フェルディナン・エロルド:ピアノ協奏曲集、バッハ&レーガー:無伴奏ヴァイオリン作品集、グラナドス:ゴイェスカス…etc. @Mirareレーベル

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

ここではフランスのMirare[http://www.mirare.fr]レーベルのディスクをピックアップ。

 

シューベルト:ピアノ・ソナタ第18番、第20番/ジャン=クロード・ペヌティエ【Mirare】(2枚組)

フランツ・シューベルト
・ピアノ・ソナタ 第18番 ト長調 D.894, Op.78
・ピアノ・ソナタ 第20番 イ長調 D.959

ピアノ:ジャン=クロード・ペヌティエ

録音時期:2009年11月
録音場所:フランス、リムーザン、ラ・フェルム・ドゥ・ヴィルファヴァール

http://ml.naxos.jp/album/MIR119

Mir119

 


 

 

フェルディナン・エロルド:ピアノ協奏曲集/J.F.ヌーブルジェ、エルヴェ・ニケ&シンフォニア・ヴァルソヴィア【Mirare】

フェルディナン・エロルド
・ピアノ協奏曲 第3番 イ長調
・ピアノ協奏曲 第4番 ホ短調
・ピアノ協奏曲 第2番 変ホ長調

ピアノ:ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ
指揮:エルヴェ・ニケ
管弦楽:シンフォニア・ヴァルソヴィア
ヴァイオリン:マリア・マホヴスカ(第3番)

録音時期:2010年5月16-18日
録音場所:ワルシャワ、ポーランド放送局

http://ml.naxos.jp/album/MIR127

Mir127

 


 

 

J.S.バッハ & レーガー:無伴奏ヴァイオリン作品集/庄司紗矢香【Mirare】(2枚組)

マックス・レーガー
・無伴奏ヴァイオリンのための前奏曲、フーガとシャコンヌ Op.117〜第2曲 ト短調
ヨハン・セバスティアン・バッハ
・無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト短調 BWV.1001
マックス・レーガー
・無伴奏ヴァイオリンのための前奏曲、フーガとシャコンヌ Op.117〜第1曲 ロ短調
ヨハン・セバスティアン・バッハ
・無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第1番 ロ短調 BWV.1002
マックス・レーガー
・無伴奏ヴァイオリンのための前奏曲、フーガとシャコンヌ Op.117〜第4曲 ト短調 「シャコンヌ」
ヨハン・セバスティアン・バッハ
・無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 ニ短調 BWV 1004

ヴァイオリン:庄司紗矢香

録音時期:2010年8月28-31日
録音場所:パリ、ランファン・ジェジュ教会

http://ml.naxos.jp/album/MIR128

J.S.61ypb0p9bwl_sl1185_

 


 

 

グラナドス:ゴイェスカス、詩的なワルツ集/ルイス・フェルナンド・ペレス【Mirare】

エンリケ・グラナドス
・詩的なワルツ集
・ゴイェスカス 第1部
・『ゴイェスカス』ための間奏曲(ピアノ版)
・ゴイェスカス 第2部

ピアノ:ルイス・フェルナンド・ペレス

録音時期:2011年5月23-25日(ライヴ)
録音場所:スペイン、アルカラ・デ・エナーレス、アウラ・デ・ムジカ

http://ml.naxos.jp/album/MIR138

Mir138

 


 

 

フランス・ロマン派のピアノ三重奏曲集/トリオ・ショーソン【Mirare】

セシル・シャミナード
・ピアノ三重奏曲 第2番 イ短調 Op.34
クロード・ドビュッシー
・ピアノ三重奏曲 ト長調
ルネ・ルノルマン
・ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.30

演奏:トリオ・ショーソン

録音時期:2011年7月
録音場所:パリ、サン=マルセル教会

http://ml.naxos.jp/album/MIR163

81raieuul_sl1500_

 


 

 

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番/庄司紗矢香、ドミトリー・リス&ウラル・フィル【Mirare】

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
・ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 Op.77
・ヴァイオリン協奏曲 第2番 嬰ハ短調 Op.129

ヴァイオリン:庄司紗矢香
指揮:ドミトリー・リス
管弦楽:ウラル・フィルハーモニー管弦楽団

録音時期:2011年8月
録音場所:ロシア、エカテリンブルク、フィルハーモニー

http://ml.naxos.jp/album/MIR166

81lajl5wfl_sl1500_

 


 

 

ブラームス:クラリネット・ソナタ、他/ラファエル・セヴェール、他【Mirare】

ヨハネス・ブラームス
・クラリネット三重奏曲 イ短調 Op.114
・クラリネット・ソナタ 第1番 ヘ短調 Op.120-1
・クラリネット・ソナタ 第2番 変ホ長調 Op.120-2

クラリネット:ラファエル・セヴェール
ピアノ:アダム・ラルーム
チェロ:ヴィクトル・ジュリアン=ラフェリエール

録音時期:2014年1月6-8日
録音場所:パリ、サル・ガヴォー

http://ml.naxos.jp/album/MIR250

Mir250

 


グラナドス:ピアノ作品集 Vol.1 – 10 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)

昨日はアルベニス、今日はグラナドス。彼の作品をこうしてじっくり聴くのは初めてかも?おかげで良い思いができましたが。

さて、NAXOSレーベルでグラナドスの録音を残しているダグラス・リヴァというピアニスト、見るからにアメリカあたりにいそうな名前=スペイン人じゃない(だからスペイン独特のリズム感を熟知しているかどうか不安)、ってんで初めて見た時はどうかと思ったんですが、グラナドスの代表作とされるスペイン舞曲集やゴイェスカスを聴いているうちに、私の先入観が間違ってたことを思い知る羽目に(苦笑)。このおっちゃんピアニスト、ググってみると単に弾くだけでなしにグラナドス研究の分野では一目置かれる存在らしくて、例えばピアノとオルガン・合唱のための作品『星の歌』が初演以降数々の不運が重なって自筆楽譜が傷んだ上に所有権関係がグチャグチャになっていたのを、作曲者の末娘夫婦から依頼を受けて自筆譜の入手から校正を経て出版にまで持っていって、96年ぶりとなった再演コンサートでもピアノを担当したというエピソードがあるそうで(詳細はこちらのブログ記事をどうぞ→『福島睦美の地中海サロン』「≪星の歌 Cant de les estrelles≫~初演から約100年後の出版と録音」)、時には強い引きというか凄い演奏家を持ってくるNAXOSにはこういった侮れないところがあるんですよね。

そのダグラス・リヴァによるグラナドスの演奏は彼の作品に込められている、スペイン的なリズムや旋律の中に潜むショパンのような詩的でロマンティックな側面をジワッと浮かび上がらせるような、第一印象でのインパクトは派手でないにしろ、聴いていくうちに徐々にそういったものが見えてくるという、とても味わい深いピアノだと思います。強引にスペイン風なものを押し出すわけでも叙情的な部分を強調するわけでもなく、長年作曲者のスコアと正対して向き合ってきた人ならではの正統派的な熟練さによる音楽の深みを垣間見たような気がしました。

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.1 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・12のスペイン舞曲集 Op.37
・ホタ・ヴァレンシアにおける即興曲[※オーガスティン・M・マルティネスによる採譜]

ピアノ:ダグラス・リヴァ

録音時期:2009年3月26,27日
録音場所:イギリス、サフォーク州ウェストルトン、ポットン・ホール

http://ml.naxos.jp/album/8.572313

51ygyzb4wl_sl500_aa500_

 

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.2 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・組曲『ゴイェスカス』
 1.愛の言葉
 2.窓辺の語らい
 3.燈し火のファンダンゴ
 4.嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす
 5.愛と死
 6.終曲〈幽霊のセレナード〉
 7.わら人形
 8.ゴヤ風のセレナード

ピアノ:ダグラス・リヴァ

録音時期:1998年4月22,23日
録音場所:イギリス、ハンプシャー州イースト・ウッドヘイ、セント・マーティン教会

http://ml.naxos.jp/album/8.554403

51mwkvlcll_sl500_aa500_

 

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.3 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・前奏曲ヘ長調
・ゆっくりした舞曲
・組曲『ロマンティックな情景』
・舟歌
・スペイン奇想曲
・祈りの書
・風景
・アレグロ・アパッショナート
・演奏会用アレグロ

ピアノ:ダグラス・リヴァ

録音時期:1999年5月13,17,18日
録音場所:イギリス、ハンプシャー州イースト・ウッドヘイ、セント・マーティン教会

http://ml.naxos.jp/album/8.554628

8554628

 

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.4 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・ロマンティックなワルツ集
・キューバ風に
・若き日の物語
・付随音楽『アルカリアの蜂蜜』〜ホタ
・詩的なワルツ集
・アラゴン狂詩曲
・子供の情景
・幽霊

ピアノ:ダグラス・リヴァ

録音時期:1999年5月
録音場所:イギリス、ハンプシャー州イースト・ウッドヘイ、セント・マーティン教会

http://ml.naxos.jp/album/8.554629

51gvdgv3qvl_sl500_aa500_

 

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.5 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・アルベニス作「アスレーホス」[※グラナドス編曲]
・演奏会用ワルツ
・牧場にて
・詩的な情景
・シェヘラザードの幻想
・アラベスカ
・アラブの歌
・ムーア風舞曲
・ムーアの歌
・オリエンタル

ピアノ:ダグラス・リヴァ

録音時期:2000年6月26,27日
録音場所:イギリス、サフォーク州ダンウィッチ、ポットン・ホール

http://ml.naxos.jp/album/8.555325

8555325

 

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.6 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・スペイン民謡による6つの小品
・エリセンダの庭
・パランダ - ムルシア
・6つの表情的練習曲~パストラール
・性格的な舞曲
・サルダーナ
・セレナード
・ハカラ
・海の中の魔法の宮殿
・3つの即興曲

ピアノ:ダグラス・リヴァ

録音時期:2000年11月18,20日
録音場所:イギリス、ハンプシャー州イースト・ウッドヘイ、セント・マーティン教会

http://ml.naxos.jp/album/8.555723

8555723

 

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.7 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・感傷的なワルツ
・7つの練習曲
・6つの表情的練習曲
・スケッチ:小品からのコレクション
・エクスキーズ…!ワルツ・ツィガーヌ
・死者のための讃歌
・恋文(心のワルツ)
・昔風に - ブレー
・メヌエット
・ゴンドラ - 詩的な情景

ピアノ:ダグラス・リヴァ

録音時期:2002年8月5-8日
録音場所:イギリス、ハンプシャー州イースト・ウッドヘイ、セント・マーティン教会

http://ml.naxos.jp/album/8.557141

8557141

 

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.8 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・カレッサ・ワルツ
・ドローラ
・クロティルデ
・人魚
・森にて
・ロイヤル・マーチ
・厚紙の兵隊
・エルヴィラ
・旋律のアルバム、パリ、1888年

ピアノ:ダグラス・リヴァ

録音時期:2002年8月5-8日
録音場所:イギリス、ハンプシャー州イースト・ウッドヘイ、セント・マーティン教会

http://ml.naxos.jp/album/8.557142

51vv6oh5al_sl500_aa500_

 

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.9 /ダグラス・リヴァ(ピアノ) (2CD)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・スカルラッティの26のソナタ

ピアノ:ダグラス・リヴァ

録音時期:2005年8月2-5日、2006年10月4日
録音場所:イギリス、サフォーク州ウェストルトン、ポットン・ホール

http://ml.naxos.jp/album/8.557939-40

855793940

 

 

グラナドス:ピアノ作品集 Vol.10 /ダグラス・リヴァ(ピアノ)【NAXOS】

エンリケ・グラナドス
・歌劇『ゴイェスカス』〜間奏曲(ピアノ独奏のための)
・メロディ
・マズルカ・アッラ・ポラッカ
・マズルカ イ短調
・アンダンティーノ・エスプレッシーヴォ
・アンダルーシア・ペテネーラ
・漁師の歌
・子守歌
・3つの軍隊行進曲
・村にて – 詩曲
・2つの軍隊行進曲
・アルベニス『イベリア』第2集〜「トリアーナ」[※グラナドスによる2台ピアノ編曲版]

ピアノ:ダグラス・リヴァ
第2ピアノ:ホルディ・マソ(村にて、2つの軍隊行進曲、トリアーナ)

録音時期:2006年10月2-3日
録音場所:イギリス、サフォーク州ウェストルトン、ポットン・ホール

http://ml.naxos.jp/album/8.570325

8570325

 


 

ところで、前述した『星の歌』に関しては再演時のライヴ録音がちゃっかり残っています。他にパブロ・カザルスなどカタルーニャ系の音楽家に焦点を当てたプログラミングのコンサートだったようで、なかなか興味深いディスクです。

 

星々の歌〜近代カタルーニャの作品集/ヴォイシズ・オブ・アセンション・コーラス、他【NAXOS】

パブロ・カザルス
・マリアの薔薇の花冠
・きっと、とりなし給え 聖母マリアよ
エンリケ・グラナドス
・サルヴェ・レジーナ
パブロ・カザルス
・われは黒けれど
エンリク・モレーラ
・ナイチンゲール[※世界初録音]
エンリケ・グラナドス
・ロマンス
エンリク・モレーラ
・アヴェ・マリア[※世界初録音]
エンリケ・グラナドス
・宗教的情景[※世界初録音]
マヌエル・ブランカフォルト
・愛の歌[※世界初録音]
マヌエル・オルトラ
・3つの愛の歌〜第2番:エコー、第3番:前奏曲[※世界初録音]
エンリケ・グラナドス
・星々の歌[※世界初録音]

指揮:デニス・キーン
合唱:ヴォイシズ・オブ・アセンション・コーラス
ソプラノ:エレーナ・ウィリアムソン、ヒラリー・リョン(マリアの薔薇の花冠);メリッサ・ケリー(アヴェ・マリア)
オルガン:マーク・クルチェク
ピアノ:ダグラス・リヴァ
ヴァイオリン:エリカ・キーセウェッター

録音時期:2007年3月21,22,24日
録音場所:ニューヨーク、昇天教会

http://ml.naxos.jp/album/8.570533

8570533

 



日本を代表するギターの名手、福田進一がバッハ・シリーズを始動・・・シャコンヌ ~J.S. バッハ作品集 1~/福田進一(ギター)

ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)の“今週の一枚”に

日本を代表するギタリスト福田進一氏による新譜3タイトルがMeister Musicよりリリースされました。その中からファン待望のバッハシリーズ第1弾をご紹介します。

ということで福田進一[http://fukushinguitar.blogspot.com/]さんのニューアルバムが紹介されてたので、さっそく聴いてみました。

シャコンヌ ~J.S.バッハ作品集 1~/福田進一(ギター)【Meister Music】

《収録曲》
J.S.バッハ(編曲:福田進一)
・無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004〜第5楽章 シャコンヌ
・無伴奏チェロ組曲第3番 ハ長調 BWV1009
・無伴奏チェロ組曲第6番 ニ長調 BWV1012

514t14smojl_ss400_

http://ml.naxos.jp/album/MM2101

 

このアルバムを聴くまでNMLに日本のレーベルが登録されてるなんて知りませんでした(汗)。Meister Music[http://www.meister-music.com/]はディプロム・トーンマイスター(「音の職人」という意味を持つドイツの国家資格だそうですが・・・さすが資格の国、こういう国家資格もちゃんとあるのか)を日本人で初めて取得したという平井義也さんが主宰するレーベルだそうです。ディスクを買おうとするとSACDでもないのに1枚3,000円は貧乏人にはキツい価格ですが(苦笑)、NMLで聴けるのはとてもありがたいですね。

今回の福田さんの新譜は5年がかりのツィクルスになるようで、どの曲が収録されるのか興味深いところです。第1弾は彼自身の編曲による「シャコンヌ」と無伴奏チェロの3番&6番ですが、同じ弦楽器でも楽器の構造や奏法が異なると、やはり雰囲気もガラッと変わるものですね。それと福田さんの年齢やキャリアもあるのでしょうが、演奏時間のわりにゆったりと落ち着いた演奏に聴こえました。

バッハ集と同時発売で過去のアルバムから選曲・リマスターしたというスペイン名曲集とラテン・アメリカ名曲集もリリースされてますし、NMLにも登録されたので聴いてみましたが、やはり若手と違って味わい深い雰囲気を醸し出してるという印象でした。クラシックでもラテン系のギター曲は耳に心地よく響いて聴きやすいと思うので、NMLに会員登録されてるならヒーリング代わりにでも聴いてみてはいかがでしょうか。

 

セビーリャ ~スペイン名曲集~/福田進一【Meister Music】

《収録曲》
1. フランシスコ・タレガ:アルハンブラの思い出
2. イサーク・アルベニス(編曲:ミゲル・リョベート):スペイン組曲 Op.47〜第3楽章 セビーリャ
3. エンリケ・グラナドス(編曲:ミゲル・リョベート):スペイン舞曲集 Op.37〜第5番 アンダルーサ
4. エンリケ・グラナドス(編曲:ミゲル・リョベート):若き日の物語〜第1番 捧げる言葉
5. マヌエル・デ・ファリャ(編曲:福田進一):バレエ『三角帽子』〜粉屋の踊り
6. フェデリコ・モレノ=トローバ:マドローニョス
7. ホアキン・ロドリーゴ:『スペイン風の3つの小品』〜第3番 サパテアード
8. ホアキン・ロドリーゴ:『スペインの野辺を通って』〜第1番 小麦畑にて
9. ホアキン・ロドリーゴ:祈りと踊り
10. ホアキン・トゥリーナ:セビリャーナ Op.29
11. ホアキン・トゥリーナ:タレガ讃歌 Op.69
12. エドゥアルド・サインス・デ・ラ・マーサ:『プラテーロと私』〜プラテーロ
13. ヴィセンテ・アセンシオ:組曲『讃歌』〜第2楽章 悲歌(ファリャへの讃歌)
14. フェデリコ・モンポウ:歌と踊り 第10番(ギター編)

51eplucfbyl_ss400_

http://ml.naxos.jp/album/MM2102

 

エストレリータ ~ラテン・アメリカ名曲集~/福田進一【Meister Music】

《収録曲》
1. マヌエル・ポンセ(編曲:ホセ・ルイス・ゴンサレス):エストレリータ
2. アグスティン・バリオス:郷愁のショーロ
3. ディレルマンド・レイス:魔法のショーロ
4. ディレルマンド・レイス:バイーア女の風情
5. ジョアン・ペルナンブーコ:グラウナ
6. マヌエル・ポンセ:バレット
7. マルコ・ペレイラ:嘆き~ラメント
8. アグスティン・バリオス:大聖堂
9. エイトル・ヴィラ=ロボス:ブラジル民謡組曲〜第2楽章 スコットランド風ショーロ
10. エイトル・ヴィラ=ロボス:ショーロス 第1番
11. レオ・ブローウェル:黒いデカメロン
12. レオ・ブローウェル:プレリュードとフーガ 第1番

5130gebxvbl_ss400_

http://ml.naxos.jp/album/MM2103