京都市交響楽団が2020年度の定期演奏会ラインナップと新体制を発表

サー・サイモン・ラトルが若い頃に首席指揮者として徹底的にアンサンブル能力を鍛え上げて世界的に有名になり、また2018/19シーズンから山田和樹さんが首席客演指揮者に就任したことで日本にとっても身近になった英国のメジャーオ

続きを読む

リスト:ピアノ作品集(+『ドッペルゲンガー』〜リスト:シューベルト歌曲編曲集)/ドラ・デリイスカ(ピアノ)

チェルカスキーのディスクを紹介した際に私が20年前にライヴで聴いたリストによる『タンホイザー』序曲のピアノ編曲版のことをお話ししましたが、せっかくなのでその曲を探して聴いてみようと思いNMLで検索したら、さすがにチェルカ

続きを読む

ハイドン:ピアノ・ソナタ第34番、ヒンデミット:ピアノ・ソナタ第3番、他/シューラ・チェルカスキー(ピアノ)

ふとしたことでというか大袈裟に言うと風の便りというか、チェルカスキーの名前を思い出して、たしかNimbusレーベルに録音してたはずだからNMLで聴けるだろうと思って検索かけたら、Wigmore Hall Live[htt

続きを読む

リスト:『巡礼の年』全曲/ベルトラン・シャマユ(ピアノ)

フランスはナンスを発祥とするクラシックの一大イベント『ラ・フォル・ジュルネ』。日本でも2005年の東京を皮切りにいくつかの都市で開催されるようになりましたが、日本では開催時期がゴールデンウィークに設定されているので、すっ

続きを読む

京都市交響楽団 第551回定期演奏会(指揮:ナビル・シェハタ)

今日の指揮者はナビル・シェハタ、1980年生まれでエジプト人とドイツ人のハーフだそうで、ベルリン・フィルの元コントラバス首席という経歴の持ち主。大フィルにも何年か前にベルリン・フィル団員上がりの人が定期振ったことがありま

続きを読む