シェーンベルク:グレの歌、オルランド・ディ・ラッソ:ソロモンの雅歌、ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。   ★シェーンベルク:コル・ニドレ、ショスタコーヴィチ:ミケランジェロの詩による組曲/ムーティ&シカゴ響、他【CSO Res

リヒャルト・シュトラウス『英雄の生涯』・・・2枚のライヴ録音盤/ケンペ&シュターツカペレ・ドレスデン、ハイティンク&シカゴ響

明後日に迫った京響定期、後半メインはリヒャルト・シュトラウスの交響詩『英雄の生涯』です。これはもう今更というか、7年前の4月に京響と大フィルがどっちも定期のメインで採り上げて1ヶ月で2度も生演奏を聴くことになったという、

オーケストラ自主レーベルで聴くハイティンク・その2:ブルックナーとマーラー

前回ではロンドン響とのベートーヴェンとブラームスを採り上げましたが、独墺モノならブルックナーとマーラーも外すわけにはいきません。たいていはブルックナー指揮者とマーラー指揮者は並び立たずというところがありますが、両方をキチ

京都市交響楽団 第554回定期演奏会(指揮:井上道義)・・・生涯最初で最後なストラヴィンスキー尽くし?!

ホール内に入った時に何本もマイクが立ってるのを見て「?」と思ったらFM用でした。1ヶ月後の3月18日、19時20分〜21時にNHK-FMの番組で放送されるそうです。いくら珍しいプログラムだからって、さすがにCD用じゃなか

今年のグラミー賞にムーティ&シカゴ響のヴェルレク

・・・あれ?TVで言ってたのと違う? というあなたは日本のマスゴミに毒されすぎです(苦笑)。 ピンときた方も多いでしょうけど、グラミー賞はいろんなジャンルの音楽を対象に細かく部門分けしてますので、クラシック音楽を対象にし