スッペ:序曲・行進曲集/ネーメ・ヤルヴィ&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管(+スッペ:序曲集/スウィトナー&シュターツカペレ・ドレスデン)

NMLの「今週の一枚」でネーメ・ヤルヴィとロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団[http://www.rsno.org.uk/](以下RSNOと略します)のコンビによる新譜が紹介されてましたので、早速聴いてみました。RSNOの公式サイトを見て気づいたのですが、ヤルヴィパパはかつてこのオケの首席指揮者を務めていただけではなく、桂冠指揮者の称号も贈られていたんですね。

 

スッペ:序曲・行進曲集/ヤルヴィ&スコティッシュ・ナショナル管【Chandos】[Hybrid SACD]

フランツ・フォン・スッペ
・喜歌劇『軽騎兵』序曲
・喜歌劇『ボッカチオ』序曲
・喜歌劇『ボッカチオ』〜第3幕行進曲
・喜歌劇『スペードの女王』序曲
・「そこの丘から何が来た」によるユモレスク変奏曲
・喜歌劇『詩人と農夫』序曲
・喜歌劇『ファティニッツァ』〜行進曲
・喜歌劇『モデル』序曲
・演奏会用行進曲『丘を上り谷を下って』
・喜歌劇『イサベラ』序曲
・喜歌劇『美しきガラテア』序曲
・喜歌劇『フアニータ』〜行進曲
・喜歌劇『ウィーンの朝・昼・晩』序曲

指揮:ネーメ・ヤルヴィ
管弦楽:ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

録音時期:2012年4月17-18日
録音場所:グラスゴー、ロイヤルコンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/CHSA5110

Chsa5110

 

リリースは通常のCDフォーマットではなくハイブリッドSACDでのようですが、この手の音楽をSACDの音質で聴いたら印象もどうなるんでしょうね?

閑話休題。

勝手知ったるコンビによる演奏とあって、とてもスムーズに流れるような音楽を感じます。『軽騎兵』序曲や『詩人と農夫』序曲といったメジャーな曲だけでなく、録音もあまり無さそうなレアな曲も混じっているのが特徴ですが(というかヤルヴィパパはレパートリー広すぎでしょうwww)、肩の力を抜いてとても楽しく聴けます。洗練されたアンサンブルで優雅かつ華やかな雰囲気を味わさせてくれるRSNOの実力の高さが伺えるのもいいですね。

 


 

このディスクに刺激されてNMLのカタログで検索かけてみたのですが、ありましたねぇ〜よさげなのが(笑)。

 

スッペ:序曲集/スウィトナー&シュターツカペレ・ドレスデン【Berlin Classics】

フランツ・フォン・スッペ
・喜歌劇『美しきガラテア』序曲
・喜歌劇『詩人と農夫』序曲
・喜歌劇『怪盗団』序曲
・喜歌劇『軽騎兵』序曲
・喜歌劇『陽気な若者』序曲
・喜歌劇『スペードの女王』序曲

指揮:オトマール・スウィトナー
管弦楽:シュターツカペレ・ドレスデン

http://ml.naxos.jp/album/0021532BC

0021532bc

 

もう40年以上も前の録音のようですが(マスター録音の状態がどうなのかわかりませんが『詩人と農夫』序曲の途中など音程が少し怪しくなってる個所が一部ありました。元のCDでもこうなのかNMLのリッピングが悪いだけなのか・・・?)、だからこそでしょうか、“いぶし銀”とも形容される独特の木質感と重厚な響きが見て取れますが、そこはオペラハウス叩き上げの指揮者スウィトナーさんがタクトを振るうだけあって、シュターツカペレ・ドレスデン独特のトーンを活かしながら軽妙で洒落た雰囲気も表現されています。『怪盗団』序曲でのラストに向けて怒涛のごとくアッチェラントかけていくさまとかもうノリノリ(笑)といったところですし、鳴らすところは豪快に鳴らしている(しかもギラツキや喧しさが全く無い)ところなどはさすがドイツの伝統オケらしさを感じさせます。

400年以上の歴史を有するシュターツカペレ・ドレスデンがかつて誇った往年のサウンドを、こういったオペレッタの序曲で堪能できるとは思いませんでした。膨大なリストを誇るNMLのカタログ、やっぱりこうして探してみるもんですね。

 



シューベルト:交響曲全集/ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊、ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン

NMLの「今週の一枚」でNaïveレーベルから先月リリースされたマルク・ミンコフスキとグルノーブル・ルーヴル宮音楽隊[http://www.mdlg.net/]のコンビによるシューベルトの交響曲全集が採り上げられました。古楽器オケによるシューベルト・ツィクルスは他にもいろいろ出ているようですが、いい機会なのでこのミンコフスキとルーヴル宮音楽隊の録音を聴いてみることにしました。

 

シューベルト:交響曲全集/ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊【Naïve】

フランツ・シューベルト
・交響曲第3番ニ長調 D.200
・交響曲第1番ニ長調 D.82
・交響曲第2番変ロ長調 D.125
・交響曲第5番変ロ長調 D.485
・交響曲第4番ハ短調 D.417 「悲劇的」
・交響曲第7番ロ短調 D.759 「未完成」
・交響曲第6番ハ長調 D.589
・交響曲第8番ハ長調 D.944 「ザ・グレート」

指揮:マルク・ミンコフスキ
管弦楽:グルノーブル・ルーヴル宮音楽隊

http://ml.naxos.jp/album/V5299

V5299

 

この新譜は2012年3月にウィーンのコンツェルトハウスで行われたシューベルトの交響曲全曲演奏会をライヴ録音したものだそうですが、そのせいか統一感のとれた緻密な素晴らしい演奏だと思います。中でも初期の6曲は古楽器オケの特性が活かされた素朴さと躍動感があって、ハイドンやモーツァルトの延長線上にある音楽というのを強く意識させられます。「未完成」は思ったよりもたっぷりとしたテンポで旋律を奏でていて繊細な表情付けがされてますし、「ザ・グレート」もスケール感のある好演奏だと思います。

 


 

ところで、シューベルトの交響曲全集としては、数ある名盤の中の1つにブロムシュテットとシュターツカペレ・ドレスデンのコンビによる録音が挙げられることには異論がないかと思います。幸いNMLのカタログの中にありましたので、モダンオケでの演奏の代表としてミンコフスキ盤を聴いた後にこちらも聴いてみました。

 

シューベルト:交響曲全集/ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン【Berlin Classics】

フランツ・シューベルト
・交響曲第1番ニ長調 D.82 [1981年5月14-15日録音]
・交響曲第2番変ロ長調 D.125 [1980年10月6,8-10日録音]
・交響曲第3番ニ長調 D.200 [1978年2月20-22日録音]
・交響曲第4番ハ短調 D.417 「悲劇的」 [1980年3月17-19日録音]
・交響曲第5番変ロ長調 D.485 [1980年3月19-21日,4月2日,10月9日録音]
・交響曲第6番ハ長調 D.589 [1979年9月17-19日録音]
・交響曲第7番ロ短調 D.759 「未完成」 [1978年2月23-24日録音]
・交響曲第8番ハ長調 D.944 「ザ・グレート」 [1981年3月23-27日録音]

指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
管弦楽:シュターツカペレ・ドレスデン
録音場所:ドレスデン、ルカ教会

http://ml.naxos.jp/album/0002692CCC

[※↓画像をクリックするとタワーレコードの商品ページにリンクします]
0002692ccc

 

今から30年ほど前の、旧東独のドイツ・シャルプラッテンによる録音なのですが、古楽器オケのピリオド・アプローチによる演奏の後に聴いても古めかしさを全く感じさせないのが驚きです。シュターツカペレ・ドレスデン特有の木質感のある温もりの響きを最大限に活かしながらも、初期6曲では正統的古典派シンフォニーとしての溌剌とした瑞々しさに溢れ、「未完成」と「ザ・グレート」ではモダンオケの重厚なサウンドでロマン派への流れを強く意識した豊潤なスケール感を保ちつつ、特に「ザ・グレート」での躍動感あるリズムは時間の長さを忘れるほどです。

シューベルト・ツィクルスの名盤中の名盤として挙げられるだけあって、古楽器オケによる好演奏を聴いた後でも尚かつ新鮮味を失わないだけの魅力があり、改めてブロムシュテットとシュターツカペレ・ドレスデンによる演奏の素晴らしさを再認識させられました。

 



ナクソス・ミュージック・ライブラリーにあるワーグナーのオペラを少し拾ってみた、の巻

世間は何かとロンドン五輪に話題が向かっているようですが、この時期のクラシックの一大イベントといえば、まずはバイロイト音楽祭[http://www.festspiele-bayreuth.de/]でしょう。今年も7月25日の『さまよえるオランダ人』を皮切りにスタートしていますが、今年の演目は

『さまよえるオランダ人』 クリスティアン・ティーレマン指揮、ジャン・フィリップ・グローガー演出
http://www.festspiele-bayreuth.de/fsdb/besetzung/2012/1/14963/index.html

『トリスタンとイゾルデ』 ペーター・シュナイダー指揮、クリストフ・マルターラー演出
http://www.festspiele-bayreuth.de/fsdb/besetzung/2012/4/14966/index.html

『ローエングリン』 アンドリス・ネルソンス指揮、ハンス・ノイエンフェルス演出
http://www.festspiele-bayreuth.de/fsdb/besetzung/2012/3/14965/index.html

『タンホイザー』 クリスティアン・ティーレマン指揮、セバスティアン・バウムガルテン演出
http://www.festspiele-bayreuth.de/fsdb/besetzung/2012/2/14964/index.html

『パルジファル』 フィリップ・ジョルダン指揮、ステファン・ヘアハイム演出
http://www.festspiele-bayreuth.de/fsdb/besetzung/2012/10/14967/index.html

だそうです。『ニーベルングの指輪』は来年から新プロジェクトで始まるので今年はお休みのようですね。来年はワーグナー生誕200周年&没後130年というメモリアルイヤーにあたるので、それに向けての新制作のようですが、予定していた演出家との交渉が決裂したとかいう残念な話が漏れてきたのをネットで見かけたことがあります。指揮者もバイロイト未経験のキリル・ペトレンコを起用するようですが、指揮者の力量以前にオペラハウスとしては特殊な構造を持つバイロイト祝祭劇場で指揮者を務める困難さは相当なものと聞いてますし、しかも残り1年で指揮者と演出者とコンセプトのすり合わせを行える状況にないのは不安の種ですね。ヴォルフガングが生きているならこういったドタバタは起こらないのでしょうけど、後を継いだ娘姉妹が状況を打破するには荷が重過ぎるようです(経験があればそもそもこういった事態を招くこともなかったでしょうし)。

まぁ詳しい議論は事情通の方々にお任せするとして(苦笑)、バイロイト音楽祭がネットラジオでも中継されるようになった昨今ですが、ここではナクソス・ミュージック・ライブラリに登録されているワーグナーのオペラを列挙していこうと思います。リストをみるとフルトヴェングラーやらクナッパーツブッシュやらカイルベルトやら古いのもゴロゴロあるのですが、今回はモノラル録音はパスの方向で。あと、ステレオ録音の全曲盤なのに見逃しているのもあるかもしれませんので、その節はご容赦を。

ワーナーミュージック・グループが先月よりNMLに参加していることもあって、彼がTeldecに録音しているもののリスト化も待たれるところですが、残念ながら『トリスタンとイゾルデ』や『パルジファル』はハイライトしかないという意地悪な状況という・・・(苦笑)。

目を引くのは中堅レーベルのPentaTone[http://www.pentatonemusic.com/]がマレク・ヤノフスキとベルリン放送交響楽団を起用して、これまで4作品をリリースしていることで、これはどうやら来年のメモリアルイヤーに向けてワーグナーの主要オペラ10作品を演奏会形式でライヴレコーディングするという一大プロジェクトだそうです。まもなく『トリスタンとイゾルデ』もリリースされるようなので、残りはリング4作品と『タンホイザー』ですね。これまでリリースされているものはいずれも高い評価を得ているようなので、プロジェクト完結が大いに待たれるところです。

また、同様の中堅レーベルとしてはOehms[http://www.oehmsclassics.de/]にも注目でしょうか。ここにはハンブルク州立歌劇場のGMDを務めるシモーネ・ヤングが彼女の手兵とともにブルックナー・ツィクルスとブラームス・ツィクルスのライヴ録音を進めていて好評を得ていますが、オペラもリング4作品の他にヒンデミット『画家マティス』プフィッツナー『パレストリーナ』プーランク『カルメル会修道女』がリリースされています。オペラ指揮に定評のある彼女の指揮で、ぜひワーグナーの他の作品も観てみたいところですね(というかリングも映像で出してくれへんかな)。

あとは日本ではあまり馴染みのない『パルジファル』が多数録音されているのはちょっと意外でした。ワーグナー最後の作品というのみならず、『パルジファル』における宗教観がキリスト教圏の欧州とそうでない日本とは捉え方がやはり違うのかな、という気がしました。

 


『ニーベルングの指輪』

★ダニエル・バレンボイム&バイロイト祝祭管
http://ml.naxos.jp/album/825646766666

★クリスティアン・ティーレマン&バイロイト祝祭管【Opus Arte】
ラインの黄金http://ml.naxos.jp/album/OACD9001D
ワルキューレhttp://ml.naxos.jp/album/OACD9002D
ジークフリートhttp://ml.naxos.jp/album/OACD9003D
神々の黄昏http://ml.naxos.jp/album/OACD9004D

Oacd9001d
Oacd9002d
Oacd9003d
Oacd9004d

★シモーネ・ヤング&ハンブルク歌劇場【Oehms】
ラインの黄金http://ml.naxos.jp/album/OC925
ワルキューレhttp://ml.naxos.jp/album/OC926
ジークフリートhttp://ml.naxos.jp/album/OC927
神々の黄昏http://ml.naxos.jp/album/OC928




 


『さまよえるオランダ人』

★アントニ・ヴィト&ワルシャワ国立フィル
http://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD143

★フランツ・コンヴィチュニー&ベルリン国立歌劇場【Berlin Classics】
http://ml.naxos.jp/album/0032922BC

マレク・ヤノフスキ&ベルリン放送響【PentaTone】
http://ml.naxos.jp/album/PTC5186400


 

『タンホイザー』

(※モノラル録音しか見当たらず不掲載)

 


『トリスタンとイゾルデ』

レイフ・セーゲルスタム&王立スウェーデン歌劇場【NAXOS】
http://ml.naxos.jp/album/8.660152-54

866015254

 


『ニュルンベルクのマイスタージンガー』

マレク・ヤノフスキ&ベルリン放送響【PentaTone】
http://ml.naxos.jp/album/PTC5186402

 


『パルジファル』

★グスタフ・クーン&チロル祝祭管
http://ml.naxos.jp/album/WWE3CD60016

★アルミン・ジョルダン&モンテカルロ・フィル 
http://ml.naxos.jp/album/825646875238

★ガボール・エトヴェシュ&フェニーチェ歌劇場
http://ml.naxos.jp/album/CDS497

マレク・ヤノフスキ&ベルリン放送響【PentaTone】
http://ml.naxos.jp/album/PTC5186401

ヘルベルト・ケーゲル&ライプツィヒ放送響【Berlin Classics】
http://ml.naxos.jp/album/0013482BC

0013482bc

ヴァレリー・ゲルギエフ&マリインスキー劇場【Mariinsky】
http://ml.naxos.jp/album/MAR0508

 


『ローエングリン』

★ダニエル・バレンボイム&シュターツカペレ・ベルリン
http://ml.naxos.jp/album/825646789924

マレク・ヤノフスキ&ベルリン放送響【PentaTone】
http://ml.naxos.jp/album/PTC5186403

 



2つのシューマン交響曲全集/コンヴィチュニー&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ダウスゴー&スウェーデン室内管

一昨年の京響定期で広上さんがシューマンの『ライン』を採り上げました(CD化されたこの演奏のこと)が、シューマンのシンフォニーってどうにもベタベタ重ね塗りな印象があって、それまでずっと遠ざけてきてたのですが、いい機会だからとNMLで探して聴き直してみたことがありました。先々週にツイッター上でベーレンライターさん(@Supraphon)がダウスゴーの名前を出された際に私が反応したことがありましたが、それはあの京響定期前にダウスゴー&スウェーデン室内管のシューマンを聴いてとても印象深くて気に入ったからです。ふとあの時のことを思い出しましたので、せっかくですから拙サイトでも少し採り上げてみることにしました。

 

シューマン:交響曲全集・序曲集
 /コンヴィチュニー&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管【Berlin Classics】

ロベルト・シューマン
・交響曲第1番変ロ長調 Op.38「春」
・交響曲第2番ハ長調 Op.61
・交響曲第3番変ホ長調 Op.97「ライン」
・交響曲第4番ニ短調 Op.120 〔※1841年初稿版〕
・序曲、スケルツォとフィナーレ ホ長調 Op.52
・歌劇『ゲノヴェーヴァ』Op.81〜序曲
・コンツェルトシュテュック ヘ長調 Op.86
・劇音楽『マンフレッド』Op.115〜序曲

指揮:フランツ・コンヴィチュニー
管弦楽:ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

0020162bc

http://ml.naxos.jp/album/0020162BC

 

さすが有名曲なだけあってNMLにも多数の録音が登録されていますが(フルトヴェングラーやトスカニーニなんてのもしっかりありますぜw)、その中で選んだのがコンヴィチュニー&ゲヴァントハウス管の演奏でした。ネットでググったら概ね高評価だったのと、コンヴィチュニー時代のゲヴァントハウス管の演奏は聴いたことがなかったので、どうせなら、と選んで聴いてみたのですが、これがメデタクしとらすにとっても大当たり(笑)。純粋に良い意味での“古くて新しい”というフレーズがピッタリくる印象でした。

先に『ライン』だけ聴いて、その後に1曲目から聴き直したのですが、その『ライン』が出だしから堂々としたものでメリハリもしっかりつけてあり、オーケストレーションの厚ぼったさがまるで感じられなかったんですよね。(旧東独のオケらしい)重厚で古風な響きに飾り気のまるで見られない解釈と、それが全く色褪せないまま今でも聴けてしまうのは、コンヴィチュニーと当時のゲヴァントハウス管の両方の実力あってこそなんでしょう。

そういえば当時のゲヴァントハウス管にはボッセさんがコンマスでいたんでしたっけ?そう思うと今聴き直しても改めて感慨深いものがあります。


 

交響曲第1番『春』 、ツヴィッカウ交響曲、他
 /ダウスゴー&スウェーデン室内管【BIS】 [Hybrid SACD]

ロベルト・シューマン
・交響曲第1番変ロ長調 Op.38「春」
・序曲「メッシーナの花嫁」 Op.100
・歌劇『ゲノヴェーヴァ』Op.81〜序曲
・ツヴィッカウ交響曲 ト短調〜第1楽章
・序曲、スケルツォとフィナーレ ホ長調 Op.52

指揮:トーマス・ダウスゴー
管弦楽:スウェーデン室内管弦楽団

Bissacd1569

http://ml.naxos.jp/album/BIS-SACD-1569

 

シューマン:交響曲第2番、第4番(初稿版)、他
 /ダウスゴー&スウェーデン室内管
【BIS】 [Hybrid SACD]

ロベルト・シューマン
・交響曲第2番ハ長調 Op.61
・ゲーテの「ファウスト」からの情景 WoO.3〜序曲
・序曲「ジュリアス・シーザー」 Op.128
・交響曲第4番ニ短調 Op.120 〔※1841年初稿版〕

指揮:トーマス・ダウスゴー
管弦楽:スウェーデン室内管弦楽団

Bissacd1519

http://ml.naxos.jp/album/BIS-SACD-1519

 

交響曲第3番『ライン』、第4番(改訂版)、他
 /ダウスゴー&スウェーデン室内管
【BIS】 [Hybrid SACD]

ロベルト・シューマン
・交響曲第3番変ホ長調 Op.97「ライン」
・劇音楽『マンフレッド』Op.115〜序曲
・序曲「ヘルマンとドロテア」 Op.136
・交響曲第4番ニ短調 Op.120 〔※1851年改訂版〕

指揮:トーマス・ダウスゴー
管弦楽:スウェーデン室内管弦楽団

Bissacd1619icon

http://ml.naxos.jp/album/BIS-SACD-1619

 

先日来日して新日フィルに客演したデンマークの指揮者トーマス・ダウスゴーが、スウェーデン室内管と組んで録音したシューマン・ツィクルスは3枚のSACDとしてリリースされています。BIS[http://www.bis.se/]が手がけてるので録音の良さは言うまでもないことで、4番は1841年の初稿版と1851年の改訂版を両方録音しています。

シューマンのシンフォニーにもピリオド的なアプローチの演奏がポツポツ出てるみたいだし・・・ということで聴いてみたのですが、何と言いますか、オフィスとか倉庫とか一旦中にあるものを全て外に出して不要な物はゴミに出しつつ整理整頓したら見違えるほどスッキリして仕事がスイスイ捗りました、と、敢えて言うならそんな感じ(笑)。小編成オケだからかもしれませんが見えないものまで見えてきてしまうような新鮮な響きに、切れ味の良さと人数を感じさせない力強さを感じる演奏です。おかげでダウスゴーという名前がしっかり私の頭の中に刻み込まれてしまいました(笑)。

先週の新日フィルとの初顔合わせも好評だったようで、どうせなら今度は東京じゃなくて京都に来てくれへんかなぁ〜と羨ましくなったりもw

余談ですけど、ジャケットの写真のチョイスもいいですね。どれもきれいな風景というだけでなく、中身の演奏とのマッチングをも考慮されてるように感じました。

※P.S. ググってダウスゴーのポートレイト拾ってきました↓
Thomas_dausgaard_ulla_by_carin_ekbl