京都市交響楽団が2020年度の定期演奏会ラインナップと新体制を発表

サー・サイモン・ラトルが若い頃に首席指揮者として徹底的にアンサンブル能力を鍛え上げて世界的に有名になり、また2018/19シーズンから山田和樹さんが首席客演指揮者に就任したことで日本にとっても身近になった英国のメジャーオケの1つ、バーミンガム市交響楽団は City of Birmingham Symphony Orchestra, 略称CBSO・・・なのですが、そうした欧州での名付けに倣うようにしたのかどうか、我らが京都市交響楽団は2020年4月から英語表記を

“City of Kyoto Symphony Orchestra”


に変えて、下記のような新体制で臨むそうです。

第13代常任指揮者兼芸術顧問:広上淳一
首席客演指揮者:ジョン・アクセルロッド
特別名誉友情コンサートマスター:豊嶋泰嗣
特別客演コンサートマスター:石田泰尚、会田莉凡
特別首席チェロ奏者:山本裕康

(※内容を順次、追加更新します)

京響の公式リリースPDF版はこちらをクリック


◆第644回定期
2020年4月24日(金)19:00
指揮:大友直人
◇ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op.26
〔Vn 荒井里桜〕
◇エルガー:交響曲第2番 変ホ長調 Op.63

◆◆第645回定期◆◆
2020年5月16日(土)14:30
2020年5月17日(日)14:30
指揮:クリスティアン・アルミンク
◇モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527〜序曲
◇モーツァルト:ピアノ協奏曲第10番(2台のピアノのための協奏曲) 変ホ長調 K.365(316a)
〔Pf フェルハン・エンダー&フェルザン・エンダー〕
◇チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 Op.64

◆第646回定期
2020年6月26日(金)19:00
指揮:広上淳一
◇ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 WAB 108[ハース版]

◆◆第647回定期◆◆
2020年7月25日(土)14:30
2020年7月26日(日)14:30
指揮:パスカル・ロフェ
◇ラヴェル:スペイン狂詩曲
◇ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調
〔Pf ロジェ・ムラロ〕
◇デュティユー:メタボール
◇ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲

◆第648回定期
2020年8月29日(土)14:30
指揮:阪 哲朗
◇廣瀬量平:祝典序曲
◇モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調 K.425『リンツ』
◇リヒャルト・シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』Op.28
◇リヒャルト・シュトラウス:歌劇『ばらの騎士』 Op.59〜 ※選曲

◆◆第649回定期◆◆
2020年9月12日(土)14:30
2020年9月13日(日)14:30
指揮:ジョン・アクセルロッド
◇マーラー:交響曲第2番 ハ短調
〔S テオドラ・ゲオルギュー、 Ms ウォリス・ジュンタ、 cho 京響コーラス〕

◆第650回定期
2020年10月9日(金)19:00
指揮:ゲルゲイ・マダラシュ沼尻竜典
◇リスト:ハンガリー狂詩曲第2番 ニ短調 S.359/2
◇コダーイ:ガランタ舞曲
◇モーツァルト:オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットと管弦楽のための協奏交響曲 変ホ長調 K.297b
◇ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調『英雄』 Op.55

◆◆第651回定期◆◆
2020年11月28日(土)14:30
2020年11月29日(日)14:30
指揮:サッシャ・ゲッツェル
◇グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
〔Pf アレクセイ・ヴォロディン〕
◇リヒャルト・シュトラウス:アルプス交響曲 Op.64

◆◆第652回定期◆◆
2021年1月23日(土)14:30
2021年1月24日(日)14:30
指揮:アレクサンドル・スラドコフスキー
◇チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』
◇チャイコフスキー:祝典序曲『1812年』 変ホ長調 Op.49
◇ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 Op.47

◆第653回定期
2021年2月19日(金)19:00
指揮:小泉和裕
◇ワーグナー:歌劇『リエンツィ』〜序曲
◇グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op.82
〔Vn クララ=ジュミ・カン〕
◇ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68

◆◆第654回定期◆◆
2021年3月27日(土)14:30
2021年3月28日(日)14:30
指揮:広上淳一
◇エルガー:ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 Op.61
〔Vn ダニエル・ホープ〕
◇ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ短調 Op.70, B.141

◆◆第九コンサート◆◆
2020年12月27日(土)18:00
2020年12月28日(日)14:30
指揮:広上淳一
◇シベリウス:組曲『恋人』 Op.14
◇ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125
〔S 砂川涼子、Ms 谷口睦美、T ジョン・健・ヌッツォ、Br 甲斐栄次郎、cho 京響コーラス〕

◆ニューイヤー・コンサート
2021年1月10日(日)14:30
指揮:井上道義
◇伊福部昭:管絃楽のための『日本組曲』〜第4曲「佞武多(ねぶた)」
◇伊福部昭:二十絃箏協奏曲『二十絃箏とオーケストラのための交響的エグログ』
〔箏 LEO(今野玲央)〕
◇池辺晋一郎:井上道義委嘱作品[※世界初演]
◇武満徹:3つの映画音楽〜第3曲 – 映画『他人の顔』よりワルツ
◇ドリーブ:バレエ『コッペリア』〜ワルツ
◇ハチャトゥリアン:組曲『仮面舞踏会』〜第1曲「ワルツ」
◇チャイコフスキー:バレエ『眠れる森の美女』 Op.66〜村人の大ワルツ

[※以上、場所はすべて 京都コンサートホール・大ホール です]

※※追記:COVID-19感染拡大防止のため、第644回・第645回・第646回定期は開催中止、第647回・第648回・第649回は内容を変更して部分的開催。第650回は指揮者を変更しプログラム前半の曲目を差替。



京都市交響楽団 第557回定期演奏会(指揮:ジョセフ・ウォルフ)

親の七光りでどうこう判断されたくはないからなのか、若い時のカルロス・クライバー同様に芸名を名乗っているジョセフ・ウォルフさんですけど、プレトークでイギリス英語とコックニーの発音の違いを披露してみたり、(彼が幼い頃に父のサー・コリンから子供用の小さなヴァイオリン・・・日本製と言ってた気もしたけど私の記憶があやふやですみません・・・を買ってもらったことがあったとかで)今回の来日で自分の子供のためにミニチュア?のチェロを買おうと探してみたけど高くて手が出せなかったと仰ったり、気さくで庶民派的な人だなと思ったのが第一印象でした。というか、超円高でマジゴメンナサイ(苦笑)。

 

京都市交響楽団 第557回定期演奏会
2012年5月18日(金)19時開演@京都コンサートホール

◆E.エルガー 序曲『コケイン(首都ロンドンにて)』 Op.40
◆M.ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 Op.26
 (ヴァイオリン・ソロ・アンコール)
 ◇作曲者不詳 ノルウェーのお伽話から Veslefrikk(ヴェスレフリック)
(休憩)
◆F.メンデルスゾーン 交響曲第3番イ短調『スコットランド』 Op.56

指揮:ジョセフ・ウォルフ
ヴァイオリン:ヴィルデ・フラング
コンサートマスター:渡邊穣

 

わざわざプレトークでコックニーの発音を披露したのも1曲目が「コケイン」だったからなんですが、終わってから振り返ると、もう少し時間があればもっと細かいところまで詰めた演奏ができたんじゃないか、という気がしました。定期でしばらく英国モノをやってないからなのか音色とかちょっと・・・という感じ。それでも楽しく聴かせてもらった好演ではありましたけど。

2曲目、ソリストはヴィルデ・フラング[http://s349821628.online.de/]さん、20代半ばのノルウェー美人。北欧の人って女性でも背が高いんでしょうかね?指揮者より上背ありましたし。演奏の方はというと音色も表現もややドライというかストレート一本で攻めてるように感じました。アンコールが技術やら持ち味やらバッチリはまってるように思えただけに、ロマン派よりは現代モノで聴いてみたかったです。

メインはメンデルスゾーンのスコティッシュ。ちゃんと時間測っておけばよかったかな〜と後で思いましたが(でも第1楽章でリピートやってたし単純比較できないか?)、アレグロをより速くといった感じで全体的にやや早めのテンポ。それでいて響きが濁らずにすっきりと美しい音色で、幻想的であったり抒情的であったり細部のディテールの表現もバランス取りもやることしっかりやってる感じで、終楽章がさらにアクセル踏んだみたいな快速具合がまたなんとも(笑)。それでもキッチリ音楽を表現できていて速さが気にならなかったのだからナカナカのものという印象でした。後半でこれを聴いたから前半の「コケイン」も詰める時間がもう少し取れれば・・・と思った次第。

指揮姿は観客席から見ていてもやりたいことが伝わってくるような気がするほど、終始細かく表情豊かに動いていて熱血といった印象でした(3曲とも譜面台に総譜を置いていたのですが途中でページをまとめて捲ることもしばしば)。サー・コリンの演奏は私は録音でしか知らないのですが、彼もライヴ録音では時々熱いところを見せてますよね?そうしたところはやっぱり親子なんでしょうか?今回の客演が初顔合わせでしたけど、回数を重ねれば色々な引き出しを見せてくれそうにも感じました。

ところで、指揮者もソリストも来京されたのはいつなんでしょうかね。一昨日の葵祭の路頭の儀、見る機会はあったのでしょうか?雨で順延なんてそうそうないことですし(15年ぶりでしたっけ?私が京都に住むようになってからは初めて)、京響の練習場って賀茂川のすぐ近くにありますからねぇ・・・って私が気にすることでもないですけど。

 



ベルリンでの初演から77年後、東日本大震災から15日後の『画家マティス』@京響544回定期(指揮:広上淳一)

京都市交響楽団 第544回定期演奏会
2011年3月26日(土)14時30分開演@京都コンサートホール

◆D.ショスタコーヴィチ バレエ組曲第1番
◆M.ブルッフ スコットランド幻想曲 op.46
 (ヴァイオリン・ソロ・アンコール)
 ◇N.パガニーニ ヴェニスの謝肉祭−「いとしいお母さん」による変奏曲、より
(休憩)
◆P.ヒンデミット 交響曲『画家マティス』

指揮:広上淳一
ヴァイオリン:シン・ヒョンス

 

まずは原発事故のせいで海外アーティストの来日キャンセルが相次ぐ中、予定通りに来演してくださったソリストのシン・ヒョンスさんにお礼申し上げたいと思います。事故現場と京都がかなり離れてるとはいえ、年頃の女性なら放射能に慎重にならざるを得ない状況ですし、それでも予定通り来てくれたのはありがたいことです。

大震災から早2週間が過ぎている今日ですが、実は演奏会前から散々なことがありまして(苦笑)、出かけて電車に乗ってからチケットを忘れたことに気づいて慌てて戻り、タクシー使ったりでどうにかギリギリ間に合いましたが、到着までに駅で発車に間に合わず電車が目の前を通り過ぎること3度、タクシー代で余計に散財したしでここまでツイてないのも滅多にないです・・・orz

プレトークを逃しはしましたが、1曲目に広上さん向きのショスタコーヴィチのバレエ組曲、さすが期待通りにノリノリ(笑)な演奏。2曲目のブルッフもソリストが過度な情緒に流れることなく、美しい音色で落ち着いた好演奏でした。

そして後半、メインの『画家マティス』。第二次大戦以来の日本の危機的状況にこの曲を聴くことになるとは、いったい何という巡りあわせなんでしょう・・・。あのヒンデミット事件の契機となった曲ですが、私は高校の時に読んだ岩波新書『フルトヴェングラー』で知りまして、以来ヒンデミット事件と『画家マティス』って自分の中では全てイコールで結びつけていました。

ですが、自らも作曲家で後期ロマン派的な芸風のフルトヴェングラーと違って、同じドイツでもヒンデミットは新即物主義の系統ですし、『画家マティス』も本来はナチス絡みの事件によるベットリした感傷とは別個の、新即物主義の土台上にある曲・・・そういうものだということを今日の演奏で強烈に意識させられました。後半に入っていくつもギアを上げたように壮絶な凄みを感じた広上&京響コンビでしたが、音楽の表現として抑えるツボはきっちり抑えた、とてもレベルの高い演奏だったように思います。

演奏後に卒団の方の紹介と花束贈呈があり、その後に広上さんが震災について初めて話されました(私は間に合わなかったので知りませんでしたがプレトークでは一切触れなかったそうですね)。
「京都が、京阪神のみなさんが、元気でいていただく、健康で文化的で居ていただく、そのことがなによりの支援ではないかと、私は思います。」
といったような挨拶をされたあと、前向きな気持ちで聴いてほしいみたいなことを仰ってからバッハのアリアを演奏されました。

広上さんは東京住まいので当然地震の被害に遭っているでしょうし、仙台フィルに客演されたこともありますから東北の事も気がかりだろうと思います。思えば私が仙台に住んでいる頃に知人に「新進気鋭な一押しの指揮者が来るから」と勧められて聴いた定期が、広上さんの仙台フィル初登場の時だった気がします。彼がノールショピング響のポスト持ってた頃と思いますが、私の残念な記憶力では当時のプログラムさえ忘れてしまって・・・どうしようもないですよね(苦笑)。それでも広上淳一という指揮者の存在だけは強烈に頭の中に残ったままだったのですが、そんな昔のことを思い出しながら、広上さんの挨拶と京響弦セクションによるバッハのアリアの演奏を聞いていました。

レセプションは中止。帰りのロビーと通路には広上さんと団員さん、事務局の方々が募金箱を手に支援を呼びかけていらっしゃいました。1934年の初演は残念ながらドイツ音楽界を一層黒く染めるトリガーとなってしまいましたが、今日の演奏はその真逆で少しでも明るい方向に針を進める小さな兆しの1つになればと心から祈ってます。

 

予習にとNMLで聴いたフランツ=ポール・デッカー指揮ニュージーランド響のヒンデミット集
[→http://ml.naxos.jp/album/8.553078]
キウィ侮るなかれ、なかなかの好演奏でした。
512ahrt3ul_ss500_