ボサノヴァ」タグアーカイブ

ブラジリアン・ポートレイト/ジェラルド・ガルシア

ブラジリアン・ポートレイト~ブラジルのギター音楽集/ジェラルド・ガルシア(ギター)【NAXOS】

*****************
♪Amazonでどれもお得にショッピング
♪HMVでお買得キャンペーンcheck!
♪CD/DVD 買うならタワーレコード
*****************

《収録曲》

・カーニバルの朝 (ルイス・ボンファ)
・リオの散歩 (ルイス・ボンファ)
・波 (アントニオ・カルロス・ジョビン)
・飛行機のサンバ (アントニオ・カルロス・ジョビン)
・イアイアの夢 (イサイアス・サヴィオ)
・モディナ、ゆっくりと悲しく (イサイアス・サヴィオ)
・アフリカ舞曲 (イサイアス・サヴィオ)
・魔法の夢 (イサイアス・サヴィオ)
・惚れ薬 (イサイアス・サヴィオ)
・5つの前奏曲 (エイトル・ヴィラ=ロボス)
・ショーロ第1番 (エイトル・ヴィラ=ロボス)
・どうすれば魚の様に暮らせるの (エイトル・ヴィラ=ロボス)
・我が街で (エイトル・ヴィラ=ロボス)
・サンバ・レリ (エイトル・ヴィラ=ロボス)
・ブラジル娘 (ローリンド・アルメイダ)
・ブラジルの肖像 (バーデン・パウエル)
・愛されずにいられない (バーデン・パウエル)
・オサナの歌 (バーデン・パウエル)
・シャランガ・ド・ヴォヴ (セルソ・マシャード)

iconiconHMVicon][楽天][Amazon

http://ml.naxos.jp/album/8.550226

NMLトップページの推薦タイトルに紹介されていた(ブラウザをリロードすると内容が変わるのでいつでも誰でも同じというわけではないかもしれません)のが、ブラジル音楽好きのしとらすの目にたまたま留まって、聴き始めたらすっかり気に入ったCD。

スタンダードを中心としたボサノヴァにヴィラ=ロボスの作品などを組み合わせた、アコースティック・ギター1本で奏でるブラジル音楽のアルバムです。ゆったりしたものや仄かに哀愁を漂わせる曲からノリのいいのまで硬軟織り交ぜた選曲になっています。
奏者は元来がクラシック畑の人らしく、カリオカやパウリスタでもなければブラジル人ですらないので、ボサノヴァなどのブラジル音楽をかなり聴き込んでいる筋からはリズムとか若干固かったり重かったりする印象をもたれるかもしれませんが、優しく丁寧に奏でられた魅力的なアコースティック・サウンドに多くの人の心がすんなり引き込まれていくのではないでしょうか?
部屋でのんびりと時間を過ごすのにピッタリな、誰もが気軽にBGMとして聴くことのできる1枚だと思います。

ギタリストのジェラルド・ガルシアは香港出身で1949年生まれの東洋系。独学でギターを学び、オックスフォード大学で化学を専攻した後にジョン・ウィリアムズの助言によりギタリストの道に入ったとのこと。1979年ロンドンのウィグモア・ホールでデビューリサイタルを行なう。発表されたアルバムはすでに15枚以上あるようです。
ジェラルド・ガルシア|Gerald Garcia Homepage http://www.geraldgarcia.com/


HMVジャパン CD DVD 音楽 書籍 ゲーム