ショルティとカラヤンと小澤征爾と・・・『ツァラトゥストラはかく語りき』を聴きながら

今度の4月の京響定期は600回というキリ番になってて、広上さんはメインにリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』を据えましたが、前に大友さんが500回定期を指揮した時はアルペンシンフォニーだったん

グラズノフ:バレエ『四季』、他/アンセルメ&スイス・ロマンド管

今日で4月も終わりです。今年の3月なんて「いつまで冬が続くんだ?!」とばかりに寒い日が多かったですが、今月に入ってから暖かい日が続いてようやく春らしくなってきました。遅咲きの桜もピークを過ぎてしまい、明日からもう5月です