ヘッセン放送協会のおかげで正月を有意義に過ごせました・・・YouTubeにあるhr交響楽団のライヴ動画

ドイツにはドイツ公共放送連盟(ARD: Arbeitsgemeinschaft der öffentlich-rechtlichen Rundfunkanstalten der Bundesrepublik Deutschland)というのがドイツ国内に9つある地方公共放送団体を統括していて、ナチスの悪妙なメディア世論操作への反省から連邦政府が放送に介入できない一方で、放送行政はドイツ各州の所管というシステムになっているそうです。

そして、9つの地方公共放送団体がそれぞれにオーケストラを設立して運営しているのですが、有名どころですとバイエルン放送交響楽団、ベルリン放送交響楽団、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧称:ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)等々。ただし昨今の財政難から放送局所属のオーケストラも統廃合が起きてしまってるのは、さしものクラシック大国ドイツでもいろいろと大変なんだなぁ・・・と。

で、“hr交響楽団(hr-Sinfonieorchester)”[https://www.hr-sinfonieorchester.de/]。フランクフルトに本部を置くヘッセン放送協会(hr: Hessischer Rundfunk)所属のオーケストラで、2005年に今の名前に改称される前はフランクフルト放送交響楽団と称していて、前世紀末に日本のDENONレーベルによる優れた録音で当時の首席指揮者エリアフ・インバルとマーラーの交響曲全集をリリースしていたのは、往年のファンの知るところですね。ただ名前がhr交響楽団ではドイツ国外の人から見たら???となりそうだからなのか、2015年から国際公式名をFrankfurt Radio Symphony(日本語では昔と同じフランクフルト放送交響楽団ですが、旧称のドイツ語はRadio Sinfonieorchester Frankfurt、英語でFrankfurt Radio Symphony Orchestra)にしているようです。首席指揮者は2006–2013年のパーヴォ・ヤルヴィ(現名誉指揮者)の跡を引き継いで、2014年より1977年コロンビア生まれのアンドレス・オロスコ=エストラーダが務めています。ヒューストン交響楽団の音楽監督と兼任ですが、PentaToneレーベルからヒューストン響とのコンビでドヴォルザークの交響曲6・7・8・9番やハイドンの『天地創造』など、hr交響楽団とはリヒャルト・シュトラウスのアルプス交響曲や『英雄の生涯』、歌劇『サロメ』などを全てハイブリッドSACDでリリースしていて、どれも一定の高評価を得られているようです。

それにしても、公共放送だから定期演奏会を毎回TVカメラ撮りしているのは当然にしても、惜しげもなくYouTubeに公式チャンネル作ってアップロードしているのは凄い太っ腹ですね。どこぞの低レベルな犬HKとは大違いwww 直近のアップが2週間以上前の12月14日に催された演奏会で、プログラムが
・シューベルト:ヴァイオリンと弦楽のためのロンド
・イェルク・ヴィトマン:ヴァイオリン協奏曲第2番(※サントリーホールからの委託作、2018年8月31日に世界初演)
・シューベルト:交響曲ハ長調『ザ・グレイト』
なのですが、開演始めから見ることができます。まず楽団員が一斉に出てきて観客が拍手で迎えるのは今の京響定期のスタイルと同じだなぁ〜とか(欧州でのこういう習慣を京響も今シーズンからやってみたとかかしら?)、イェルク・ヴィトマンの新作コンチェルトはサントリーホールでの世界初演の際には作曲者自身の指揮でオケが東京都交響楽団、ソリストが妹のカロリン・ヴィトマンだったけど、ドイツでの初演にあたるhr交響楽団とのこの演奏会にもカロリン・ヴィトマンが客演してます。

他にもいろいろと数多くありますし、なによりタダで観れるので、興味のある方はぜひどうぞ。
↓↓
hr-Sinfonieorchester – Frankfurt Radio Symphony 【YouTube公式チャンネル】
https://www.youtube.com/user/hrSinfonieorchester

ちなみに欧州の経済都市フランクフルトにはフル編成のオケが2つあって、1つはこのhr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)、もう1つはフランクフルト・ムゼウム管弦楽団(フランクフルト歌劇場管弦楽団)で、こちらはフランクフルト歌劇場GMDを10年以上務めてるセバスティアン・ヴァイグレがシェフです。200年以上の歴史を持つフランクフルト歌劇場、レコードとかCDとかに名前を見ることがとても少ないので、日本ではあまり馴染みがないと思うのですが、ヴァイグレが音楽総監督に就いてからドイツのOpernwelt誌[http://www.opernwelt.de/]が毎年選出する年間最優秀オペラ座に昨シーズンと2014/2015シーズンの2回選ばれてることもあり、その実力はオペラファンでは知る人ぞ知る、みたいな感じでしょうか。

それはさておき、この正月3が日で視聴したのをツイートしてみたので、ここにも貼っておきます。ヘッセン放送協会に感謝を!w

 


プロコフィエフ:バレエ『ロメオとジュリエット』、ニーフスマン:ギター・デュオ作品集『PAINTINGS』、ドアティ:夢の機械、ボッビ・フィッシャー:ミサ・ラティーナ、ポルポラ:カンタータ集…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

 

プロコフィエフ:バレエ『ロメオとジュリエット』/マリン・オールソップ&ボルティモア交響楽団【NAXOS】(2枚組)

セルゲイ・プロコフィエフ
・バレエ『ロメオとジュリエット』 Op.64

指揮:マリン・オールソップ
管弦楽:ボルティモア交響楽団

録音時期:2015年10月11-18日
録音場所:メリーランド州ボルティモア、ジョセフ・マイヤーホフ・シンフォニーホール

http://ml.naxos.jp/album/8.573534-35

857353435

 


 

 

フォルカー・ニーフスマン:ギター・デュオ作品集『PAINTINGS』/ニーフスマン・ギター・デュオ【NAXOS】

フォルカー・ニーフスマン
・フランスの絵画
・カリプソの歌
・組曲第3番『ノア-ノア』

ギター:ニーフスマン・ギター・デュオ(ジュディス・ニーフスマン、フォルカー・ニーフスマン)

録音時期:2015年4月3-4日
録音場所:ノルトライン=ヴェストファーレン州デュッセルドルフ、ソニックヤード・スタジオ

http://ml.naxos.jp/album/8.551383

8551383

 


 

 

ドアティ:涙の道、夢の機械、ミシシッピ川の反映/デイヴィッド・アラン・ミラー&オールバニ交響楽団、他【NAXOS】

マイケル・ドアティ
・『Trail of Tears(涙の道)』~フルートと室内オーケストラのための
・『Dreamachine(夢の機械)』~独奏パーカッションとオーケストラのための
・『Reflections on the Mississippi(ミシシッピ川の反映)』~テューバとオーケストラのための
(※『涙の道』と『夢の機械』は世界初録音)

指揮:デイヴィッド・アラン・ミラー
管弦楽:オールバニ交響楽団
フルート:エイミー・ポーター
パーカッション:エヴェリン・グレニー
チューバ:キャロル・ジャンツッチ

録音時期:2015年5月17日(涙の道)、2016年4月18日(夢の機械)、2015年2月22日(ミシシッピ川の反映)
録音場所:ニューヨーク州トロイ、レンセラー工科大学EMPAC(涙の道)、トロイ・セイヴィング・バンク・音楽ホール

http://ml.naxos.jp/album/8.559807

8559807

 


 

 

ボッビ・フィッシャー:ミサ・ラティーナ、マニフィカト/クラウス・ブレヒト&アカデミー・コレクティヴ21、他【Carus】

ボッビ・フィッシャー
・ミサ・ラティーナ
・マニフィカト

指揮:クラウス・ブレヒト
管弦楽:アカデミー・コレクティヴ21
合唱:インターナショナル・フェスティバル合唱団
ソプラノ:アナベル・ペレス・レアル

録音時期:2016年8月14-16日(ミサ・ラティーナ)、2017年8月13-15日(マニフィカト)
録音場所:バーデン・ヴュルテンベルク州オクセンハウゼン、ゲマインデハウス・サント・ゲオルク(ミサ・ラティーナ)、州立音楽アカデミー・ブロイハウスザール(マニフィカト)

http://ml.naxos.jp/album/Carus83.483

Carus83483

 


 

 

ポルポラ:カンタータ集『ラマート・ノーメ』/ステファノ・アレージ&スティーレ・ガランテ、他【Glossa】(2枚組)

ニコラ・ポルポラ
・カンタータ集 Op.1
  カンタータ第5番
  カンタータ第10番
  カンタータ第8番
  カンタータ第3番
  カンタータ第9番
  カンタータ第6番
  カンタータ第11番
  カンタータ第4番
  カンタータ第7番
  カンタータ第2番
  カンタータ第1番
  カンタータ第12番

指揮:ステファノ・アレージ
古楽アンサンブル:スティーレ・ガランテ
ソプラノ:フランチェスカ・カッシナーリ、エマヌエラ・ガッリ
アルト:ジュゼッピーナ・ブリデッリ、マリーナ・デ・リーソ
チェロ:アグニェシュカ・オシャンツァ
チェンバロ:アンドレア・フリッジ

録音時期:2016年10月、2017年8月
録音場所:イタリア、エミリア=ロマーニャ州ロッカビアンカ、アリーナ・デル・ソーレ

http://ml.naxos.jp/album/GCD923513

Gcd923513

 


 

 

ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容、他/マレク・ヤノフスキ&ケルンWDR交響楽団【PentaTone】[Hybrid SACD]

パウル・ヒンデミット
・ウェーバーの主題による交響的変容
・組曲『気高い幻想』
・弦楽と金管のための協奏音楽 Op.50

指揮:マレク・ヤノフスキ
管弦楽:ケルンWDR交響楽団

録音時期:2017年1月
録音場所:ケルン、フィルハーモニー

http://ml.naxos.jp/album/PTC5186672

Ptc5186672

 


 

 

シューマン:弦楽四重奏曲第2番・第3番/エリアス弦楽四重奏団【Alpha】

ロベルト・シューマン
・弦楽四重奏曲第2番 ヘ長調 Op.41-2
・弦楽四重奏曲第3番 イ長調 Op.41-3

演奏:エリアス弦楽四重奏団

録音時期:2016年5月
録音場所:イギリス、サフォーク、ポットン・ホール

http://ml.naxos.jp/album/ALPHA280

Alpha280

 


 

 

プーランク:ヴァイオリン・ソナタ、バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ第2番、他/[Vn]パトリツィア・コパチンスカヤ、[Pf]ポリーナ・レスチェンコ【Alpha】

フランシス・プーランク
・ヴァイオリン・ソナタ『F.G.ロルカの思い出に』 FP119
エルンスト・フォン・ドホナーニ
・コッペリアのワルツ[※ドリーブのバレエ音楽『コッペリア』をドホナーニがピアノ版に編曲]
バルトーク・ベーラ
・ヴァイオリン・ソナタ第2番 Sz.76
モーリス・ラヴェル
・演奏会用狂詩曲『ツィガーヌ』

ヴァイオリン:パトリツィア・コパチンスカヤ
ピアノ:ポリーナ・レスチェンコ

録音時期:2017年6月
録音場所:フランス、グルノーブル、MC2

http://ml.naxos.jp/album/ALPHA387

Alpha387

 

ブラームス:クラリネットソナタ集、バルトーク:管弦楽のための協奏曲、ラフマニノフ:合唱交響曲『鐘』・交響的舞曲、ルーザス:ヴィオラ協奏曲…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

 

ドヴォルザーク:弦楽六重奏曲、弦楽五重奏曲第3番/エルサレム四重奏団、他【Harmonia Mundi】

アントニン・ドヴォルザーク
・弦楽六重奏曲 イ長調 Op.48, B.80
・弦楽五重奏曲 第3番 変ホ長調 Op.97, B.180

弦楽四重奏:エルサレム四重奏団
ヴィオラ:ヴェロニカ・ハーゲン
チェロ:ゲーリー・ホフマン

録音時期:2017年1月11-14日
録音場所:ベルリン、テルデックス・スタジオ

http://ml.naxos.jp/album/HMM902320DI

Hmm902320di

 


 

 

ブラームス:クラリネットソナタ 第1番・第2番、4つの小品
 /[Cl]ニコライ・プフェッファー、[Pf]フェリックス・ヴァール
【CAvi-music】

ヨハネス・ブラームス
・クラリネット・ソナタ第1番 ヘ短調 Op.120, No.1
・4つの小品 Op.119
・クラリネット・ソナタ第1番 変ホ長調 Op. 120, No.2

クラリネット:ニコライ・プフェッファー
ピアノ:フェリックス・ヴァール

録音時期:2017年3月・6月
録音場所:ブレーメン、ゼンデザール

http://ml.naxos.jp/album/CAvi8553909D

Cavi8553909d

 


 

 

バルトーク:ピアノ協奏曲第3番、管弦楽のための協奏曲/パブロ・エラス=カサド&ミュンヘン・フィル、他【Harmonia Mundi】

バルトーク・ベーラ
・ピアノ協奏曲 第3番 BB.127, Sz.119
・管弦楽のための協奏曲 BB.123, Sz.116

指揮:パブロ・エラス=カサド
管弦楽:ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
ピアノ:ハビエル・ペリアネス

録音時期:2016年9月26日-10月1日
録音場所:ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー

http://ml.naxos.jp/album/HMM902262DI

Hmm902262di

 


 

 

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番、ストラヴィンスキー:ピアノと管楽器のための協奏曲
 /[Pf]ボリス・ベレゾフスキー、ウラディーミル・ユロフスキ&スヴェトラーノフ記念ロシア国立響
【Mirare】

ヨハネス・ブラームス
・ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 Op.15
イーゴリ・ストラヴィンスキー
・ピアノと管楽器のための協奏曲

ピアノ:ボリス・ベレゾフスキー
指揮:ウラディーミル・ユロフスキ
管弦楽:スヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団

録音時期:2017年4月8日
録音場所:モスクワ、チャイコフスキー・コンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/MIR340

Mir340

 


 

 

ラフマニノフ:合唱交響曲『鐘』、交響的舞曲/マリス・ヤンソンス&バイエルン放送響、他【BR KLASSIK】

セルゲイ・ラフマニノフ
・合唱交響曲『鐘』 Op.35
・交響的舞曲 Op.45

指揮:マリス・ヤンソンス
管弦楽:バイエルン放送交響楽団
合唱:バイエルン放送合唱団(鐘)
ソプラノ:タチアナ・パヴロフスカヤ(鐘)
テノール:オレグ・ドルゴフ(鐘)
バリトン:アレクセイ・マルコフ(鐘)

録音時期:2016年1月14-15日(鐘)、2017年1月26-27日
録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール・デア・レジデンツ(ライヴ)

http://ml.naxos.jp/album/900154

900154

 


 

 

ルーザス:ヴィオラ協奏曲、ヘンデル変奏曲/オーフス交響楽団、[Va]ラーシュ・アネルス・トムテル、他【Dacapo】

ポウル・ルーザス
・ヴィオラ協奏曲[2013年改訂版]
・ヘンデル変奏曲
(※全て世界初録音)

指揮:マルク・スーストロ(ヴィオラ協奏曲)、アンドレアス・デルフス
管弦楽:オーフス交響楽団
ヴィオラ:ラーシュ・アネルス・トムテル(ヴィオラ協奏曲)

録音時期:2015年12月11-12日(ヴィオラ協奏曲)、2017年3月18-20日
録音場所:デンマーク、オーフス、ムジークフーセト・オーフス、シンフォニスク・セール

http://ml.naxos.jp/album/8.226149

8226149

 

バルトーク:管弦楽のための協奏曲、カレヴィ・アホ:サクソフォン協奏曲、ロッシーニ:弦楽のためのソナタ集、マーラー:交響曲第1番、シューマン:交響曲全集…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

 

バルトーク:管弦楽のための協奏曲、他/エドワード・ガードナー&ベルゲン・フィル、他【Chandos】[Hybrid SACD]

バルトーク・ベーラ
・管弦楽のための協奏曲 BB 123
・ラプソディ第1番〜ヴァイオリンと管弦楽のための BB 94b
・ラプソディ第2番〜ヴァイオリンと管弦楽のための BB 96b[1944年版]
・舞踊組曲 BB 86a

指揮:エドワード・ガードナー
管弦楽:ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
ヴァイオリン:ジェイムズ・エーネス(ラプソディ第1番・第2番)

録音時期:2016年6月13-14日(管弦楽のための協奏曲)、2017年6月19-21日
録音場所:ノルウェー、ベルゲン、グリーグハールン

http://ml.naxos.jp/album/CHSA5189

Chsa5189

 


 

 

カレヴィ・アホ:サクソフォン協奏曲、他/[ソプラノサックス]アンデシュ・パウルソン、他【BIS】[Hybrid SACD]

カレヴィ・アホ
・サクソフォン協奏曲
・オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンとピアノのための五重奏曲
・ソロⅠ〜ヴァイオリンのための

ソプラノ・サクソフォン:アンデシュ・パウルソン
指揮:ヨーン・ストゥールゴールズ
管弦楽:ラップランド室内管弦楽団
オーボエ:マルック・モイラネン(五重奏曲)
クラリネット:ペッカ・ニスカネン(五重奏曲)
ファゴット:アンタル・モイゼル(五重奏曲)
ホルン:イルッカ・ププッティ(五重奏曲)
ピアノ:ヴァイノ・ヤルカネン(五重奏曲)
ヴァイオリン:ヤーッコ・クーシスト(ソロⅠ)

録音時期:2015年11月、2017年4月(ソロⅠ)
録音場所:フィンランド、ロヴァニエミ、コルンディ・クルットゥーリタロ;ラハティ、カレヴィ・アホ・サーリ(ソロⅠ)

http://ml.naxos.jp/album/BIS-2216

Bis2216

 


 

 

シューマン:ピアノ四重奏曲、ブラームス:ピアノ五重奏曲/[Pf]エフゲニー・スドビン、[Vn]ラチャ・アヴァネシヤン、他【BIS】[Hybrid SACD]

ロベルト・シューマン
・ピアノ四重奏曲 変ホ長調 Op.47
ヨハネス・ブラームス
・ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op.34

ピアノ:エフゲニー・スドビン
ヴァイオリン:ラチャ・アヴァネシヤン
ヴィオラ:ディームート・ポッペン
チェロ:アレクサンダー・チャウシャン
ヴァイオリン:ボリス・ブロフツィン(ブラームス:ピアノ五重奏曲)

録音時期:2016年5月
録音場所:キプロス、ニコシア、ザ・シュー・ファクトリー

http://ml.naxos.jp/album/BIS-2258

Bis2258

 


 

 

ロッシーニ:弦楽のためのソナタ集、他/ミンナ・ペンソラ[Vn]、ニーク・デ・フロート[Cb]、他【BIS】[Hybrid SACD]

ジョアキーノ・ロッシーニ
・弦楽のためのソナタ 第1番 ト長調
フランツ・アントン・ホフマイスター
・独奏四重奏曲 第1番 ニ長調
ジョアキーノ・ロッシーニ
・弦楽のためのソナタ 第2番 イ長調
フランツ・アントン・ホフマイスター
・独奏四重奏曲 第2番 ニ長調
ジョアキーノ・ロッシーニ
・弦楽のためのソナタ 第3番 ハ長調

ヴァイオリン:ミンナ・ペンソラ
第2ヴァイオリン:アンッティ・ティッカネン(ロッシーニ)
ヴィオラ:アンッティ・ティッカネン(ホフマイスター)
チェロ:トゥオマス・レヘト
コントラバス:ニーク・デ・フロート

録音時期:2017年1-2月
録音場所:フィンランド、ピエタルサーリ、シャウマン・サーリ

http://ml.naxos.jp/album/BIS-2317

Bis2317

 


 

 

マーラー:交響曲第1番/アダム・フィッシャー&デュッセルドルフ交響楽団【CAvi-music】

グスタフ・マーラー
・交響曲第1番 ニ長調

指揮:アダム・フィッシャー
管弦楽:デュッセルドルフ交響楽団

録音時期:2017年2月10-12日(ライヴ)
録音場所:デュッセルドルフ、トーンハレ

http://ml.naxos.jp/album/CAvi8553653D

Cavi8553653d

 


 

 

ニールセン:交響曲第3番・第4番/トーマス・ダウスゴー指揮シアトル交響楽団、他【Seattle Symphony Media】

カール・ニールセン
・交響曲第3番 ニ短調『広がりの交響曲』 Op.27, FS.60
・交響曲第4番『滅ぼし得ざるもの(不滅)』 Op.29, FS 76

指揮:トーマス・ダウスゴー
管弦楽:シアトル交響楽団
ソプラノ:エステリ・ゴメス
バリトン:ジョン・テイラー・ウォード

録音時期:2017年6月8-10日(第3番)、2015年11月12・14日(第4番)
録音場所:ワシントン州シアトル、S.マーク・テイパー財団講堂ベナロヤ・ホール

http://ml.naxos.jp/album/SSM1017

Ssm1017

 


 

 

シューマン:交響曲全集/マイケル・ティルソン=トーマス&サンフランシスコ交響楽団【SFS Media】[Hybrid SACD](2枚組)

ロベルト・シューマン
・交響曲第1番 変ロ長調 『春』 Op.38
・交響曲第2番 ハ長調 Op.61
・交響曲第3番 変ホ長調 『ライン』 Op.97
・交響曲第4番 ニ短調 Op.120 [1851年改訂版]

指揮:マイケル・ティルソン=トーマス
管弦楽:サンフランシスコ交響楽団

録音時期:2015年11月13-15日(第3番)、19-22日(第1番)、2016年3月30日-4月2日(第2番)、5月19-22日(第4番)
録音場所:サンフランシスコ戦争記念舞台芸術センター、デイヴィス・シンフォニーホール(ライヴ)

http://ml.naxos.jp/album/82193600712

82193600712