YouTubeでロッシーニ

春先から欧州が軒並みロックダウン中で、活動を停止されたオーケストラやオペラハウスが、お詫びとばかりに過去公演のお蔵出しをしてきているのだけど、おかげでロッシーニのオペラにどハマリ中。

 

まずはコレ、ロッシーニの代表作、『セビリアの理髪師』。20年近く前の、ネッロ・サンティがチューリッヒ歌劇場に客演した時のライヴ。ロジーナ役のヴェッセリーナ・カサロヴァを筆頭に、皆さん歌と演技がもうキレッキレ。随所に出てくる、いわゆる“ロッシーニ・クレッシェンド”も巨匠サンティのタクトが冴え渡ってて、とにかく笑ったり感嘆したりなオペラ・ブッファ(今風にいうとドタバタコメディ)。2007年9月に初来日した際には、当時のGMDフランツ・ウェルザー=メストが指揮した『ばらの騎士』を東京まで観に行ったのだけど、同じ日に美智子様が第2幕から観賞にいらしてた偶然も、当日の公演が素晴らしかったことと併せて、私にとっては良い想い出。

 

ロッシーニのイタリア時代最後のオペラ『セミラーミデ』。2017/18シーズンのヴェネツィア・フェニーチェ劇場での上演。ちなみに『セミラーミデ』の世界初演を行ったのがこのフェニーチェ劇場。
ウィーンでベートーヴェンと面会した際に
「君はオペラ・ブッファを書いたほうがいいよ。」
と言われたらしく、
「オッサン声楽モノはてんで駄目なくせにエラソーなこと言うなやボケ!」
とばかりに?発奮して書き上げたオペラ・セリアで、ネタ元は古代ギリシャの伝説に出てくるアッシリアの女王セミラミス。
『セミラーミデ』の映像Blu-ray+DVDは今のところ1つしかリリースされてないので、世界初演した縁のあるフェニーチェ劇場での、このライヴ収録も近い将来Blu-rayでどこかのレーベルがリリースしてほしい。

 

4月7日から3ヶ月限定で公開されているロッシーに最後のオペラ作品、グランドオペラ『ウィリアム・テル』。序曲だけが有名になっちゃってる作品だけど、あの序曲の後に壮大なストーリーがたっぷりと続いてるなんて・・・やっぱりオペラは観てなんぼのジャンルなんだなぁ〜と。
ハプスブルク家から任命されて来た悪代官による、ある些細なことがきっかけの策謀に嵌ってしまい、一人息子の頭上に置かれたリンゴの実をクロスボウで射抜くよう命じられたんだが見事に成功、その後の状況が二転三転するな中で倍返しのリベンジをやってのけたテルの伝説に、スイスの建国の由来とをミックスされて書かれたフリードリヒ・フォン・シラー(=ベートーヴェン第九の歌詞を書いた人)の戯曲『ヴィルヘルム・テル』を下敷きに、フランス語への翻訳とオペラオリジナル設定の微調整も入れて作曲。
パリでの世界初演は大成功で当地では長くレパートリーになってたらしいですが、ロッシーニの故郷イタリアではハプスブルク家による干渉がまだまだ強くて、しかもロッシーニは既に隠遁生活に入っていたので、仏語→伊語への改訳はカットありの内容改竄ありのでグデングデンの状況となってたようです。20世紀も終わりになってようやく事態が改善し、ロッシーニ財団の下でM.エリザベス・C.バートレット編「Fondazione Rossine di Pesaro」の Critical Edition(批判校訂版)が1992年に刊行され、以後これが決定稿として定着していくこととなりました。

YouTubeの OperaVisionチャンネルで期間限定公開されているのは、2013年のロッシーニ・オペラ・フェスティヴァルで上演された演奏のライヴ収録で、Blu-rayとDVDで早くからリリースされているものです。日本語字幕が入ってないのが唯一の難点ですが、アルノール役を務めたテノール歌手ファン・ディエゴ・フローレスの明るく伸びのあるハイトーンを筆頭にメインキャストのみなさんがそれぞれ熱唱と迫真の演技を披露、ノリノリの合唱団の人たちや、ミケーレ・マリオッティの的確なタクトで舞台を支えるボローニャ歌劇場管弦楽団の熱演など、見どころ・聴きどころ満載ですので、ぜひ円盤を購入して観てほしいなと願ってます。
B00TQE9SHC

バルトーク:管弦楽のための協奏曲、カレヴィ・アホ:サクソフォン協奏曲、ロッシーニ:弦楽のためのソナタ集、マーラー:交響曲第1番、シューマン:交響曲全集…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

 

バルトーク:管弦楽のための協奏曲、他/エドワード・ガードナー&ベルゲン・フィル、他【Chandos】[Hybrid SACD]

バルトーク・ベーラ
・管弦楽のための協奏曲 BB 123
・ラプソディ第1番〜ヴァイオリンと管弦楽のための BB 94b
・ラプソディ第2番〜ヴァイオリンと管弦楽のための BB 96b[1944年版]
・舞踊組曲 BB 86a

指揮:エドワード・ガードナー
管弦楽:ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
ヴァイオリン:ジェイムズ・エーネス(ラプソディ第1番・第2番)

録音時期:2016年6月13-14日(管弦楽のための協奏曲)、2017年6月19-21日
録音場所:ノルウェー、ベルゲン、グリーグハールン

http://ml.naxos.jp/album/CHSA5189

Chsa5189

 


 

 

カレヴィ・アホ:サクソフォン協奏曲、他/[ソプラノサックス]アンデシュ・パウルソン、他【BIS】[Hybrid SACD]

カレヴィ・アホ
・サクソフォン協奏曲
・オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンとピアノのための五重奏曲
・ソロⅠ〜ヴァイオリンのための

ソプラノ・サクソフォン:アンデシュ・パウルソン
指揮:ヨーン・ストゥールゴールズ
管弦楽:ラップランド室内管弦楽団
オーボエ:マルック・モイラネン(五重奏曲)
クラリネット:ペッカ・ニスカネン(五重奏曲)
ファゴット:アンタル・モイゼル(五重奏曲)
ホルン:イルッカ・ププッティ(五重奏曲)
ピアノ:ヴァイノ・ヤルカネン(五重奏曲)
ヴァイオリン:ヤーッコ・クーシスト(ソロⅠ)

録音時期:2015年11月、2017年4月(ソロⅠ)
録音場所:フィンランド、ロヴァニエミ、コルンディ・クルットゥーリタロ;ラハティ、カレヴィ・アホ・サーリ(ソロⅠ)

http://ml.naxos.jp/album/BIS-2216

Bis2216

 


 

 

シューマン:ピアノ四重奏曲、ブラームス:ピアノ五重奏曲/[Pf]エフゲニー・スドビン、[Vn]ラチャ・アヴァネシヤン、他【BIS】[Hybrid SACD]

ロベルト・シューマン
・ピアノ四重奏曲 変ホ長調 Op.47
ヨハネス・ブラームス
・ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op.34

ピアノ:エフゲニー・スドビン
ヴァイオリン:ラチャ・アヴァネシヤン
ヴィオラ:ディームート・ポッペン
チェロ:アレクサンダー・チャウシャン
ヴァイオリン:ボリス・ブロフツィン(ブラームス:ピアノ五重奏曲)

録音時期:2016年5月
録音場所:キプロス、ニコシア、ザ・シュー・ファクトリー

http://ml.naxos.jp/album/BIS-2258

Bis2258

 


 

 

ロッシーニ:弦楽のためのソナタ集、他/ミンナ・ペンソラ[Vn]、ニーク・デ・フロート[Cb]、他【BIS】[Hybrid SACD]

ジョアキーノ・ロッシーニ
・弦楽のためのソナタ 第1番 ト長調
フランツ・アントン・ホフマイスター
・独奏四重奏曲 第1番 ニ長調
ジョアキーノ・ロッシーニ
・弦楽のためのソナタ 第2番 イ長調
フランツ・アントン・ホフマイスター
・独奏四重奏曲 第2番 ニ長調
ジョアキーノ・ロッシーニ
・弦楽のためのソナタ 第3番 ハ長調

ヴァイオリン:ミンナ・ペンソラ
第2ヴァイオリン:アンッティ・ティッカネン(ロッシーニ)
ヴィオラ:アンッティ・ティッカネン(ホフマイスター)
チェロ:トゥオマス・レヘト
コントラバス:ニーク・デ・フロート

録音時期:2017年1-2月
録音場所:フィンランド、ピエタルサーリ、シャウマン・サーリ

http://ml.naxos.jp/album/BIS-2317

Bis2317

 


 

 

マーラー:交響曲第1番/アダム・フィッシャー&デュッセルドルフ交響楽団【CAvi-music】

グスタフ・マーラー
・交響曲第1番 ニ長調

指揮:アダム・フィッシャー
管弦楽:デュッセルドルフ交響楽団

録音時期:2017年2月10-12日(ライヴ)
録音場所:デュッセルドルフ、トーンハレ

http://ml.naxos.jp/album/CAvi8553653D

Cavi8553653d

 


 

 

ニールセン:交響曲第3番・第4番/トーマス・ダウスゴー指揮シアトル交響楽団、他【Seattle Symphony Media】

カール・ニールセン
・交響曲第3番 ニ短調『広がりの交響曲』 Op.27, FS.60
・交響曲第4番『滅ぼし得ざるもの(不滅)』 Op.29, FS 76

指揮:トーマス・ダウスゴー
管弦楽:シアトル交響楽団
ソプラノ:エステリ・ゴメス
バリトン:ジョン・テイラー・ウォード

録音時期:2017年6月8-10日(第3番)、2015年11月12・14日(第4番)
録音場所:ワシントン州シアトル、S.マーク・テイパー財団講堂ベナロヤ・ホール

http://ml.naxos.jp/album/SSM1017

Ssm1017

 


 

 

シューマン:交響曲全集/マイケル・ティルソン=トーマス&サンフランシスコ交響楽団【SFS Media】[Hybrid SACD](2枚組)

ロベルト・シューマン
・交響曲第1番 変ロ長調 『春』 Op.38
・交響曲第2番 ハ長調 Op.61
・交響曲第3番 変ホ長調 『ライン』 Op.97
・交響曲第4番 ニ短調 Op.120 [1851年改訂版]

指揮:マイケル・ティルソン=トーマス
管弦楽:サンフランシスコ交響楽団

録音時期:2015年11月13-15日(第3番)、19-22日(第1番)、2016年3月30日-4月2日(第2番)、5月19-22日(第4番)
録音場所:サンフランシスコ戦争記念舞台芸術センター、デイヴィス・シンフォニーホール(ライヴ)

http://ml.naxos.jp/album/82193600712

82193600712

 

ロッシーニさんってば閏年の生まれだったのね・・・Googleのホリデーロゴがロッシーニ生誕220周年と閏年を記念したものに

日付変わって2月29日になって、このロゴ↓見るまでは私も知りませんでした。
Rossini12hp

そんなわけでNMLに何かないかと探してみましたが、グラモフォンやデッカあたりと比べるとやっぱり層が薄いなぁ・・・(苦笑)。例えば序曲集でもグラモフォンならアバド、デッカはシャイーやデュトワとかありますし(しかもリメイクで国内盤でも値段が安いんだよね)。

なので、名盤の誉れ高いヒコックス&シティ・オブ・ロンドン・シンフォニアの『スターバト・マーテル』はともかく、他の2枚のCDは物珍しさ半分で選んでみました(私は音だけでオペラを聴くのが不得手で歌劇のジャンルから選ぶ識見がありませんし)。NMLに登録してたら聴いてみてもいいかな、程度で。

 


 

ロッシーニ:歌劇序曲集/ルードゥナー&タスマニア響【ABC Classics】

ジョアッキーノ・ロッシーニ
・歌劇『泥棒かささぎ』序曲
・歌劇『セヴィリャの理髪師』序曲
・歌劇『絹のはしご』序曲
・歌劇『エドゥアルドとクリスティーナ』序曲
・歌劇『アルジェリアのイタリア女』序曲
・歌劇『セミラーミデ』序曲
・歌劇『タンクレディ』序曲
・歌劇『湖上の美人』序曲
・歌劇『ウィリアム・テル』序曲

指揮:オーラ・ルードゥナー
管弦楽:タスマニア交響楽団

51rnle2eel_sl500_aa300_

http://ml.naxos.jp/album/ABC476259-9

『ランスへの旅』とか『チェネレントラ』などは入ってませんが『湖上の美人』などが入ってたりする、選曲としてはちょっと変わってるかもしれません。というか、タスマニアのオケなんてこれで初めて聴きましたよ。指揮者のオーラ・ルードゥナーはウィーン響などでコンマス経験のある指揮者だそうですが(つーか先日の年末年始に来日してたそうですね)、その彼のタクトの下でノリのよい聴きやすい演奏でした。

ちなみに、ABC Classics[http://www.abc.net.au/classic/] はオーストラリア放送協会(ABC)によるレーベルだそうです。

 


 

ロッシーニ:弦楽ソナタ全集/レモン・デサン&アマーティ・アンサンブル【Analekta】

ジョアッキーノ・ロッシーニ
・弦楽のためのソナタ 第1番ト長調
・弦楽のためのソナタ 第2番イ長調
・弦楽のためのソナタ 第3番ハ長調
・弦楽のためのソナタ 第4番変ロ長調
・弦楽のためのソナタ 第5番変ホ長調
・弦楽のためのソナタ 第6番ニ長調

指揮:レモン・デサン
演奏:アマーティ・アンサンブル

51rzynexs4l_sl500_aa300_

http://ml.naxos.jp/album/FL23039

弦楽のためのソナタは6曲とも1804年の作曲のようなので・・・ということは14歳っすか。才能のある人はやっぱり違うものなんですね。試しに聴いてみたら聴きやすかったので採りあげてみた次第です。

Analekta[http://www.analekta.com/] はカナダのレーベル。

 


 

ロッシーニ:スターバト・マーテル
 /リチャード・ヒコックス&シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア【Chandos】

ジョアッキーノ・ロッシーニ
・スターバト・マーテル

ソプラノ:ヘレン・フィールド
メゾ・ソプラノ:デッラ・ジョーンズ
テノール:アーサー・デイヴィーズ
バス:ロデリック・アール
合唱:ロンドン交響合唱団
指揮:リチャード・ヒコックス
管弦楽:シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア

51ek9fsdfl_sl500_aa300_

http://ml.naxos.jp/album/CHAN8780

2008年11月23日に心臓発作で急逝したリチャード・ヒコックス、指揮者としてこれから更なる円熟をという時期に亡くなられた実力者だったので、彼の死を悼む方は本国の英国のみならず日本でも多かったようですね。

ロッシーニの『スターバト・マーテル』ではヒコックス盤がベストの1つに挙げられることもあるようですが、聴いてみると名盤に挙げられるのも納得の説得力の強い演奏です。オケと合唱がとても素晴らしいですね。幸いにして Chandos[http://www.chandos.net/] に多数の録音を残していらっしゃいましたので、折を見て他のもいろいろ聴いてみようと思います。