パガニーニ」タグアーカイブ

京都市交響楽団 第580回定期演奏会(指揮:ジェームズ・ジャッド)

今回の客演指揮者はジェームズ・ジャッドさん。1949年10月30日生まれ、イングランドのハートフォードシャー州のご出身。1999年から2007年にかけてニュージーランド交響楽団[http://www.nzso.co.nz/]の音楽監督を務め、ナクソス・レーベルでの多数のレコーディングを通じて世界に名を知らしめる精力的な活動を行ってきたことは存じられていることかと思います。ナクソスでの録音はエルガーやヴォーン=ウィリアムズなどの英国音楽などの他、ダグラス・リルバーンやライル・クレスウェルといったニュージーランドの作曲家の作品も採り上げていますね。

さて、母国イングランド代表の試合があるというので早起きしてTV観戦してたのに・・・と型通りの挨拶の後にジョークのつもりかボヤキなのかわからない言い様でワールドカップの話題に触れたマエストロ(イングランド相手に2ゴールあげたのがよりによってプレミアリーグ得点王でリヴァプール所属のルイス・スアレスでしたから愚痴りたくもなるか・苦笑)、その後に行われた日本の試合も見てくださったそうですが、せっかくなのにすいませんでした・・・あんなしょーもない戦いぶりでギリシャ相手にスコアレスドローでしたし。

閑話休題。

プレトークではモーツァルトとエルガーについてのお話。残された写真からも典型的英国紳士としてイメージされがちなエルガーにもマーラーのような情熱的な部分もあって複雑な性格の持ち主だったこと、京響がエルガーの音楽にある繊細さをよく理解していて、その繊細さを共有できて嬉しいみたいなことを仰ってました。話しぶりからして気さくで気配り上手な紳士という印象、いわゆる‘英国紳士’とは違うけど。

 

京都市交響楽団 第580回定期演奏会
2014年6月20日(金)19時開演@京都コンサートホール

◆W.A.モーツァルト 交響曲第31番ニ長調 K.297(300a) 『パリ』
◆N.パガニーニ ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 Op.6
 (ソリスト・アンコール)
 ◇J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV1004〜第3楽章:サラバンド
 ◇E−A.イザイ 無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調 Op.27-2〜第1楽章:妄執(Obsession)
(休憩)
◆E.エルガー 独創主題による変奏曲『エニグマ』 Op.36

指揮:ジェームズ・ジャッド
ヴァイオリン:クリストフ・バラーティ
コンサートマスター:泉原隆志

 

終わってみれば、一にも二にもエニグマ変奏曲がダントツで素晴らしかったこと。京響から「これぞエルガー・サウンド」という音彩が出てきたのは7年前のエルガー・イヤー(生誕150周年)の秋に大友さんが1番と2番のシンフォニーをそれぞれメインで採り上げて以来、実に久しぶり。しかもスケールアップして帰って来たって感じ。鳴らすところは目一杯響かせてるんだけど格調の高さを損なうことが少しもなく、各ヴァリエーションをそれぞれ特徴を引き出しつつも途切れさせることなく上手く繋げているので、音楽全体が起伏に富みつつも川の流れの如く自然な印象を与えていて、とても好感が持てる演奏でした。プレトークで独自のエルガー観を熱心に語っていただけはありましたね。

それだけに、前半のコンチェルトもパガニーニでなくエルガーで聴きたかったというのが結果からの逆算で痛感させられました。ソリストがパガニーニの演奏で売り出した人のようなのでプロモーションの都合でこの選曲になったのでしょうけど、パガニーニ好きのファンには申し訳ないですが、私にとって彼の作品は何度聴いても‘ツマンナイ’の棚に分類されるものでしかないし、ジャッドさんの指揮もここでは裏方に徹してるという程度でしかなく、バラーティは確かに技巧の高い人ではあったけど、温度差の違いは微妙にあったかな?という印象でした。アンコールで弾いたバッハとイザイが良かっただけに、年齢が20歳ソコソコならいざ知らず30代半ばなのだから、コンチェルトの選曲も今までの彼のキャリアとは毛並みの違うものに挑戦してもよかったように思いました。今日のプログラムでならエルガーが最適ですが(ただしエルガーのヴァイオリン協奏曲は時間が長いので前半はこれ1曲ってことになりそうですが)、他にもヴァイオリン協奏曲を書いているイギリスの作曲家はいますし、アイルランドの民族音楽があちこちに散りばめられているアーネスト・ジョン・モーランのヴァイオリン協奏曲も日本ではほとんど知られていませんが穏やかな美しさの光る音楽でユニークなチョイスかもしれません。ただしバカテクを披露するのには向いてないですけど(苦笑)。

前半最初のモーツァルトはごくごくオーソドックスというか、英国系の指揮者が振ったらだいたいこんな感じになるよね?っていうところでしたが、オペラで『ドン・ジョヴァンニ』や『フィガロの結婚』をレパートリーにしてることもあってか、決して単調にならなかったあたりはさすがでした。

ともあれ、今回の定期はあのエニグマ変奏曲を聴けただけで元が充分すぎるほど取れました。広上体制になってから定期で英国モノをしっかりやる頻度が少なくなってしまった一面があるので、エニグマ変奏曲で京響からあのサウンドを引き出してくれたジャッドさんには再客演をぜひとも願いたいですね。

 


 

追伸:どうやら完売連続記録は途絶えてしまったみたいですが、平日の夜の公演で残りあとわずかのところまでは売れたのだから気にするほどでもないでしょうし、記録はどのみち来月で途切れそうだから諦めつくっしょ?w (次回7月18日は大阪のフェスでの大フィル定期、ザ・シンフォニーでの関フィル定期と同じ日でバッティングするので)