メシアン」タグアーカイブ

ブクステフーデ:トリオ・ソナタ集、マーラー:交響曲第5番、モーツァルト:フルート四重奏曲全集…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

 

ブクステフーデ:トリオ・ソナタ集 Op.1 /アルカンジェロ【Alpha】

ディートリヒ・ブクステフーデ
・ソナタ ヘ長調 Op.1, No.1, BuxWV 252
・ソナタ ト長調 Op.1, No.2, BuxWV 253
・ソナタ イ短調 Op.1, No.3, BuxWV 254
・ソナタ 変ロ長調 Op.1, No.4, BuxWV 255
・ソナタ ハ長調 Op.1, No.5, BuxWV 256
・ソナタ ニ短調 Op.1, No.6, BuxWV 257
・ソナタ ホ短調 Op.1, No.7, BuxWV 258

古楽アンサンブル:アルカンジェロ
       (ジョナサン・コーエン[チェンバロ]、ソフィー・ゲント[ヴァイオリン]、
        ジョナサン・マンソン[ヴィオラ・ダ・ガンバ]、トーマス・ダンフォード[リュート])

録音時期:2016年10月26-28日
録音場所:ロンドン、セント・ジュード教会

http://ml.naxos.jp/album/ALPHA367

Alpha367

 


 

 

マーラー:交響曲第5番/マリス・ヤンソンス&バイエルン放送響【BR KLASSIK】[Hybrid SACD]

グスタフ・マーラー
・交響曲第5番 嬰ハ短調

指揮:マリス・ヤンソンス
管弦楽:バイエルン放送交響楽団

録音時期:2016年3月10-11日(ライヴ)
録音場所:ミュンヘン、ガスタイク、フィルハーモニー

http://ml.naxos.jp/album/900150

717oizhml5l_sl1429_

 


 

 

モーツァルト:フルート四重奏曲全集/ウルフ=ディーター・シャーフ[Fl]、他【PentaTone】[Hybrid SACD]

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
・フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285
・フルート四重奏曲 第2番 ト長調 K.285a
・フルート四重奏曲 第3番 ハ長調 K.Anh.171(K6.285b)
・フルート四重奏曲 第4番 イ長調 K.298

フルート:ウルフ=ディーター・シャーフ
ヴァイオリン:フィリップ・ベッケルト
ヴィオラ:アンドレアス・.ヴィルヴォール
チェロ:ゲオルグ・ボーゲ

録音時期:2016年5月
録音場所:ベルリン、シュテュディオ・ブリッツ

http://ml.naxos.jp/album/PTC5186567

Ptc5186567

 


 

 

ラヴェル:ダフニスとクロエ、他/グスターボ・ヒメノ&ルクセンブルク・フィル【PentaTone】[Hybrid SACD]

モーリス・ラヴェル
・バレエ『ダフニスとクロエ』
・海原の小舟
・亡き王女のためのパヴァーヌ

指揮:グスターボ・ヒメノ
管弦楽:ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団

録音時期:2017年3月
録音場所:ルクセンブルク、ルクセンブルク・フィルハーモニー

http://ml.naxos.jp/album/PTC5186652

Ptc5186652

 


 

 

マーラー:交響曲第4番/アダム・フィッシャー&デュッセルドルフ響、他【CAvi-music】

グスタフ・マーラー
・交響曲第4番 ト長調

指揮:アダム・フィッシャー
管弦楽:デュッセルドルフ交響楽団
ソプラノ:ハンナ=エリザベス・ミュラー

録音時期:2016年11月17-21日(ライヴ)
録音場所:デュッセルドルフ、トーンハレ

http://ml.naxos.jp/album/CAvi8553642

Cavi8553642

 


 

 

メシアン:ミのための詩、神の現存のための3つの小典礼/ルドヴィク・モルロー&シアトル響、他【Seattle Symphony Media】

オリヴィエ・メシアン
・ミのための詩[管弦楽版]
・神の現存のための3つの小典礼

指揮:ルドヴィク・モルロー
管弦楽:シアトル交響楽団
ソプラノ:ジェーン・アーチボルド[ミのための詩]
オンド・マルトノ:シンシア・ミラー[神の現存のための3つの小典礼]
ピアノ:マイケル・ブラウン[神の現存のための3つの小典礼]
合唱:ノースウェスト少年合唱団[神の現存のための3つの小典礼]

録音時期:2016年9月15-16日(ミのための詩)、2017年1月5・7・8日
録音場所:ワシントン州シアトル、S.マーク・テイパー財団講堂ベナロヤ・ホール

http://ml.naxos.jp/album/SSM1016

Ssm1016

 


メシアン:トゥーランガリラ交響曲、ペンデレツキ:ポーランド・レクイエム、ドアティ:ヘミングウェイの物語、コープランド:アパラチアの春…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

今回はポーランドの巨匠アントニ・ヴィトのタクトによるものを中心に。

 

メシアン:トゥーランガリラ交響曲/アントニ・ヴィト&ポーランド国立放送響【NAXOS】(2CD)

オリヴィエ・メシアン
・トゥーランガリラ交響曲
・キリストの昇天

指揮:アントニ・ヴィト
管弦楽:ポーランド国立放送交響楽団
オンド・マルトノ:トマ・ブロシュ(トゥーランガリラ交響曲)
ピアノ:フランソワ・ヴァイゲル(トゥーランガリラ交響曲)

録音時期:1998年12月10-14日
録音場所:ポーランド、カトヴィツェ、グジェゴシュ・フィテルベルク・コンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/8.554478-79

855447879

 

 

 

ペンデレツキ:交響曲第7番『イェルサレムの7つの門』/アントニ・ヴィト&ワルシャワ・フィル、他【NAXOS】

クシシュトフ・ペンデレツキ
・交響曲第7番 『イェルサレムの7つの門』

指揮:アントニ・ヴィト
管弦楽:ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
合唱:ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団
ソプラノ:オルガ・パシェチニク、アガ・ミコライ
アルト:エヴァ・マルシニク
テノール:ヴィエスワフ・オフマン
バス:ロムアルト・テサロヴィチ
ナレーター:ボリス・カルメーリ

録音時期:2003年11月18-20日
録音場所:ワルシャワ、フィルハーモニックホール

http://ml.naxos.jp/album/8.557766

51qaf7jpv6l

 

 

 

ペンデレツキ:ルカ受難曲/アントニ・ヴィト&ワルシャワ・フィル、他【NAXOS】

クシシュトフ・ペンデレツキ
・ルカ受難曲

指揮:アントニ・ヴィト
管弦楽:ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
合唱:ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団、ワルシャワ少年合唱団
ソプラノ:イザベッラ・クロシンスカ
バリトン:アダム・クルシェフスキ
バス:ロムアルト・テサロヴィチ
朗読:クシシュトフ・コルベルガー

録音時期:2002年9月1-3日
録音場所:ワルシャワ、フィルハーモニックホール

http://ml.naxos.jp/album/8.557149

8557149

 

 

 

ペンデレツキ:ウトレンニャ/アントニ・ヴィト&ワルシャワ・フィル、他【NAXOS】

クシシュトフ・ペンデレツキ
・ウトレンニャ

指揮:アントニ・ヴィト
管弦楽:ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
合唱:ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団
ソプラノ:イヴォナ・ホッサ
メゾ・ソプラノ:アグニエツカ・レーリス
テノール:ピョートル・クシェヴィチ
バス:ピオトル・ノヴァツキ、ゲンナジー・ベズベンコフ

録音時期:2007年9月24-27,30日、12月3-4日
録音場所:ワルシャワ、フィルハーモニックホール

http://ml.naxos.jp/album/8.572031

8572031

 

 

 

ペンデレツキ:ポーランド・レクイエム/アントニ・ヴィト&ワルシャワ・フィル、他【NAXOS】(2CD)

クシシュトフ・ペンデレツキ
・ポーランド・レクイエム

指揮:アントニ・ヴィト
管弦楽:ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
合唱:ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団
ソプラノ:イザベッラ・クロシンスカ
アルト:ヤドヴィガ・ラッペ
テノール:リシャルド・ミンキエヴィチ
バス:ピオトル・ノヴァツキ

録音時期:2003年7月
録音場所:ワルシャワ、フィルハーモニックホール

http://ml.naxos.jp/album/8.557386-87

51mf73ehf5l

 


 

 

ドアティ:ヘミングウェイの物語、他/ジャンカルロ・ゲレーロ&ナッシュヴィル響、他【NAXOS】

マイケル・ドアティ
・ヘミングウェイの物語
・アメリカン・ゴシック
・ワンス・アポン・ア・キャッスル[2015年改訂版]

指揮:ジャンカルロ・ゲレーロ
管弦楽:ナッシュヴィル交響楽団
チェロ:ズイル・ベイリー(ヘミングウェイの物語)
オルガン:ポール・ジェイコブス(ワンス・アポン・ア・キャッスル)

録音時期:2015年4月17-18日、11月4-7日(ワンス・アポン・ア・キャッスル)
録音場所:テネシー州ナッシュヴィル、シャーマーホーン・シンフォニーセンター

http://ml.naxos.jp/album/8.559798

8559798

 


 

 

コープランド:アパラチアの春、他/スラットキン&デトロイト響【NAXOS】

アーロン・コープランド
・バレエ『聞け!汝ら!』
・バレエ組曲『アパラチアの春』

指揮:レナード・スラットキン
管弦楽:デトロイト交響楽団

録音時期:2013年12月4-7日、2014年5月14-18日(アパラチアの春)
録音場所:ミシガン州デトロイト、マックス・F・フィッシャー・ミュージックセンター、オーケストラホール

http://ml.naxos.jp/album/8.559806

8559806

 


 

 

ヴァンサン・ダンディ:交響曲第2番、他/ジャン=リュック・タンゴー&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管【NAXOS】

ヴァンサン・ダンディ
・交響曲第2番 変ロ長調 Op.57
・交響的詩曲『思い出』 Op.62
・交響的変奏曲『イスタール』 Op.42
・歌劇『フェルヴァル』 Op.40 〜 第1幕 前奏曲

指揮:ジャン=リュック・タンゴー
管弦楽:ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

録音時期:2015年7月28-30日
録音場所:グラスゴー、ヘンリー・ウッド・ホール

8573522

 


 

 

ヘルマン・ゲッツ:ピアノ協奏曲第1番・第2番、他/キンボー・イシイ&マグデブルク・フィル、ダヴィデ・カバッシ【NAXOS】

ヘルマン・グスタフ・ゲッツ
・ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
・ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 Op.18
・春の序曲 Op.15

ピアノ:ダヴィデ・カバッシ
指揮:キンボー・イシイ
管弦楽:マグデブルク・フィルハーモニー管弦楽団

録音時期:2014年6月20-24日、26-28日(春の序曲)
録音場所:ザクセン=アンハルト州マクデブルク、マクデブルク歌劇場

http://ml.naxos.jp/album/8.573327

8573327

 


メシアン:管弦楽作品集/カンブルラン&南西ドイツ放送響

今日がオリヴィエ・メシアンの没後20周年にあたるそうで、せっかくだからとNMLにあったカンブルランによる全集を一通り聴いてみましたが、CD8枚分ともなるとさすがに多いですね・・・。

 

メシアン:管弦楽作品集/カンブルラン&南西ドイツ放送響【Hänssler Classic】

オリヴィエ・メシアン
・忘れられた捧げ物~交響的瞑想
・キリストの昇天
・ミのための詩 (※ソプラノと管弦楽編)
・トゥーランガリラ交響曲
・鳥たちの目覚め
・異国の鳥たち
・クロノクロミー
・われ死者の復活を待ち望む
・我らの主イエス・キリストの変容
・峡谷から星たちへ…
・天より来たりし都市
・ほほえみ
・彼方の閃光

指揮:シルヴァン・カンブルラン
管弦楽:南西ドイツ放送交響楽団
メゾ・ソプラノ:イヴォンヌ・ナエフ[ミのための詩]
ピアノ:ロジェ・ムラロ
[トゥーランガリラ交響曲、鳥たちの目覚め、異国の鳥たち、峡谷から星たちへ…、天より来たりし都市]
オンド・マドルノ:ヴァレリー・ハルトマン=クラヴリー[トゥーランガリラ交響曲]
ピアノ:フロラン・ボファール[我らの主イエス・キリストの変容]
フルート:グンヒルト・オット[我らの主イエス・キリストの変容]
クラリネット:ヴォルフハルト・ペンツ[我らの主イエス・キリストの変容]
シロフォン:フランツ・ラング[我らの主イエス・キリストの変容]
ヴィブラフォン:ホルスト・フリーデル[我らの主イエス・キリストの変容]
マリンバ:ヨッヘン・ショラー[我らの主イエス・キリストの変容]
チェロ:ラインハルト・ラツコ[我らの主イエス・キリストの変容]
合唱:オイローパ・コール・アカデミー[我らの主イエス・キリストの変容]
ホルン:ティエリー・レンツ[峡谷から星たちへ…]
シロリンバ:ヨッヘン・ショラー[峡谷から星たちへ…]
カリヨン:マルクス・マイアー[峡谷から星たちへ…]

Cd93225

http://ml.naxos.jp/album/CD93.225

 

ふだんはメシアンに接する機会がないので、トゥーランガリラ以外は初めて聴いたものばかりでした。ですので感想もヘッタクレもないのですが(苦笑)、ドイツのオケでも現代音楽を演奏する機会が比較的ある放送局オケともなると柔軟性があるのか(というかSWR響は昨年までカンブルランが常任で前任者もミヒャエル・ギーレンだったから特殊なのか?)、なんとも形容しがたい独特の響きや音色が堪能できてよかったです。

1948年生まれのフランス人指揮者シルヴァン・カンブルラン、今秋のシーズンからシュトゥットガルト州立歌劇場[http://www.staatstheater-stuttgart.de/]のGMDに就任するそうですが、一昨年から読響の常任も務めているので、首都圏在住のクラシックファンは彼の指揮に接する機会もあるんですよね。京響にも客演で来てくれへんかなぁ・・・。