ANTES」タグアーカイブ

激安ブルックナー全集・・・パーテルノストロ&ヴュルテンベルク・フィル

HMVのサイトを見てたらこんなニュースが出てました。

激安ブルックナー全集~大聖堂のライヴ録音で味わう荘厳なサウンド!icon

なんと11枚組で千円ちょっとという価格破壊的な安さです。しかも、パーテルノストロとヴュルテンベルク・フィルで気づかれた通の方もいると思うのですが、オリジナルの全集がリリースされてからまだ2年も経ってないんですよね・・・最初に1万円近く出してBOXを買った人が気の毒になります(苦笑)。

元はANTESというドイツのレーベルから出ていたのですが、ちょうどNMLにも参加しているレーベルでしたので、時間が取れたときに一気に全曲聴き通してみました。

★ブルックナー交響曲全集〔0~9番、テ・デウム〕
 /ロベルト・パーテルノストロ指揮 ヴュルテンベルク・フィル【Membran】

http://ml.naxos.jp/album/BM31.9233-43

Bm31923343

ベートーヴェンならまだしもブルックナーを全部というのは時間もかかりますし正直ちょっとしんどかったですかね(苦笑)。HMVの解説では5番以外はノヴァーク版になってるのですが、5番もハースとノヴァークでほとんど違いがないですしね。

1回通して聴いた印象では良くも悪くも癖がなくて聴きやすいかな、というところです。ただ、一流どころと比べるとさすがにランクの落ちるオケがライヴ録りしてるので所々演奏に小さなキズもありますし、ブルックナー全集のファーストチョイスというわけにはいかないでしょうが、ブルックナーはつまみ食い程度、たとえばコンサートとかで演奏頻度の多い4・7・8番とかは聴いたことがあるけど他は・・・という人が試しに残りの交響曲を聴いてみようかいうときには、激安価格でもありますのでちょうどいいかもしれませんね(自分に合わなくても後悔しなくてすむし)。

コストパフォーマンスはものすごくいいんですが、あんまりステレオの前で気合入れて聴くと肩透かしを食らうというか、重箱の隅をほじくって聴くようなタイプではないですね(それを求めるならいくらでも巨匠の過去の名演がありますし)。逆に肩の力を抜いて気軽にプレーヤーにかけて聴いてみれば、素朴な温かさの中に身を置くことができるのではないでしょうか。

ちなみに、Roberto Paternostro パーテルノストロ(もしくはパータノストロ)は以前日本に来てオペラやコンサートを指揮したことがあるらしいですね。あと、独バーデン=ヴュルテンベルク州のロイトリンゲンにあるヴュルテンベルク・フィルは飯森範親が最近まで音楽監督を務めていたことでも知られていますね。人口10万ちょっとの街にこんなオケがあるなんて、やっぱりドイツですよね~。日本じゃ県庁所在地にすらプロオケがないところが大多数なのに(じゃあ代わりに能楽堂や歌舞伎の劇場があるかというと違うしね)。