ラター:古風な組曲、グラス:チェンバロ協奏曲、フランセ:チェンバロ協奏曲/クリストファー・D・ルイス(チェンバロ)、ケヴィン・マロン&ウェストサイド室内管

今月の京響定期の後にツイッターでチラッと書きましたけど、来年8月の定期ではメインにどうやらジョン・ラターのマニフィカトを演奏する予定のようです。で、このイギリス人作曲家の名前、合唱曲以外の分野で最近名前だけ見たような・・・と思ってちょっと調べてみたら、NMLに9月1日付で登録されてたNAXOSレーベルの新譜の中にありましたね。現代音楽の作曲家がチェンバロとオーケストラのために書いた作品集という、ちょっと珍しいディスクです。3曲のコンチェルトにソロの小品1曲が収録されてますけど、それぞれの作曲家が各自の芸風に上手くチェンバロを馴染ませていて違和感が全然なかったのと、先入観無しで聴いてもわりと親しみやすい音楽のように思いました。

 

ラター:古風な組曲、グラス:チェンバロ協奏曲、フランセ:チェンバロ協奏曲
 /クリストファー・D・ルイス(チェンバロ)、ケヴィン・マロン&ウェストサイド室内管
【NAXOS】

ジョン・ラター
・古風な組曲
フィリップ・グラス
・チェンバロ協奏曲
ジャン・ルネ・デジレ・フランセ
・チェンバロ協奏曲
モーリス・オアナ
・ソー・タンゴ

指揮:ケヴィン・マロン
管弦楽:ウェストサイド室内管弦楽団
チェンバロ:クリストファー・D・ルイス
フルート:ジョン・マクムテリー[古風な組曲]

録音時期:2012年9月10-12日
録音場所:ニューヨーク、アメリカ芸術文学アカデミー

http://ml.naxos.jp/album/8.573146

8573146

 

まずはラターの『古風な組曲』ですが、これは正確に言うとチェンバロとフルートとの合奏協奏曲でしょうかね。それくらいチェンバロと共にフルートが大活躍してます。プレリュード・オスティナート・アリア・ワルツ・シャンソン・ロンドーの6曲からなりますが、メロディーラインが現代風で平易な親しみやすさがあるのと、チェンバロとフルートとのラインの絡みがなかなかに楽しい曲です。

2曲目のグラスのチェンバロ協奏曲。以前にオールソップとボーンマス響の演奏による彼の交響曲を聴いた身からすると、思わずニヤッとしたくなる曲です。終楽章は特にグラスらしい展開の手法が窺えるのですが、そこにチェンバロの音色が自然と溶け込ませているのが上手いという印象でした。

3曲目、フランスの新古典主義音楽の作曲家ジャン・フランセのチェンバロ協奏曲ですが、こちらは典雅な形式美の中にフランスらしいエスプリが随所に散りばめられている楽しい雰囲気を感じさせてくれる曲で、終楽章は聴いていてワクワクするような印象でした。

そして4曲目、チェンバロのソロで約3分半の小品ですが、作曲者のモーリス・オアナはモロッコのカサブランカ生まれのユダヤ系フランス人作曲家。ちょっと地中海の陽気を漂わせるオチャメな感じのタンゴです。

こうして聴いてみると、チェンバロはバロック期の音楽に頻繁に用いられる=古い楽器と思いがちなのが、書きようによっては現代人の感性にも充分に合う“新しさ”も備わっていることを証明するかのような良作揃いのディスクでした。指揮者のケヴィン・マロンが古楽のスペシャリストというのもまたある意味でユニークですね。