいるけど祇園祭の時期には囃子方に参加するために帰京している人の話がありました。その情熱と心意気に頭が下がるばかりです。

なお、祇園祭に関しては、まずは↓でチェック。詳しく知りたくなったらググってくださいね(笑)。

e京都ねっと|2009年祇園祭スケジュール
京都新聞|祇園祭2009[一部動画あり]
京都・祇園祭ボランティア21 http://www.gionmatsuri.jp/
続きを読む