ジュリアン・アンダーソン」タグアーカイブ

ジュリアン・アンダーソンとロンドン・フィル自主制作のLPOレーベル

1960年生まれのイギリスの作曲家マーク=アンソニー・タネジの後任として2010年から2014年までロンドン・フィルのコンポーザー・イン・レジデンスを務めたという、1967年ロンドン生まれの作曲家ジュリアン・アンダーソン。彼の管弦楽作品集がロンドン・フィルの自主レーベルから2枚リリースされていますので、それをピックアップ(紹介順は私の発見に合わせて新→旧)。

 

ジュリアン・アンダーソン:素敵な青さで、アレルヤ、太陽の位置/ユロフスキ&ロンドン・フィル【LPO】

ジュリアン・アンダーソン
・ヴァイオリンと管弦楽のための詩曲「素敵な青さで」
・アレルヤ
・太陽の位置

指揮:ウラディーミル・ユロフスキ
管弦楽:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ヴァイオリン:カロリン・ヴィトマン(素敵な青さで)
合唱:ロンドン・フィルハーモニー合唱団(アレルヤ)

録音時期:2015年3月14日(素敵な青さで)、2014年3月1日(アレルヤ)、2013年12月7日(太陽の位置)
録音場所:ロンドン、サウスバンク・センター、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(ライヴ)
※「素敵な青さで」と「アレルヤ」は世界初演

http://ml.naxos.jp/album/LPO-0089

Lpo0089

 


 

 

こちらはジュリアン・アンダーソンの作品集として先にリリースされたもの。『天国の発見』は3つの楽章からなる曲で、順に「天国からのこだま」「通りにて」「讃歌」と名が付されています。

ジュリアン・アンダーソン:ファンタジア、他/ユロフスキ&ロンドン・フィル、他【LPO】

ジュリアン・アンダーソン
・ファンタジア
・発狂した月
・天国の発見

指揮:ウラディーミル・ユロフスキ、ライアン・ウィッグルスワース(天国の発見)
管弦楽:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

録音時期:2011年12月3日(ファンタジア)、2011年3月19日(発狂した月)、2012年3月24日(天国の発見)
録音場所:ロンドン、サウスバンク・センター、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(ライヴ)

Lpo0074