ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲全集、ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、シャルパンティエ:歌劇『オルフェウスの冥府下り』、…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。   ★ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲 第3番・第4番/テンペスト三重奏団【NAXOS】 アントニン・ドヴォルザーク ・ピアノ

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲集、ジェズアルド:マドリガーレ集、ヘンデル:オラトリオ『スザンナ』…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。   ★モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲集/イザベル・ファウスト、ジョヴァンニ・アントニーニ&イル・ジャルディーノ・アルモニコ

クレーナウ:交響曲第9番、ラフマニノフ:徹夜祷、シャルパンティエ:テ・デウム、アントワーヌ・ド・ロワイエ:ギター三重奏と四重奏曲全集…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。   ★クレーナウ:交響曲第9番/ミハエル・シェンヴァント&デンマーク国立響、他【Dacapo】(2CD) パウル・アウグスト

メイソン・ベイツ:管弦楽作品集、アイアランド:弦楽オーケストラのための音楽、ヴィクター・ハーバート:チェロ協奏曲集、他

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。   ★マーラー:交響曲第1番/ヤニック・ネゼ=セガン指揮バイエルン放送響【BR KLASSIK】 グスタフ・マーラー ・交響

ル・プランス:ミサ曲『汚れは御身のうちにあらず』/エルヴェ・ニケ&ル・コンセール・スピリチュエル

本日紹介も3枚目やなぁ・・・1日でこんなに採り上げたのって、そうそうなかったよね?・・・とかチラチラ考えつつ、さぁ〜調べ物を・・・と思って“ルイ・ル・プランス”でググったら、19世紀末に失踪した発明家で後世から「映画の父

シャルパンティエ:8声のミサ曲、テ・デウム/エルヴェ・ニケ&ル・コンセール・スピリチュエル

師走に入りクリスマスが近づくと、ゲンキンなものでクリスチャンでもないのに宗教音楽に触れたくなるのが私の毎年恒例の習慣で(笑・・・その代わり多くのクラシックファンのように第九を聴こうなどとはつゆとも思わないのですがwww)

シャルパンティエ:聖週間のためのルソン/アレクシス・コッセンコ&アルテ・デイ・スオナトーリ

え? おまいさん、今日は北山でリヒャルト・シュトラウスとモーツァルトを聴いてきたんじゃなかったの? ・・・って言われそうですが・・・というか、実際に京響の素晴らしい演奏を堪能してきたばかりですけどね、濃ゆいの聴いてきた後

シャルパンティエ:ノエルとクリスマス・モテット集1&2/ケヴィン・マロン&アラディア・アンサンブル

前回同様クリスマスをクリスマスらしく(雰囲気を大切に)過ごすための音楽を、ということで響きと旋律の素朴な美しさや親しみやすさからシャルパンティエを推してみようと思いますが、価格の面からも流通の面からも入手しやすいものとし

シャルパンティエ『真夜中のミサ曲』『テ・デウム』/ケヴィン・マロン&アラディア・アンサンブル

クリスマスをクリスマスらしく(雰囲気を大切に)過ごすための音楽を、ということで響きと旋律の素朴な美しさや親しみやすさからシャルパンティエを推してみようと思いますが、価格の面からも流通の面からも入手しやすいものとしてナクソ

サン・ルイ教会の晩課〜シャルパンティエ宗教音楽作品集/オリヴィエ・シュネーベリ&レ・パージュ・エ・レ・シャントル

私がマルク=アントワーヌ・シャルパンティエというフランスのバロック音楽作曲家とAlphaというフランスのレーベル両方の名を強く印象づけられるようになったCDです。 プレリュードのオルガン・ソロ、そして“Deus in a