ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年BOX~Disc 1

1958年の創立以来今日まで古楽の名門レーベルとしての地位を築いてきた『ドイツ・ハルモディア・ムンディ』。

今年の春に創立50周年を記念して、同レーベルが持つ膨大な録音を元に50枚組の限定BOXが発売されました。

 

394

 

内容が充実していて値段が破格(大手ショップで6千円前後)なこともあって、購入した方も多かったのではないでしょうか。古楽は好きでも知識の方はさっぱりな私‘しとらす’が、せっかく購入した想い出?にと拙いながら1枚ずつ感想を綴っていこうというのがここの趣旨です。

尚、残念ながら今では通常の手段で手に入れることはできません。中古市場やヤフオク・アマゾンのマーケットプレイスなどに出るのを辛抱強く待つか、欧州辺りから個人輸入するしか手はなさそうです。

それでは、1枚目から順に見ていくことにしましょう。

・ドゥランテ:マニフィカト 変ロ長調
・アストルガ:スターバト・マーテル
・ペルゴレージ:『主よ、あなたに告白します』

 トーマス・ヘンゲルブロック(指揮)
 フライブルク・バロック・オーケストラ
 バルタザール=ノイマン合唱団

[HMV解説より]ドイツでは公演チケットが入手困難なほど人気のあるヘンゲルブロックとフライブルク・バロック・オーケストラ(FBO)のアルバム。ここでは、バッハに影響された作品を中心に収録。情熱的な演奏が印象的です。
【録音】1995年12月 (原盤:05472773692)

Disc 2

・J.S.バッハ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 BWV.1060
・J.S.バッハ:オーボエ協奏曲 BWV.49&169
・J.S.バッハ:オーボエ協奏曲 BWV.1055
・J.S.バッハ:オーボエ協奏曲 BWV.1056

 ハンス=ペーター・ヴェスターマン(Ob&Ob・ダ・モーレ)
 メアリー・ウティガー(Vn)
 カメラータ・ケルン

[HMV解説より]ムジカ・アンティクァ・ケルンとウィーン・コンツェントウス・ムジクスの首席奏者も務めているバロック・オーボエ奏者ヴェスターマンのソロによる協奏曲集。彼のコクのあるオーボエの音は、非常に情感豊かなのが特徴。(元北ドイツ放送交響楽団首席オーボエ奏者でもあります)。ここに収録された作品は、現在「チェンバロ協奏曲」や「カンタータのシンフォニアの一部」として残っている作品ですが、実際はオーボエ(・ダ・モーレ)の協奏曲であったとされ、その曲を復元して演奏されています。
【録音】 1992年 (原盤:05472772902)

Disc 3 『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』

・J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV.988

 グスタフ・レオンハルト(cemb)

[HMV解説より] 古楽界最大の先駆者のひとり、グスタフ・レオンハルト(1928‐)のチェンバロによる《ゴルトベルク》。繰り返しを行なっていないため、作品の構造がシンプルに際立つ上、レオンハルトの揺るぎない確固とした姿勢が音楽のすみずみにまで投影された名演です。
 レオンハルトは《ゴルトベルク》を3度録音しており、当盤は3度目となる1976年収録(①1953年モノ、ヴァンガード②1965年テルデック)。レオンハルトは、手ざわりを確かめるようなセンシティヴィティをも備えつつ、ゆったりとしたテンポと堅固な構築で全曲を築き上げています。楽器のはずむように輝かしい音色がどこをとっても充実の極みをゆく、レオンハルトならではの「ゴルトベルク」です。
 ブランシェ(パリ、1730年)をモデルとしたウィリアム・ダウドによる1975年製作のチェンバロを使用しています。
【録音】 1976年 (原盤:GD77149)

Disc 4 『バッハ:音楽の捧げ物』

・J.S.バッハ:音楽の捧げ物 BWV.1079

 シギスヴァルト・クイケン(Vn)
 バルトルド・クイケン(Fl-tr)
 ヴィーラント・クイケン(gamb)
 ロベール・コーネン(cemb)

[HMV解説より]名盤中の名盤と誉れ高い、クイケン兄弟&コーエンの『捧げもの』。各楽器の手練れ4人が本当に贅沢な演奏を聴かせてくれます。響きの重なり、研ぎ澄まされた調和など絶妙に息の合った名演で、「トリオ・ソナタ」における各楽器が競いあうかのような箇所での集中力も抜群です。
【録音】 1994年12月 (原盤:05472773072)