京都市交響楽団 第611回定期演奏会(指揮:アレクサンダー・リープライヒ)

2017年度の最初の定期がいよいよ・・・なのですが、コンマスはここ最近と同様のパターン、1プルトのコンマス席には名フィル客演コンサートマスターの植村太郎さんで隣が尾崎さん。裏事情は存じませんが、やはり正規のコンマスの御二方が揃わないのは淋しいし、それだけでなく京響らしくなくて好ましくないように思います。ちなみに今晩はチェロ首席に上村さんが入ってました。

 

京都市交響楽団 第611回定期演奏会
2017年4月21日(金)19時開演@京都コンサートホール

◆F.メンデルスゾーン 序曲『フィンガルの洞窟』Op.26
◆F.ショパン ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op.21
 (ピアノ・ソロ・アンコール)
 ◇F.メンデルスゾーン 無言歌集 第3巻 Op.38〜第6曲 変イ長調『デュエット』
(休憩)
◆W.ルトスワフスキ 管弦楽のための協奏曲

指揮:アレクサンダー・リープライヒ
ピアノ:北村朋幹
コンサートマスター:植村太郎

 

ショパンのPコンなんてぶっちゃけオーケストレーションに疎い出来損ないが書いた曲に過ぎないし、ソリストの男の子くんも特に何か光るようなものを持ってるようでもなく平均的なショパン弾き程度にしか感じなかったので、前半は元々期待してなかったけど結局その予想を裏切らない演奏に(苦笑)。

ともあれ、私にとってははじめからお目当てはルトスワフスキのオケコンだったわけですが、これが期待以上の大当たり!ワルシャワ・フィルによって初演されたこの曲、私は予習がてらにアントニ・ヴィト&ワルシャワ・フィルの録音を聴いてて、そして聴きながら、京響も(オケの力量はワルシャワ・フィルの方が上だしアントニ・ヴィトもトップクラスの巨匠でリープライヒよりも格上だけど)これくらいハイレベルな演奏をしてくれたらいいけどなぁ〜なんて思ってたわけですが、ホンマに文句なしのスバラな演奏が聴けるなんて、こいつぁハナから縁起がイイネェwwwでした。

リープライヒさんにとっても手兵のポーランド国立放送響と録音をリリースしているくらいなので十八番の曲なのか、それともプレトークで今でもアバンギャルドと評したのを意識してか、後半はわざわざジャケットの下を動きやすいシャツに着替えての指揮はとてもシャープかつ細部まで明瞭で、前半かったるかったのが嘘みたくガラッと正反対の、まさに手に汗握る熱演でした。ヴィルトゥオーソが要求される曲に対する京響の適応能力も流石といったところで、広いダイナミックレンジや快速・変速テンポにもよく対応できてゴージャスな雰囲気を醸し出してましたし、ソロの受け渡しとか随所に散りばめられたギミックが視覚で楽しめたのは生演奏ならではで皆さんパーフェクトでした。

そもそも、オケコンこと“管弦楽のための協奏曲”というジャンル?というか形態の曲、創始はパウル・ヒンデミットですが、実質的に嚆矢となったのはバルトーク最晩年の最高傑作である Sz.116 のそれで、作曲する側も演奏するオーケストラ側もそれぞれに、ソロ・グループやセクションのアンサンブル・全体のスペック、その各々をどれだけ引き出して魅力的に聴衆に見せるか、作曲者の管弦楽的技巧と力量、指揮者とオーケストラのレベルの高さ、双方が問われるわけですが、今晩のリープライヒ&京響によるルトスワフスキのオケコンの演奏は、そうしたものをたっぷりと堪能できる素晴らしい演奏で、素敵な幸福感に満ちたひとときを過ごせた印象でした。

そして、やっぱり京響は前回のマラ8や今回のルトスワフスキのオケコンのような、管楽器&パーカッション大勢の大編成でヴィルトゥオーソが試される20世紀モノ〜現代音楽をやるのが真価を発揮できて、聴いていても楽しいです。昨年末の60周年記念の特別演奏会でやったシュトックハウゼンの『グルッペン』やジョン・ケージの「5つのオーケストラのための30の小品」もとても楽しませてもらいましたし。いま募集中な第2Vnの首席が埋まってコンマス2人戻る体制になったら、プログラムは攻めの志向でどんどん挑戦してほしいですね。

 

 


ハイドン:ピアノ・ソナタ第34番、ヒンデミット:ピアノ・ソナタ第3番、他/シューラ・チェルカスキー(ピアノ)

ふとしたことでというか大袈裟に言うと風の便りというか、チェルカスキーの名前を思い出して、たしかNimbusレーベルに録音してたはずだからNMLで聴けるだろうと思って検索かけたら、Wigmore Hall Live[http://www.wigmore-hall.org.uk/live]レーベルに彼のライヴ録音があったので昔を思い出しながら聴いてみた次第です。

シューラ・チェルカスキー、1909年生まれで1995年に亡くなられた、ウクライナ出身のユダヤ系ピアニスト。晩年は毎年のように来日公演が催され、私も仙台にまだ住んでた頃の1993年に弘前までレンタカー借りてリサイタルに行ったものでした。公演後に楽屋までサインもらいに行って、その貴重なパンフレットが数度の引越しの荷物に紛れてどこにあるのかわからないので(アホ)、グーグルさんで探しながら記憶を辿りました。その年は単独リサイタルが東京と大阪以外では弘前しかなくて、王子ホールのはチケットが取れず、サントリーホールはピアノソロだと音響的にキツイだろうと思って避けて、消去法で弘前まで行ったんでしたっけ。観光もしないで夜は車の中で仮眠を取りながらトンボ帰りという無茶なことをしましたけど(苦笑)。

当時のかすかな記憶と『Tokyo Classic』というサイトにあったデータから、私が聴いたプログラムはAプロで下記の通り(アンコールはショパンだったっけ・・・憶えてない、演奏は素晴らしかったのですが)。

 ・ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第13番 変ホ長調作品27の1
 ・シューマン: クライスレリアーナ 作品16
 ・ショパン: ポロネーズ 嬰ヘ短調 作品44
 ・ラフマニノフ: 舟歌 ト短調 作品10の3
 ・ラフマニノフ: 前奏曲 嬰ト短調 作品32の12
 ・ラフマニノフ: V.R.のポルカ
 ・ワーグナー~リスト: 「タンホイザー」序曲によるパラフレーズ

あの時は確か前半はエンジンのかかりが遅かったようでポロネーズあたりから少しずつ調子が出てきた印象でした。そして圧巻はラストの『タンホイザー』序曲、リストがピアノ版に編曲したものですが、この曲を聴いてるうちに目の前にセピア調のサイレント映画のような光景がパァーッと広がったような、なんとも不思議な感覚に囚われた強烈なイメージが浮かび上がってきたんです。タイムスリップと一言で片付けるのが安直すぎて勿体ないほどで・・・19世紀的ロマン派ピアニストの真髄というか生き証人ということなんでしょうかね?これまで大いに心を揺さぶられる感動的な生演奏には音楽のジャンルを問わず何度となく体験させてもらってますけど、あの感覚を得られたのは私のアラフォーな人生の中で後にも先にもチェルカスキーのリサイタルの後半ラストからアンコールにかけてだけです。

 

ウィグモア・ホール・ライヴ、ピアノ曲集/シューラ・チェルカスキー(ピアノ)【Wigmore Hall Live】

ジャン=フィリップ・ラモー
・新しいクラブサン曲集:組曲 イ短調〜ガヴォットと変奏
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン
・ピアノ・ソナタ第34番ホ短調Hob.XVI:34(※旧53番)
パウル・ヒンデミット
・ピアノ・ソナタ第3番 変ロ調
フレデリック・ショパン
・バラード第3番変イ長調 Op.47
・夜想曲 第14番嬰ヘ短調 Op.48-2
・マズルカ第38番嬰ヘ短調 Op.59-3
・マズルカ第42番ト長調 Op.67-1
・マズルカ第43番ト短調 Op.67-2
レノックス・バークリー
・6つの前奏曲 Op.23〜第5番、第6番
・ポルカ Op.5/1a
フランツ・リスト
・ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調 S.244-1
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
・『四季』-12の性格的描写〜10月「秋の歌」

ピアノ:シューラ・チェルカスキー

録音時期:1993年10月29日(ライヴ、BBCによる録音)
録音場所:ロンドン、ウィグモア・ホール

http://ml.naxos.jp/album/whlive0014

[※↓画像をクリックするとタワーレコードの商品ページにリンクします]
51p73r8yn1l

 

・・・えぇ〜、何と言いますか、こうして収録されたプログラムを見ていると、古くはラモーからハイドン、新しいところではヒンデミットからバークリーと200年以上をまたいでの幅広い選曲で、チェルカスキーが亡くなるまで新たなレパートリーの探求をやめなかったというエピソードの裏付けを見る思いです(つーか化物じゃないの?この爺ちゃんwww)。

生演奏でなくこうして録音化されたものをスピーカー越しに聴くと此方も聴衆としての共空間・共時間を経ていない冷静さがあるので、年齢からくる衰えを少し感じてしまうのも事実ですが(この録音は私が弘前で聴いたリサイタルから9ヶ月近く後なんですよね)、それでもやはり彼が偉大な資質を持った即興演奏派のエンターテイナー・タイプなピアニストだったということを改めて認識させられましたし、音楽ってこんなに楽しくて美しくて、そして自由なものなんだという素晴らしい奇跡のような存在であること、それを聴き手にわかりやすく提示してくれた、かけがえのない記録であることもまた真実という演奏だと思います。

20年前の冬、レンタカーで東北自動車道を走りながら弘前まで行くという若さ故の無茶(今はとてもそんな事できません・苦笑)をしてまでチェルカスキーのリサイタルを聴いておいて本当に良かったと心から思いながら、このライヴ録音をしみじみ聴いてたしとらすさんでしたとさ(笑)。

 



ショパン:ピアノ作品集/ヴラド・ペルルミュテール(ピアノ)

本日付けでNMLに登録された、Nimbusレーベルによるペルルミュテールの6枚組BOXのショパン集。元々はそれぞれ分配されてたのを後にセットとして再発されたものですが、こうしてNMLにも別途登録されたことですし、採り上げてみることにしました。

 

フレデリック・ショパン:ピアノ作品集/ヴラド・ペルルミュテール (6CD)【Nimbus】

CD1
・夜想曲第3番 ロ長調 Op.9-3
・夜想曲第4番 ヘ長調 Op.15-1
・夜想曲第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
・夜想曲第6番 ト短調 Op.15-3
・夜想曲第7番 嬰ハ短調 Op.27-1
・夜想曲第8番 変ニ長調 Op.27-2
・夜想曲第13番 ハ短調 Op.48-1
・夜想曲第14番 嬰ヘ短調 Op.48-2
・夜想曲第16番 変ホ長調 Op.55-2
・夜想曲第17番 ロ長調 Op.62-1

CD2
・ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.35
・ピアノソナタ第3番 ロ短調 Op.58
・舟歌 嬰ヘ長調 Op.60

CD3
・24の前奏曲 Op.28
・前奏曲 嬰ハ短調 Op.45
・幻想曲 ヘ短調 Op.49
・子守歌 変ニ長調 Op.57

CD4
・12の練習曲 Op.10
・12の練習曲 Op.25
・3つの新練習曲 『モシェレスのメトードのための』

CD5
・バラード第1番 ト短調 Op.23
・バラード第2番 ヘ長調 Op.38
・バラード第3番 変イ長調 Op.47
・バラード第4番 ヘ短調 Op.52
・ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調 Op.44
・幻想ポロネーズ Op.61

CD6
・スケルツォ第3番 嬰ハ短調 Op.39
・マズルカ第36番 イ短調 Op.59-1
・マズルカ第37番 変イ長調 Op.59-2
・マズルカ第38番 嬰ヘ短調 Op.59-3
・マズルカ第39番 ロ長調 Op.63-1
・マズルカ第40番 ヘ短調 Op.63-2
・マズルカ第41番 嬰ハ短調 Op.63-3
・マズルカ第15番 ハ長調 Op.24-2
・マズルカ第25番 ロ短調 Op.33-4
・マズルカ第27番 ホ短調 Op.41-1
・マズルカ第29番 変イ長調 Op.41-3
・マズルカ第34番 ハ長調 Op.56-2
・マズルカ第35番 ハ短調 Op.56-3
・マズルカ第49番 ヘ短調 Op.68-4
・マズルカ第13番 イ短調 Op.17-4
・マズルカ第21番 嬰ハ短調 Op.30-4
・マズルカ第32番 嬰ハ短調 Op.50-3
・タランテラ 変イ長調 Op. 43

ピアノ:ヴラド・ペルルミュテール

http://ml.naxos.jp/album/NI1764

Ni1764

 

上記のうち2つのソナタとバルカロールの素晴らしい演奏に関しては以前にこのサイトでも書かせてもらいましたが、しとらす的にはペルルミュテールはラヴェル弾きという以上にショパン弾きだったのではないかと思います。彼の演奏で具現化される構築感に優れた様式美は2つのソナタと作品28の前奏曲集に、そして(コルトーら過去の巨匠が持っていた前時代的な)ロマンティシズムと幻想的な美しさとが絶妙なバランスでスコアに内在する深みを表現しているのがバルカロールや幻想ポロネーズに表れているのではないでしょうか。

サロン的な甘美さを適度に漂わせた夜想曲、ある種の女性的な旋律の中にも鋼のような凄みや力強さを随所にさり気なく感じさせてくれるバラードや5番ポロネーズ・・・などなど、ペルルミュテールの奏でるショパンには彼ならではの素晴らしさがあります。変なクセやアクの強さが見られず安心してショパンの音楽に身を委ねながら聴けるのも利点ですね。

ショパン好きにはもちろん、これからショパンを聴いてみようという人にも、ぜひ聴いてもらいたい録音です。特にペルルミュテールのバルカロール(作品60の舟歌)はこれ以上のものは存在し得ないだろうというベストな演奏だと思います。

 



ショパン:ピアノ・ソナタ第2番・第3番、舟歌/ヴラド・ペルルミュテール(ピアノ)

1904年5月26日生まれのヴラド・ペルルミュテール、私が最も敬愛するピアニストの1人である彼の、108回目の誕生日にあたります。最晩年に英Nimbusレーベルに多数の録音を残したペルルミュテールのディスクから、とりわけ気に入っているものを挙げてみたいと思います。

 

ショパン:ピアノ・ソナタ第2番・第3番、舟歌/ヴラド・ペルルミュテール【Nimbus】

フレデリック・ショパン
・ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.35
・ピアノソナタ第3番 ロ短調 Op.58
・舟歌 嬰ヘ長調 Op.60

ピアノ:ヴラド・ペルルミュテール

Ni5038

http://ml.naxos.jp/album/NI5038

 

構築美を保ちながらもロマンティックで味わい深い3番のソナタも素晴らしい演奏なのですが、何と言ってもバルカロールが大変に素晴らしい!私がこれまで録音なり生演奏なりで接したショパンの演奏の中で、これ以上のものは無いし今後出会うことも無いだろうと言い切ってしまっても良いほどです。

かつてアドリア海の女王と称される栄華を誇った水の都ヴェネツィア、彼の地の運河で静かにたゆたうゴンドラの映像がセピア色でパァ~っと目の前に浮かぶような、そんな演奏です。古いスタイルの演奏だと言うなら言わせておこう、しかしこの演奏のように、濃厚なロマンテッィク漂う雰囲気をスコアの構造を崩すことなく海の波間のような弾き方で表現できることは、名手であっても困難でしょう。

一般にはラヴェルの解釈で評価されるペルルミュテールですが、私は彼のショパンがラヴェルよりもずっと好きです(というか大人になってフランス国籍を取得したとはいえペルルミュテールは元々ポーランド系ユダヤ人だそうなので)。そしてその中でも、バルカロールは特別の存在です。作品60番前後以降のショパンは作曲家として一際高い境地に上っていると感じることがありますが、ペルルミュテールのバルカロールはそのことを最も証明してくれる演奏だと思います。