ハチャトゥリアン」タグアーカイブ

京都市交響楽団が2020年度の定期演奏会ラインナップと新体制を発表

サー・サイモン・ラトルが若い頃に首席指揮者として徹底的にアンサンブル能力を鍛え上げて世界的に有名になり、また2018/19シーズンから山田和樹さんが首席客演指揮者に就任したことで日本にとっても身近になった英国のメジャーオケの1つ、バーミンガム市交響楽団は City of Birmingham Symphony Orchestra, 略称CBSO・・・なのですが、そうした欧州での名付けに倣うようにしたのかどうか、我らが京都市交響楽団は2020年4月から英語表記を

“City of Kyoto Symphony Orchestra”


に変えて、下記のような新体制で臨むそうです。

第13代常任指揮者兼芸術顧問:広上淳一
首席客演指揮者:ジョン・アクセルロッド
特別名誉友情コンサートマスター:豊嶋泰嗣
特別客演コンサートマスター:石田泰尚、会田莉凡
特別首席チェロ奏者:山本裕康

 

(※内容を順次、追加更新します)

京響の公式リリースPDF版はこちらをクリック

 


 

◆第644回定期
2020年4月24日(金)19:00
指揮:大友直人
◇ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op.26
〔Vn 荒井里桜〕
◇エルガー:交響曲第2番 変ホ長調 Op.63

◆◆第645回定期◆◆
2020年5月16日(土)14:30
2020年5月17日(日)14:30
指揮:クリスティアン・アルミンク
◇モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527〜序曲
◇モーツァルト:ピアノ協奏曲第10番(2台のピアノのための協奏曲) 変ホ長調 K.365(316a)
〔Pf フェルハン・エンダー&フェルザン・エンダー〕
◇チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 Op.64

◆第646回定期
2020年6月26日(金)19:00
指揮:広上淳一
◇ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 WAB 108[ハース版]

◆◆第647回定期◆◆
2020年7月25日(土)14:30
2020年7月26日(日)14:30
指揮:パスカル・ロフェ
◇ラヴェル:スペイン狂詩曲
◇ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調
〔Pf ロジェ・ムラロ〕
◇デュティユー:メタボール
◇ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲

◆第648回定期
2020年8月29日(土)14:30
指揮:阪 哲朗
◇廣瀬量平:祝典序曲
◇モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調 K.425『リンツ』
◇リヒャルト・シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』Op.28
◇リヒャルト・シュトラウス:歌劇『ばらの騎士』 Op.59〜 ※選曲

◆◆第649回定期◆◆
2020年9月12日(土)14:30
2020年9月13日(日)14:30
指揮:ジョン・アクセルロッド
◇マーラー:交響曲第2番 ハ短調
〔S テオドラ・ゲオルギュー、 Ms ウォリス・ジュンタ、 cho 京響コーラス〕

◆第650回定期
2020年10月9日(金)19:00
指揮:ゲルゲイ・マダラシュ
◇リスト:ハンガリー狂詩曲第2番 ニ短調 S.359/2
◇コダーイ:ガランタ舞曲
◇ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調『英雄』 Op.55

◆◆第651回定期◆◆
2020年11月28日(土)14:30
2020年11月29日(日)14:30
指揮:サッシャ・ゲッツェル
◇グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
〔Pf アレクセイ・ヴォロディン〕
◇リヒャルト・シュトラウス:アルプス交響曲 Op.64

◆◆第652回定期◆◆
2021年1月23日(土)14:30
2021年1月24日(日)14:30
指揮:アレクサンドル・スラドコフスキー
◇チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』
◇チャイコフスキー:祝典序曲『1812年』 変ホ長調 Op.49
◇ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 Op.47

◆第653回定期
2021年2月19日(金)19:00
指揮:小泉和裕
◇ワーグナー:歌劇『リエンツィ』〜序曲
◇グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op.82
〔Vn クララ=ジュミ・カン〕
◇ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68

◆◆第654回定期◆◆
2021年3月27日(土)14:30
2021年3月28日(日)14:30
指揮:広上淳一
◇エルガー:ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 Op.61
〔Vn ダニエル・ホープ〕
◇ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ短調 Op.70, B.141

 

◆◆第九コンサート◆◆
2020年12月27日(土)18:00
2020年12月28日(日)14:30
指揮:広上淳一
◇シベリウス:組曲『恋人』 Op.14
◇ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125
〔S 砂川涼子、Ms 谷口睦美、T ジョン・健・ヌッツォ、Br 甲斐栄次郎、cho 京響コーラス〕

◆ニューイヤー・コンサート
2021年1月10日(日)14:30
指揮:井上道義
◇伊福部昭:管絃楽のための『日本組曲』〜第4曲「佞武多(ねぶた)」
◇伊福部昭:二十絃箏協奏曲『二十絃箏とオーケストラのための交響的エグログ』
〔箏 LEO(今野玲央)〕
◇池辺晋一郎:井上道義委嘱作品[※世界初演]
◇武満徹:3つの映画音楽〜第3曲 – 映画『他人の顔』よりワルツ
◇ドリーブ:バレエ『コッペリア』〜ワルツ
◇ハチャトゥリアン:組曲『仮面舞踏会』〜第1曲「ワルツ」
◇チャイコフスキー:バレエ『眠れる森の美女』 Op.66〜村人の大ワルツ

 

[※以上、場所はすべて 京都コンサートホール・大ホール です]

 


 

 

 


「京都市交響楽団定期演奏会 名曲ライブシリーズ3」本日9月20日、公式発売!

京響の自主レーベルのリリース第3弾CDが発売となりました。全国公式リリースは今日なのですが、15日の演奏会の時に会場内で先行販売されてましたし、なによりその前に友の会会員には無料配布されてて、私の手元にもヤマトメール便で先週の木曜日には届きましたし(笑)。

 

京都市交響楽団定期演奏会 名曲ライブシリーズ3

1.R.シュトラウス 13管楽器のためのセレナード変ホ長調 Op.7
2.R.シュトラウス 交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』Op.28
3.R.シュトラウス 『ばらの騎士』組曲 AV.145〔※編曲:アルトゥール・ロジンスキー〕
4.A.I.ハチャトゥリアン 組曲『仮面舞踏会』

指揮:広上淳一
管弦楽:京都市交響楽団

録音時期:2012年7月20日(1,2,3)、2013年3月24日(4)
録音場所:京都コンサートホール(大ホール)

CDは京響の演奏会場やJEUGIA店舗の他、下記通販でも取り扱っています。
・Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B00EZR4TI8/
・タワーレコード:http://tower.jp/item/3304523/

[※↓画像をクリックするとAmazonの商品ページにリンクします]
4524505316702

 

ジャケット表及び中身はこのような感じです↓
01
02

 

リヒャルト・シュトラウスの3曲は昨年7月の第559回定期演奏会ハチャトゥリアンの『仮面舞踏会』は今年3月の第566回定期演奏会の1曲目に演奏されたもののライヴ収録です。拍手もノーカットで入ってますし、一通り聴いた感じでは余計な手を加えた跡が見当たらなかったので、当日のをそのままといったところです。ですので、演奏に関しては私が以前書いたレビュー(559回566回)を参考にしてください。ただ、一文でまとめるなら、前回の『ローマの祭』のような1年にそう何度もない高いパッションを見せたパフォーマンスこそないものの総じてオールA評価、でしょうか。『仮面舞踏会』は定期前半の管セクションに首席陣を欠いてる中での演奏ですから、現在好調と評される今の京響の平均実力を計る上での参考になるのではないかと思います。

Amazonで割引販売される頃合いを見計らってからでもいいので(をい)、今の広上&京響の好調ぶりをまだ体感したことのない方、京響定期に行きたいけど地理的・時間的その他諸々の事情で行くに行けないという方は是非ともご購入を検討していただくようお願い申し上げます。
m(_ _)m

 

さて、演奏自体にはケチのつけようがないレベルだと思いますし、録音も特に言及するような悪い部分はなかったので、ここからは別の類いで、敢えて苦言を。

1.定価1500円の1枚ものではなく2枚組2000円としてリリースしてほしかったです。録音はしたものの結果的にCD収録から外されてしまったモーツァルトの『リンツ』(559回定期)とプロコフィエフの7番シンフォニー(566回定期)もぜひとも聴いてもらいたいレベルにあったので、外したのがもったいなかったです。特にプロコフィエフの7番は当日のメインプログラムで管セクションに首席陣が勢揃いしての面子で、しかもヴィオラ奏者の北村英樹さんが定年で退職される最後の演奏でしたから、自然と団員のテンションも高くなりハイレベルなものとなりました。プロコフィエフ好きの人から冷静に見れば広上さんの解釈には一長一短で言いたい部分もあるかもしれまえんが、演奏の質自体は誰しも認めてもらえる出来なのではないかと思います。それを外したのは、やはりもったいなかったとしか・・・私も結果がどう出るかはともかくダメ元で前回の時(元々収録予定のなかった『ローマの祭』を入れてもらうよう事務局に直接お願いを申し入れに行った)同様に事務局に要望を入れるべきだったと後悔しています。

2.2つの組曲のうち『仮面舞踏会』には中のパート毎に5つのインデックスがちゃんと付されているのに、『ばらの騎士』にはそうした細かい配慮がなかったこと。いくらロジンスキーの編曲が切れ目のないような処理がされてるにしても、前回の交響詩『ドン・キホーテ』には各変奏毎に細かくインデックスが振られていたので、『ドン・キホーテ』でできたことをロジンスキー版『ばらの騎士』組曲でできないというのは、リスナーへの配慮に欠けた処理と言わざるを得ないですね。

3.これはリリースした側の問題ではなく当日の聴衆のレベルの低さの問題なので、身内の恥を晒すような無様な指摘になってしまうのですが、某匿名掲示板などネット上でも話題になってる件のブラボーマン、こうしてディスクで聴いてみるとやはり超ウザい(怒)。S席エリアでしたっけ?毎回毎回間髪入れずに絶叫するバカがいるんですよね。あれは100%自己陶酔で狙ってやってる確信犯としか思えません。
「拍手は指揮棒を下ろしてから」
が聴衆の暗黙の最低限マナーのはず。友の会会員の中高年層の躾の悪さは同じ会員として大いに恥ずべき事態と憂慮してるのですが(これでも私が京響定期に通い始めた頃に比べたらマシになってきてはいるんですよね・苦笑)・・・う〜ん、私3階のサイド席だしなぁ・・・自分の近くだったら思い切り睨みつけるか文句言うか最悪直に実力行使に出たりできるのですけど・・・係員には申し訳ないけど事務局に苦情入れるしかないですかねぇ・・・?

 



京都市交響楽団 第566回定期演奏会(指揮:広上淳一)

まずはじめに・・・

北村さん、長い間お疲れ様でした! m(_ _)m

ヴィオラ奏者の北村英樹さんが今月末で定年だそうで(出演される演奏会自体も今定期がラスト)、プログラム終了後に卒団式がありました。ヴィオラ首席の小峰さんから大きな花束を贈呈され、それから広上さんと軽いトークがあったのですが、質問にボケた返答を返したりで朗らかな雰囲気でした。写真を撮るのがご趣味だそうで、それも含めて今後どうされるのか広上さんに尋ねられて音楽と写真と半々?と仰ってましたが、いずれどこかのギャラリーでお目にかかれるといいですね。

閑話休題。

昨年7月の559回定期の時に、その定期で演奏されたリヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』組曲と今回のハチャトゥリアンの組曲『仮面舞踏会』でCDを出すというアナウンスがありましたが、今回のパンフには今年9月の発行予定とありました。収録曲は『ばらの騎士』組曲と組曲『仮面舞踏会』の予定とありましたが、この2曲を合わせても40分ちょっとなんですよね。というわけでカップリングが気になるところですが、『仮面舞踏会』では使わないピアノが既に後半向けに舞台左後方にセットされてマイクも置いてあったので、しっかり録音はするのでしょうね。CDフォーマットのギリギリまで使うとして最大値で残り40分弱。7月の定期から採るか今回メインのプロコフィエフの7番を採るのか、興味津々といったところですね。

さて、恒例のプレトーク。広上さんは2人のレディを引き連れての登場(彼曰く「ネタ切れしてきたので」・・・ってをいwww)。ヴァイオリン奏者の立石康子さんと田村安祐美さんに広上さんからヴァイオリンについて質問形式で語ってもらうという進め方でした。ヴァイオリンセクションの並びに関してオケによって席順が厳格に決められているところ(場合によっては給料に反映されるとか?どこのオケよ?w)と、ウィーン・フィルみたいにコンマスや首席以外はフリーダムというケースといろいろあるそうですが、京響に関してはウィーン・フィル同様に席順を固定しないスタイルだそうです。田村さん曰く後ろの席だとコンマスから離れてるので合わせるのにかなり気を使うとか。それと、もし自分がソリストとして弾くなら・・・と聞かれて2人ともモーツァルトは避けたいと意見が一致してたのが面白かったです(笑)。シンプルだからこそ難しいとのこと、ナルホドですね(立石さんでしたかバルトークとかの方がまだやりやすいと呟いていたような・・・?)。あとは広上さんからハチャトゥリアンの『仮面舞踏会』は「ワルツ」をフィギュアスケートの浅田さんが使ってるから云々といった簡単な曲解説でお開き。

 

京都市交響楽団 第566回定期演奏会
2013年3月24日(日)14時30分開演@京都コンサートホール

◆A.I.ハチャトゥリアン 組曲『仮面舞踏会』
◆E.W.コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
 (アンコール)
 ◇J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調〜サラバンド
 ◇N.パガニーニ 24の奇想曲 Op.1〜第17番
(休憩)
◆S.プロコフィエフ 交響曲第7番嬰ハ短調 Op.131〔※強奏で終わる追加有り〕
 (アンコール)
 ◇S.プロコフィエフ 交響曲第7番嬰ハ短調 Op.131〜終楽章終結部付録部分

指揮:広上淳一
ヴァイオリン:クララ=ジュミ・カン
コンサートマスター:渡邊 穣

 

1曲目の『仮面舞踏会』はCD収録が明記されてることもあってか、のっけから全力全開モード。リズムのノリもよく、歌わせるところでも弦が厚みのある響きでしっかり鳴らしててグッド。管セクションは首席がどこも未登場でしたけど、代わりに1番吹いてた方々ももちろん好演奏を披露してました。強いて言えば、今日のコンマスは泉原さんで聴きたかったかな、と個人的には思ったり・・・。

2曲目、コルンゴルトのコンチェルト。プレトークでも紹介されてましたが、ソリストの人(バス歌手のフィリップ・カンの娘さんだそうな)は広上さんより頭ひとつ分以上抜けてて確かに背の高い女性(笑)。でも演奏の方はというと・・・大拍手でアンコール2曲も呼び出すほどだったのか、正直疑問が残りました。私の席からはソリストの背中しか見えなくてヴァイオリンは聴きにくいし、コルンゴルトでネチネチとクドくやられても困るからこんなもんかなぁ〜思いつつも、合わせモノ(協奏曲の伴奏)が得意なはずの広上&京響コンビとテンションから何からどうにもズレがあるような・・・という微妙な違和感が消えないままコンチェルトが終わり、何度かのカーテンコールの後にアンコールを弾いてたのですが、バッハの無伴奏での平板さ具合にコンチェルトでの違和感が間違いではなかったという印象を持ちました。さすがにコレをCD収録したら怒るぞ(まさかとは思うが・苦笑)。

後半メイン、プロコフィエフの7番シンフォニー。マイク配置から見るに収録する気満々のようですね(笑)。管セクションは首席揃い踏み、弦セクションも前半のテンションを後半でもしっかり維持してて充実した好演奏でした。腕時計で大雑把に測って31〜32分ほどだったからスペース充分入りますよ(何が?www)。爆演で捻じ伏せられるタイプの曲ではないので一聴してのインパクトには欠けるでしょうけど、メランコリーで叙情的な部分とウィットに富んで溌剌としたリズミカルな部分と、入れ替わり立ち替わり出てくるのが決してカオスにならず、広上さんのタクトに合わせて明晰かつ細い表情付けがなされていて、ラストは強奏で終わるヴァージョンでユーモラスな感じで締めくくられたのは、いかにもこのコンビらしくて後味の良い爽快な印象を持ちました。

この後はカーテンコールの後に改めて北村さんの卒団式があり、そして・・・本当ならここでもうハイお終いでアンコール何も用意してないんですが今までで最も短いアンコールやりますね・・・と言って演奏したのが7番シンフォニー終楽章の付録の部分。なんともユーモラスなオチでした(笑)。今日の定期は最初から最後まで本当に今の広上さんと京響らしいというか全身全霊で練度の高い充実した音楽を観客に提供して、音楽をいろんな方向で心から楽しませてくれる、そういった今の素晴らしい現状を象徴しているように思いました。

さて、今年9月を予定しているというCDリリース、『ばらの騎士』と『仮面舞踏会』の他に何をカップリングしてくれるのか、今から楽しみですね。多少客席ノイズが発生してましたけど今日のプロコフィエフの7番が入るといいなぁ〜、でも7月の時の『リンツ』や『ティル』も捨てがたい気もするし・・・。

今日はレセプションもあったのですが、体調が優れなかったこともあって広上さんの登場まで待てずに帰りました。途中新京極のアニメイトによって買い物して、ついたらどうにも足元がフラフラするようで、ありゃぁ〜思いつつ熱を計ったら38度(苦笑)。まぁいろいろと病気持ちで必要な薬は常備してるので、これからゆっくり寝ます・・・zzz