京都市交響楽団が2020年度の定期演奏会ラインナップと新体制を発表

サー・サイモン・ラトルが若い頃に首席指揮者として徹底的にアンサンブル能力を鍛え上げて世界的に有名になり、また2018/19シーズンから山田和樹さんが首席客演指揮者に就任したことで日本にとっても身近になった英国のメジャーオケの1つ、バーミンガム市交響楽団は City of Birmingham Symphony Orchestra, 略称CBSO・・・なのですが、そうした欧州での名付けに倣うようにしたのかどうか、我らが京都市交響楽団は2020年4月から英語表記を

“City of Kyoto Symphony Orchestra”


に変えて、下記のような新体制で臨むそうです。

第13代常任指揮者兼芸術顧問:広上淳一
首席客演指揮者:ジョン・アクセルロッド
特別名誉友情コンサートマスター:豊嶋泰嗣
特別客演コンサートマスター:石田泰尚、会田莉凡
特別首席チェロ奏者:山本裕康

(※内容を順次、追加更新します)

京響の公式リリースPDF版はこちらをクリック


◆第644回定期
2020年4月24日(金)19:00
指揮:大友直人
◇ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op.26
〔Vn 荒井里桜〕
◇エルガー:交響曲第2番 変ホ長調 Op.63

◆◆第645回定期◆◆
2020年5月16日(土)14:30
2020年5月17日(日)14:30
指揮:クリスティアン・アルミンク
◇モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527〜序曲
◇モーツァルト:ピアノ協奏曲第10番(2台のピアノのための協奏曲) 変ホ長調 K.365(316a)
〔Pf フェルハン・エンダー&フェルザン・エンダー〕
◇チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 Op.64

◆第646回定期
2020年6月26日(金)19:00
指揮:広上淳一
◇ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 WAB 108[ハース版]

◆◆第647回定期◆◆
2020年7月25日(土)14:30
2020年7月26日(日)14:30
指揮:パスカル・ロフェ
◇ラヴェル:スペイン狂詩曲
◇ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調
〔Pf ロジェ・ムラロ〕
◇デュティユー:メタボール
◇ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲

◆第648回定期
2020年8月29日(土)14:30
指揮:阪 哲朗
◇廣瀬量平:祝典序曲
◇モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調 K.425『リンツ』
◇リヒャルト・シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』Op.28
◇リヒャルト・シュトラウス:歌劇『ばらの騎士』 Op.59〜 ※選曲

◆◆第649回定期◆◆
2020年9月12日(土)14:30
2020年9月13日(日)14:30
指揮:ジョン・アクセルロッド
◇マーラー:交響曲第2番 ハ短調
〔S テオドラ・ゲオルギュー、 Ms ウォリス・ジュンタ、 cho 京響コーラス〕

◆第650回定期
2020年10月9日(金)19:00
指揮:ゲルゲイ・マダラシュ沼尻竜典
◇リスト:ハンガリー狂詩曲第2番 ニ短調 S.359/2
◇コダーイ:ガランタ舞曲
◇モーツァルト:オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットと管弦楽のための協奏交響曲 変ホ長調 K.297b
◇ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調『英雄』 Op.55

◆◆第651回定期◆◆
2020年11月28日(土)14:30
2020年11月29日(日)14:30
指揮:サッシャ・ゲッツェル
◇グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
〔Pf アレクセイ・ヴォロディン〕
◇リヒャルト・シュトラウス:アルプス交響曲 Op.64

◆◆第652回定期◆◆
2021年1月23日(土)14:30
2021年1月24日(日)14:30
指揮:アレクサンドル・スラドコフスキー
◇チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』
◇チャイコフスキー:祝典序曲『1812年』 変ホ長調 Op.49
◇ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 Op.47

◆第653回定期
2021年2月19日(金)19:00
指揮:小泉和裕
◇ワーグナー:歌劇『リエンツィ』〜序曲
◇グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op.82
〔Vn クララ=ジュミ・カン〕
◇ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68

◆◆第654回定期◆◆
2021年3月27日(土)14:30
2021年3月28日(日)14:30
指揮:広上淳一
◇エルガー:ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 Op.61
〔Vn ダニエル・ホープ〕
◇ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ短調 Op.70, B.141

◆◆第九コンサート◆◆
2020年12月27日(土)18:00
2020年12月28日(日)14:30
指揮:広上淳一
◇シベリウス:組曲『恋人』 Op.14
◇ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125
〔S 砂川涼子、Ms 谷口睦美、T ジョン・健・ヌッツォ、Br 甲斐栄次郎、cho 京響コーラス〕

◆ニューイヤー・コンサート
2021年1月10日(日)14:30
指揮:井上道義
◇伊福部昭:管絃楽のための『日本組曲』〜第4曲「佞武多(ねぶた)」
◇伊福部昭:二十絃箏協奏曲『二十絃箏とオーケストラのための交響的エグログ』
〔箏 LEO(今野玲央)〕
◇池辺晋一郎:井上道義委嘱作品[※世界初演]
◇武満徹:3つの映画音楽〜第3曲 – 映画『他人の顔』よりワルツ
◇ドリーブ:バレエ『コッペリア』〜ワルツ
◇ハチャトゥリアン:組曲『仮面舞踏会』〜第1曲「ワルツ」
◇チャイコフスキー:バレエ『眠れる森の美女』 Op.66〜村人の大ワルツ

[※以上、場所はすべて 京都コンサートホール・大ホール です]

※※追記:COVID-19感染拡大防止のため、第644回・第645回・第646回定期は開催中止、第647回・第648回・第649回は内容を変更して部分的開催。第650回は指揮者を変更しプログラム前半の曲目を差替。



ヘッセン放送協会のおかげで正月を有意義に過ごせました・・・YouTubeにあるhr交響楽団のライヴ動画

ドイツにはドイツ公共放送連盟(ARD: Arbeitsgemeinschaft der öffentlich-rechtlichen Rundfunkanstalten der Bundesrepublik Deutschland)というのがドイツ国内に9つある地方公共放送団体を統括していて、ナチスの悪妙なメディア世論操作への反省から連邦政府が放送に介入できない一方で、放送行政はドイツ各州の所管というシステムになっているそうです。

そして、9つの地方公共放送団体がそれぞれにオーケストラを設立して運営しているのですが、有名どころですとバイエルン放送交響楽団、ベルリン放送交響楽団、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧称:ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)等々。ただし昨今の財政難から放送局所属のオーケストラも統廃合が起きてしまってるのは、さしものクラシック大国ドイツでもいろいろと大変なんだなぁ・・・と。

で、“hr交響楽団(hr-Sinfonieorchester)”[https://www.hr-sinfonieorchester.de/]。フランクフルトに本部を置くヘッセン放送協会(hr: Hessischer Rundfunk)所属のオーケストラで、2005年に今の名前に改称される前はフランクフルト放送交響楽団と称していて、前世紀末に日本のDENONレーベルによる優れた録音で当時の首席指揮者エリアフ・インバルとマーラーの交響曲全集をリリースしていたのは、往年のファンの知るところですね。ただ名前がhr交響楽団ではドイツ国外の人から見たら???となりそうだからなのか、2015年から国際公式名をFrankfurt Radio Symphony(日本語では昔と同じフランクフルト放送交響楽団ですが、旧称のドイツ語はRadio Sinfonieorchester Frankfurt、英語でFrankfurt Radio Symphony Orchestra)にしているようです。首席指揮者は2006–2013年のパーヴォ・ヤルヴィ(現名誉指揮者)の跡を引き継いで、2014年より1977年コロンビア生まれのアンドレス・オロスコ=エストラーダが務めています。ヒューストン交響楽団の音楽監督と兼任ですが、PentaToneレーベルからヒューストン響とのコンビでドヴォルザークの交響曲6・7・8・9番やハイドンの『天地創造』など、hr交響楽団とはリヒャルト・シュトラウスのアルプス交響曲や『英雄の生涯』、歌劇『サロメ』などを全てハイブリッドSACDでリリースしていて、どれも一定の高評価を得られているようです。

それにしても、公共放送だから定期演奏会を毎回TVカメラ撮りしているのは当然にしても、惜しげもなくYouTubeに公式チャンネル作ってアップロードしているのは凄い太っ腹ですね。どこぞの低レベルな犬HKとは大違いwww 直近のアップが2週間以上前の12月14日に催された演奏会で、プログラムが
・シューベルト:ヴァイオリンと弦楽のためのロンド
・イェルク・ヴィトマン:ヴァイオリン協奏曲第2番(※サントリーホールからの委託作、2018年8月31日に世界初演)
・シューベルト:交響曲ハ長調『ザ・グレイト』
なのですが、開演始めから見ることができます。まず楽団員が一斉に出てきて観客が拍手で迎えるのは今の京響定期のスタイルと同じだなぁ〜とか(欧州でのこういう習慣を京響も今シーズンからやってみたとかかしら?)、イェルク・ヴィトマンの新作コンチェルトはサントリーホールでの世界初演の際には作曲者自身の指揮でオケが東京都交響楽団、ソリストが妹のカロリン・ヴィトマンだったけど、ドイツでの初演にあたるhr交響楽団とのこの演奏会にもカロリン・ヴィトマンが客演してます。

他にもいろいろと数多くありますし、なによりタダで観れるので、興味のある方はぜひどうぞ。
↓↓
hr-Sinfonieorchester – Frankfurt Radio Symphony 【YouTube公式チャンネル】
https://www.youtube.com/user/hrSinfonieorchester

ちなみに欧州の経済都市フランクフルトにはフル編成のオケが2つあって、1つはこのhr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)、もう1つはフランクフルト・ムゼウム管弦楽団(フランクフルト歌劇場管弦楽団)で、こちらはフランクフルト歌劇場GMDを10年以上務めてるセバスティアン・ヴァイグレがシェフです。200年以上の歴史を持つフランクフルト歌劇場、レコードとかCDとかに名前を見ることがとても少ないので、日本ではあまり馴染みがないと思うのですが、ヴァイグレが音楽総監督に就いてからドイツのOpernwelt誌[http://www.opernwelt.de/]が毎年選出する年間最優秀オペラ座に昨シーズンと2014/2015シーズンの2回選ばれてることもあり、その実力はオペラファンでは知る人ぞ知る、みたいな感じでしょうか。

それはさておき、この正月3が日で視聴したのをツイートしてみたので、ここにも貼っておきます。ヘッセン放送協会に感謝を!w

 


プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、ホルスト:組曲『惑星』、ヴァスクス:交響曲第2番・第3番…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

 

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、他/[Vn]ヴァディム・グルズマン、ネーメ・ヤルヴィ&エストニア国立響【BIS】[Hybrid SACD]

セルゲイ・プロコフィエフ
・ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 Op.19
・ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 Op.63
・無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 Op.115

ヴァイオリン:ヴァディム・グルズマン
指揮:ネーメ・ヤルヴィ
管弦楽:エストニア国立交響楽団

録音時期:2015年7月、2014年5月[協奏曲第2番]
録音場所:エストニア、タリン、エストニア・コンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/BIS-2142

Bis2142

 


 

 

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、他/[Vn]アラベラ・美歩・シュタインバッハー、ヴァシリー・ペトレンコ&ロシア・ナショナル管【PentaTone】[Hybrid SACD]

セルゲイ・プロコフィエフ
・ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 Op.19
・ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 Op.63
・無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 Op.115

ヴァイオリン:アラベラ・美歩・シュタインバッハー
指揮:ヴァシリー・ペトレンコ
管弦楽:ロシア・ナショナル管弦楽団

録音時期:2012年1月(協奏曲)、5月(無伴奏ソナタ)
録音場所:モスクワ音楽院・大ホール(協奏曲);オランダ、ファルテルモント、コンセルトボルデライ

http://ml.naxos.jp/album/PTC5186395

Ptc5186395

 


 

 

ホルスト:管弦楽作品集 2/アンドリュー・デイヴィス&BBCフィル【Chandos】[Hybrid SACD]

グスターヴ・ホルスト
・東洋組曲『ベニ・モラ』 Op.29-1
・日本組曲 Op.33
・組曲『惑星』 Op.32

指揮:アンドリュー・デイヴィス
管弦楽:BBCフィルハーモニー管弦楽団
合唱:マンチェスター室内合唱団[惑星]

録音時期:2010年6月24-25日
録音場所:マンチェスター、ザ・ブリッジウォーター・ホール

http://ml.naxos.jp/album/CHSA5086

Chsa5086

 


 

 

リヒャルト・シュトラウス;交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』、ホルスト:組曲『惑星』
 /エドワード・ガードナー&イギリス・ナショナル・ユース・オーケストラ
【Chandos】[Hybrid SACD]

リヒャルト・シュトラウス
・交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』Op.30, TrV 176
グスターヴ・ホルスト
・組曲『惑星』 Op.32, H 125

指揮:エドワード・ガードナー
管弦楽:イギリス・ナショナル・ユース・オーケストラ
合唱:バーミンガム市交響楽団ユース合唱団

録音時期:2016年8月8-9日
録音場所:バーミンガム、シンフォニー・ホール

http://ml.naxos.jp/album/CHSA5179

Chsa5179

 


 

 

ヴァスクス:主をほめ讃えよ、祈り、他/シグヴァルズ・クリャーヴァ指揮ラトヴィア放送合唱団、他【Ondine】

ペーテリス・ヴァスクス
・主よ、平和を与えたまえ
・わが主よ、わが神よ
・主をほめ讃えよ
・祈り
・沈黙の果実

指揮:シグヴァルズ・クリャーヴァ
管弦楽:シンフォニエッタ・リーガ
合唱:ラトヴィア放送合唱団
オルガン:イルゼ・レイネ[祈り]

録音時期:2017年
録音場所:ラトヴィア、リーガ、聖ヨハネ教会

http://ml.naxos.jp/album/ODE1302-2

Ode13022

 


 

 

ヴァスクス:ミサ曲、他/シグヴァルズ・クリャーヴァ&シンフォニエッタ・リーガ、ラトヴィア放送合唱団【Ondine】

ペーテリス・ヴァスクス
・天にましますわれらの父よ
・ドナ・ノビス・パーチェム
・ミサ曲

指揮:シグヴァルズ・クリャーヴァ
管弦楽:シンフォニエッタ・リーガ
合唱:ラトヴィア放送合唱団

録音時期:2007年1月
録音場所:ラトヴィア、リーガ、聖ヨハネ教会

http://ml.naxos.jp/album/ODE1106-2

Ode11062

 


 

 

ヴァスクス:交響曲第2番、他/ヨーン・ストゥールゴールズ&タンペレ・フィル、他【Ondine】

ペーテリス・ヴァスクス
・交響曲第2番
・ヴァイオリン協奏曲『遠き光』

指揮:ヨーン・ストゥールゴールズ、ユハ・カンガス[『遠き光』]
管弦楽:タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団、オストロボスニア室内管弦楽団[『遠き光』]
ヴァイオリン:ヨーン・ストゥールゴールズ[『遠き光』]

録音時期:2002年4月、5月(交響曲第2番)
録音場所:フィンランド、ザ・タンペレ・ホール(交響曲第2番)、カウスティネン民俗芸術センター

http://ml.naxos.jp/album/ODE1005-2

Ode10052

 


 

 

ヴァスクス:交響曲第3番、他/ヨーン・ストゥールゴールズ&タンペレ・フィル、他【Ondine】[Hybrid SACD]

ペーテリス・ヴァスクス
・交響曲第3番
・チェロ協奏曲

指揮:ヨーン・ストゥールゴールズ
管弦楽:タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団
チェロ:マルコ・ユロネン

録音時期:2006年3月
録音場所:フィンランド、ザ・タンペレ・ホール

http://ml.naxos.jp/album/ODE1086-5

Ode10865

 


 

 

ヴァスクス:弦楽四重奏曲第2番・第5番/スピーツェル弦楽四重奏団【WERGO】

ペーテリス・ヴァスクス
・弦楽四重奏曲 第5番
・弦楽四重奏曲 第2番『夏の歌』

弦楽四重奏:スピーツェル弦楽四重奏団
 (※シンフォニエッタ・リーガとリエパーヤ交響楽団のメンバーからなるラトヴィアの弦楽四重奏団)

録音時期:2013年8月(第5番)、2014年5月(第2番)
録音場所:ラトヴィア、イェルガヴァ、セサヴァ・ルーテル教会(第5番);レーゼクネ、GORSコンサートホール(第2番)

http://ml.naxos.jp/album/WER7329-2

Wer73292

 


 

 

ヴァスクス:弦楽四重奏曲第1番・第3番・第4番/スピーツェル弦楽四重奏団【WERGO】

ペーテリス・ヴァスクス
・弦楽四重奏曲 第4番
・弦楽四重奏曲 第1番[1997年改訂版]
・弦楽四重奏曲 第3番

弦楽四重奏:スピーツェル弦楽四重奏団

録音時期:2014年7月
録音場所:ラトヴィア、レーゼクネ、GORSコンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/WER7330-2

Wer73302

 

ショルティとカラヤンと小澤征爾と・・・『ツァラトゥストラはかく語りき』を聴きながら

今度の4月の京響定期は600回というキリ番になってて、広上さんはメインにリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』を据えましたが、前に大友さんが500回定期を指揮した時はアルペンシンフォニーだったんだよなぁ〜と、2人ともモーツァルトの『ジュピター』にリヒャルト・シュトラウスでプログラムを組んで、でもチョイスした曲は違うというのが興味深くはあるのですが、それはさておき、今更とは思いつつも『ツァラトゥストラ』でも聴こうとNMLから探したのがこれでした。

リヒャルト・シュトラウス管弦楽選集/ショルティ&ウィーン・フィル、シカゴ響、バイエルン放送響【Decca】

http://ml.naxos.jp/album/00028944061826

51v6ai6g9fl

ボストン交響楽団[https://www.bso.org/]の音楽監督を1973年から29年にわたって務めておられた小澤さんが全米のためとも言えるグラミー賞で初受賞というのは大いに意外感を持ちましたが(ノミネートは過去に何度かあったそうだが)、そのグラミー賞で全てのジャンル通じてダントツの最多受賞記録保持者ゲオルク・ショルティがシカゴ交響楽団を率いていた時期とほぼ重なっていた巡り合わせの悪さは、これはもう運が無かったとしか言いようがないので仕方ないですね。

今や伝説の人物であるトランペット奏者アドルフ・ハーセスらを筆頭とした世界最強のブラスセクションを擁するシカゴ響の黄金期を築き上げたショルティの40とも言われる受賞歴は、あの米国の寵児バーンスタインですら遥かに凌ぐ記録で、これ塗り替えるミュージシャンなんて今後も出てこないでしょうし…ジャズ界の巨匠パット・メセニーですら個人+グループでまだ20弱なわけですから、如何に優れた音楽家だったかを示しているかと思います。ショルティの評価が未だに日本では実力に比して高くないのは、あまりにもったいないですね。

閑話休題

シャルル・ミュンシュの弟子でもあり、そのミュンシュがボストン響に残した遺産を再興して独グラモフォンや蘭フィリップスに数多くの録音を残し、地元にも大人気だった小澤さんですが、グラミー賞を競う相手がショルティ&シカゴ響ではさすがにやや分が悪かったのは否めないでしょう。そして長らくボストン響のシェフを務めた後にウィーン国立歌劇場の音楽監督を引き受けた時期はクラシックのレコード業界自体がすでに衰退の一途に入っており、彼自身の病気療養とも相まって円盤リリースも減少していました。サイトウ・キネンとの『子供と魔法』は実に4年ぶりのリリースで、そのラヴェルのオペラが米国とは接点のないマイナーな作品であることと指揮者・オケ・合唱・演奏場所が米国でなく日本であることなどを考え合わせると、元来は全米の音楽界のためにあるグラミー賞の今回の初受賞は、NARASから小澤さんへのボストンその他での業績に対する、最初で最後の感謝の餞のように思えてなりません。

でもって、その小澤さんにオペラ指揮者への道を開いたのがカラヤンというのは知る人ぞ知る話で。前世紀なんて特にそうでしょうけど、米国ならいざ知らず欧州ではコレペティトゥアから始めて一歩ずつオペラ劇場での経験を積んでキャリアを築いていくというのが指揮者の出世のメインストリームですが、自分が目をつけた若造がオペラの経験が皆無なことを知って、口酸っぱく「シンフォニーとオペラは音楽という車の両輪だ」とやらせてたらしいですね。公開のTV対談でもオペラやれって説教してたのには笑えましたが(下の映像は1981年のもので小澤さんもいい歳になってきた頃なのにねwww)。

もちろん口で言うだけでなく、カラヤンが1968年のザルツブルグ音楽祭で振った『ドン・ジョヴァンニ』のアシスタントさせるのを手始めに勉強や仕事の機会を積極的に回していたようで、そんな(良い意味でカラヤンのことを見直しましたけど)おせっかい焼きの師匠がいたからこその繋がりで、メシアンの晩年の大作オペラ『アッシジの聖フランチェスコ』の世界初演(1983年11月28日、パリ・オペラ座)を任される名誉を賜り、ウィーン国立歌劇場でイオアン・ホーレンダー総支配人の下で音楽監督を何年も務めたり、毀誉褒貶はあるにしろオペラのキャリアを重ねて指揮者として一層大きく羽ばたくことができたのは何より帝王カラヤンのおかげ。バーンスタイン門下というだけならせいぜいコンサート指揮者ということで名前を売って終わり、ウィーンやミラノでの大仕事とか絶対に不可能なことですよね。

本人がじゃんじゃんレコード録音しまくってただけでなく、佐渡裕や大植英次など日本人の門下生が何人もいて吹聴して回ってるからか、日本ではカラヤンのライバルとしてショルティとともにバーンスタインの名前が大きく採り上げられてるようですけど、実際のところはオペラ知らずのバーンスタインは作曲家としてはともかく指揮者としては片手落ちもいいところでしょうし、客観的に経験値の高さやレパートリーの広さを考慮したらカラヤンとショルティの二大正横綱で20世紀後半の一時代を担ったと言うべきでしょう。

1989年のザルツブルク音楽祭でプレミエとなるヴェルディ『仮面舞踏会』のリハーサル期間中に急逝したカラヤンの代役を引き受けたのは自身の夏期休暇を返上して駆けつけたショルティだったそうですが、この音楽祭とリヒャルト・シュトラウス繋がりでのエピソードに、カラヤンは晩年にザルツブルク音楽祭で『影のない女』の再演をプランしていたけれど、自分の健康状態に万が一のことを考慮して生前中に後事をショルティに託していたとかで、ショルティがカラヤンとの約束を守って実現したのが1992年のゲッツ・フリードリッヒ演出によるザルツブルク音楽祭上演というのがあります。同時代を生き抜き、互いの実力を認めていたからこそのリヒャルト・シュトラウス大作上演ですね。
71g3cvvusgl_sl1024_

Maxresdefault
Karajanbeeth28
29_1101_01