スッペ:序曲・行進曲集/ネーメ・ヤルヴィ&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管(+スッペ:序曲集/スウィトナー&シュターツカペレ・ドレスデン)

NMLの「今週の一枚」でネーメ・ヤルヴィとロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団[http://www.rsno.org.uk/](以下RSNOと略します)のコンビによる新譜が紹介されてましたので、早速聴いてみまし

シューベルト:交響曲全集/ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊、ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン

NMLの「今週の一枚」でNaïveレーベルから先月リリースされたマルク・ミンコフスキとグルノーブル・ルーヴル宮音楽隊[http://www.mdlg.net/]のコンビによるシューベルトの交響曲全集が採り上げられました。

ナクソス・ミュージック・ライブラリーにあるワーグナーのオペラを少し拾ってみた、の巻

世間は何かとロンドン五輪に話題が向かっているようですが、この時期のクラシックの一大イベントといえば、まずはバイロイト音楽祭[http://www.festspiele-bayreuth.de/]でしょう。今年も7月25日

2つのシューマン交響曲全集/コンヴィチュニー&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ダウスゴー&スウェーデン室内管

一昨年の京響定期で広上さんがシューマンの『ライン』を採り上げました(CD化されたこの演奏のこと)が、シューマンのシンフォニーってどうにもベタベタ重ね塗りな印象があって、それまでずっと遠ざけてきてたのですが、いい機会だから

ブラームス全集&ドヴォルザーク全集/スウィトナー&シュターツカペレ・ベルリン

今日のN響アワーはスウィトナーさんの追悼特集でした。メインがブラームスの3番でしたので、せっかくですし手兵のシュターツカペレ・ベルリンとの録音に触れてみたいと思いますが、ドヴォルザークの全集と8枚組のセットになった廉価盤

モーツァルト:『ハフナー』『リンツ』『プラハ』/スウィトナー&シュターツカペレ・ドレスデン

追悼という意味ではもっと相応しい選曲があるのでしょうけど、しとらすが個人的にスウィトナーさんの凄さを再認識させられたという点で、このディスクを採りあげてみました。 ★モーツァルト 交響曲第35・36・38番  /オトマー