ヴォーン=ウィリアムズ」タグアーカイブ

ヘッセン放送協会のおかげで正月を有意義に過ごせました・・・YouTubeにあるhr交響楽団のライヴ動画

ドイツにはドイツ公共放送連盟(ARD: Arbeitsgemeinschaft der öffentlich-rechtlichen Rundfunkanstalten der Bundesrepublik Deutschland)というのがドイツ国内に9つある地方公共放送団体を統括していて、ナチスの悪妙なメディア世論操作への反省から連邦政府が放送に介入できない一方で、放送行政はドイツ各州の所管というシステムになっているそうです。

そして、9つの地方公共放送団体がそれぞれにオーケストラを設立して運営しているのですが、有名どころですとバイエルン放送交響楽団、ベルリン放送交響楽団、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧称:ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)等々。ただし昨今の財政難から放送局所属のオーケストラも統廃合が起きてしまってるのは、さしものクラシック大国ドイツでもいろいろと大変なんだなぁ・・・と。

で、“hr交響楽団(hr-Sinfonieorchester)”[https://www.hr-sinfonieorchester.de/]。フランクフルトに本部を置くヘッセン放送協会(hr: Hessischer Rundfunk)所属のオーケストラで、2005年に今の名前に改称される前はフランクフルト放送交響楽団と称していて、前世紀末に日本のDENONレーベルによる優れた録音で当時の首席指揮者エリアフ・インバルとマーラーの交響曲全集をリリースしていたのは、往年のファンの知るところですね。ただ名前がhr交響楽団ではドイツ国外の人から見たら???となりそうだからなのか、2015年から国際公式名をFrankfurt Radio Symphony(日本語では昔と同じフランクフルト放送交響楽団ですが、旧称のドイツ語はRadio Sinfonieorchester Frankfurt、英語でFrankfurt Radio Symphony Orchestra)にしているようです。首席指揮者は2006–2013年のパーヴォ・ヤルヴィ(現名誉指揮者)の跡を引き継いで、2014年より1977年コロンビア生まれのアンドレス・オロスコ=エストラーダが務めています。ヒューストン交響楽団の音楽監督と兼任ですが、PentaToneレーベルからヒューストン響とのコンビでドヴォルザークの交響曲6・7・8・9番やハイドンの『天地創造』など、hr交響楽団とはリヒャルト・シュトラウスのアルプス交響曲や『英雄の生涯』、歌劇『サロメ』などを全てハイブリッドSACDでリリースしていて、どれも一定の高評価を得られているようです。

それにしても、公共放送だから定期演奏会を毎回TVカメラ撮りしているのは当然にしても、惜しげもなくYouTubeに公式チャンネル作ってアップロードしているのは凄い太っ腹ですね。どこぞの低レベルな犬HKとは大違いwww 直近のアップが2週間以上前の12月14日に催された演奏会で、プログラムが
・シューベルト:ヴァイオリンと弦楽のためのロンド
・イェルク・ヴィトマン:ヴァイオリン協奏曲第2番(※サントリーホールからの委託作、2018年8月31日に世界初演)
・シューベルト:交響曲ハ長調『ザ・グレイト』
なのですが、開演始めから見ることができます。まず楽団員が一斉に出てきて観客が拍手で迎えるのは今の京響定期のスタイルと同じだなぁ〜とか(欧州でのこういう習慣を京響も今シーズンからやってみたとかかしら?)、イェルク・ヴィトマンの新作コンチェルトはサントリーホールでの世界初演の際には作曲者自身の指揮でオケが東京都交響楽団、ソリストが妹のカロリン・ヴィトマンだったけど、ドイツでの初演にあたるhr交響楽団とのこの演奏会にもカロリン・ヴィトマンが客演してます。

他にもいろいろと数多くありますし、なによりタダで観れるので、興味のある方はぜひどうぞ。
↓↓
hr-Sinfonieorchester – Frankfurt Radio Symphony 【YouTube公式チャンネル】
https://www.youtube.com/user/hrSinfonieorchester

ちなみに欧州の経済都市フランクフルトにはフル編成のオケが2つあって、1つはこのhr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)、もう1つはフランクフルト・ムゼウム管弦楽団(フランクフルト歌劇場管弦楽団)で、こちらはフランクフルト歌劇場GMDを10年以上務めてるセバスティアン・ヴァイグレがシェフです。200年以上の歴史を持つフランクフルト歌劇場、レコードとかCDとかに名前を見ることがとても少ないので、日本ではあまり馴染みがないと思うのですが、ヴァイグレが音楽総監督に就いてからドイツのOpernwelt誌[http://www.opernwelt.de/]が毎年選出する年間最優秀オペラ座に昨シーズンと2014/2015シーズンの2回選ばれてることもあり、その実力はオペラファンでは知る人ぞ知る、みたいな感じでしょうか。

それはさておき、この正月3が日で視聴したのをツイートしてみたので、ここにも貼っておきます。ヘッセン放送協会に感謝を!w

 


ダニエルプール:弦楽四重奏曲第5番 – 第7番、コダーイ:管弦楽のための協奏曲・ハンガリー民謡「孔雀は飛んだ」による変奏曲、ドビュッシー:前奏曲集、ヴォーン=ウィリアムズ:海の交響曲・ロンドン交響曲・田園交響曲…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

 

ダニエルプール:弦楽四重奏曲第5番-第7番/デルレイ弦楽四重奏団、ヒラ・プリットマン[S]【NAXOS】

リチャード・ダニエルプール
・弦楽四重奏曲第5番『In Search of La Vita Nuova(新しい人生を求めて)』
・弦楽四重奏曲第6番『Addio(さようなら)』
・弦楽四重奏曲第7番『Psalms of Solace(慰めの詩篇)』

弦楽四重奏:デルレイ弦楽四重奏団
  [第1ヴァイオリン]ルオ・メイメイ
  [第2ヴァイオリン]トーマス・コティク
  [ヴィオラ]リチャード・フライシュマン
  [チェロ]クラウディオ・ヤッフェ
ソプラノ:ヒラ・プリットマン(第7番)

録音時期:2015年5月20-23日
録音場所:フロリダ州マイアミ、ヒット・ファクトリー

http://ml.naxos.jp/album/8.559845

8559845

 


 

 

コダーイ:管弦楽のための協奏曲、ハンガリー民謡「孔雀は飛んだ」による変奏曲、他/ジョアン・ファレッタ&バッファロー・フィル【NAXOS】

コダーイ・ゾルターン
・ガランタ舞曲
・管弦楽のための協奏曲
・ハンガリー民謡「孔雀は飛んだ」による変奏曲
・マロシュセーク舞曲

指揮:ジョアン・ファレッタ
管弦楽:バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団

録音時期:2017年4月23-24日
録音場所:ニューヨーク州バッファロー、クラインハンス・ミュージック・ホール

http://ml.naxos.jp/album/8.573838

8573838

 


 

 

ドビュッシー:前奏曲集 第1集・第2集、子供の領分/[ピアノ]パーヴァリ・ユンパネン【Ondine】(2CD)

クロード・ドビュッシー
・前奏曲集 第1集
・前奏曲集 第2集
・子供の領分

ピアノ:パーヴァリ・ユンパネン

録音時期:2016年6-8月
録音場所:ハンブルク、フリードリヒ=エーベルト=ハレ

http://ml.naxos.jp/album/ODE1304-2D

Ode13042d

 


 

 

ヴォーン=ウィリアムズ:交響曲第4番・第6番/マーク・エルダー&ハレ管弦楽団【Hallé】

レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ
・交響曲第6番 ホ短調
・交響曲第4番 ヘ短調

指揮:サー・マーク・エルダー
管弦楽:ハレ管弦楽団

録音時期:2016年11月10日(第6番)、4月7日(第4番)
録音場所:マンチェスター、ブリッジウォーター・ホール(ライヴ)

http://ml.naxos.jp/album/CDHLL7547

Cdhll7547

 


 

 

ヴォーン=ウィリアムズ:海の交響曲/マーク・エルダー&ハレ管弦楽団、ハレ合唱団、他【Hallé】

レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ
・『海の交響曲』(交響曲第1番)

指揮:サー・マーク・エルダー
管弦楽:ハレ管弦楽団
ソプラノ:キャサリン・ブロデリック
バリトン:ロデリック・ウィリアムズ
合唱:ハレ合唱団、ハレ・ユース合唱団、スコラ・カントルム、アド・ソレム

録音時期:2014年3月29日(ライヴ)
録音場所:マンチェスター、ブリッジウォーター・ホール

http://ml.naxos.jp/album/CDHLL7542

Cdhll7542

 


 

 

ヴォーン=ウィリアムズ:ロンドン交響曲、オーボエ協奏曲/マーク・エルダー&ハレ管弦楽団、他【Hallé】

レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ
・『ロンドン交響曲』(交響曲第2番)
・オーボエと弦楽のための協奏曲 イ短調

指揮:サー・マーク・エルダー
管弦楽:ハレ管弦楽団
オーボエ:ステファン・ランクール(オーボエ協奏曲)

録音時期:2010年10月14日(ロンドン交響曲、ライヴ)、6月23日(オーボエ協奏曲)
録音場所:マンチェスター、ブリッジウォーター・ホール(ロンドン交響曲)、新ブロードキャスティングハウス・第7スタジオ(オーボエ協奏曲)

http://ml.naxos.jp/album/CDHLL7529

Cdhll7529

 


 

 

ヴォーン=ウィリアムズ:田園交響曲、トマス・タリスの主題による幻想曲、他/マーク・エルダー&ハレ管弦楽団、他【Hallé】

レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ
・トマス・タリスの主題による幻想曲
・『田園交響曲』(交響曲第3番)
・『富める人とラザロ』の5つの異版
・劇音楽『すずめばち』〜序曲

指揮:サー・マーク・エルダー
管弦楽:ハレ管弦楽団
ソプラノ:サラ・フォックス(田園交響曲)

録音時期:2013年9月9−10日(田園交響曲・『富める人とラザロ』の5つの異版)、2012年11月3−4日
録音場所:マンチェスター、アンコーツ、ハレ・セント・ピーターズ教会(田園交響曲・『富める人とラザロ』の5つの異版);サルフォード、メディアシティ、BBCスタジオ(トマス・タリスの主題による幻想曲・『すずめばち』序曲)

http://ml.naxos.jp/album/CDHLL7540

Cdhll7540

 


 

 

ヴォーン=ウィリアムズ:交響曲第5番・第8番/マーク・エルダー&ハレ管弦楽団【Hallé】

レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ
・交響曲第5番 ニ長調
・交響曲第8番 ニ短調

指揮:サー・マーク・エルダー
管弦楽:ハレ管弦楽団

録音時期:2011年11月9日(第5番、ライヴ)、2012年2月3日(第8番)
録音場所:マンチェスター、ブリッジ・ウォーター・ホール(第5番);サルフォード、メディアシティUK・BBCスタジオ(第8番)

http://ml.naxos.jp/album/CDHLL7533

Cdhll7533

 


 

 

ヴォーン=ウィリアムズ:劇音楽『すずめばち』/マーク・エルダー&ハレ管弦楽団、他【Hallé】(2枚組)

レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ
・劇音楽『すずめばち』[英語全曲版]

指揮:サー・マーク・エルダー
管弦楽:ハレ管弦楽団
合唱:ハレ合唱団
ナレーター:ヘンリー・グッドマン

録音時期:2005年7月26-28日(※世界初録音)
録音場所:ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホール

http://ml.naxos.jp/album/CDHLD7510

Cdhld7510

 

ヴァインベルク:弦楽四重奏曲全集、ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集、ヴェイネル:ディヴェルティメント集、ドビュッシー:歌劇『ペレアスとメリザンド』、ヘンデル:『メサイア』[1754年版]…etc.

ツイッターで #nml のハッシュタグを付けてツイートしてきたもののサルベージとか。

 

ヴァインベルク:弦楽四重奏曲全集/ダネル四重奏団【CPO】(6枚組BOX)

ミェチスワフ・ヴァインベルク
・弦楽四重奏曲 第4番 変ホ長調 Op.20
・弦楽四重奏曲 第16番 変イ短調 Op.130
・弦楽四重奏曲 第7番 ハ長調 Op.59
・弦楽四重奏曲 第11番 ヘ長調 Op.89
・弦楽四重奏曲 第13番 Op.118
・弦楽四重奏曲 第6番 ホ短調 Op.35
・弦楽四重奏曲 第8番 Op.66
・弦楽四重奏曲 第15番 Op.124
・弦楽四重奏曲 第5番 変ロ長調 Op.27
・弦楽四重奏曲 第9番 嬰ヘ短調 Op.80
・弦楽四重奏曲 第14番 Op.122
・弦楽四重奏曲 第1番 ハ長調 Op.2/141
・弦楽四重奏曲 第3番 ニ短調 Op.14
・弦楽四重奏曲 第10番 イ短調 Op.85
・カプリッチョ Op.11
・アリア Op.9
・弦楽四重奏曲 第2番 Op.3/145
・弦楽四重奏曲 第12番 Op.103
・弦楽四重奏曲 第17番 Op.146

弦楽四重奏:ダネル四重奏団
 [ヴァイオリン]マルク・ダネル、ジル・ミレ
 [ヴィオラ]:ヴラド・ボグダナス
 [チェロ]ギィ・ダネル

録音時期:2006−2009年
録音場所:ケルン、シュタディオ・シュトールベルク・シュトラーセ

http://ml.naxos.jp/album/777913-2

7779132

 


 

 

ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集/ダネル四重奏団【Fuga Libera】(5枚組BOX)

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
・弦楽四重奏曲第2番 イ長調 Op.68
・弦楽四重奏曲第7番 嬰ヘ長調 Op.108
・弦楽四重奏曲第5番 変ロ長調 Op.92
・弦楽四重奏曲第6番 ト長調 Op.101
・弦楽四重奏曲第3番 ヘ長調 Op.73
・弦楽四重奏曲第13番 変ロ短調 Op.138
・弦楽四重奏曲第14番 嬰ヘ長調 Op.142
・弦楽四重奏曲第8番 ハ短調 Op.110
・弦楽四重奏曲第12番 変ニ長調 Op.133
・弦楽四重奏曲第4番 ニ長調 Op.83
・弦楽四重奏曲第11番 ヘ短調 Op.122
・弦楽四重奏曲第9番 変ホ長調 Op.117
・弦楽四重奏曲第1番 ハ長調 Op.49
・弦楽四重奏曲第10番 変イ長調 Op.118
・弦楽四重奏曲第15番 変ホ短調 Op.144

弦楽四重奏:ダネル四重奏団
 [ヴァイオリン]マルク・ダネル、ジル・ミレ
 [ヴィオラ]:トニー・ナイ
 [チェロ]ギィ・ダネル

(※ダネル四重奏団は1991年ブリュッセルで創設、翌々年のショスタコーヴィチ国際コンクールで第1位に輝いた実力派クァルテット。ショスタコーヴィチ全集とヴァインベルク全集の間にヴィオラ奏者の交代があった模様)

録音時期:2001年10月−2005年6月
録音場所:ミュンヘン、バイエルン放送局、シュタディオ2

http://ml.naxos.jp/album/FUG512

Fug512

 


 

 

ヴェイネル:ディヴェルティメント集/ネーメ・ヤルヴィ&エストニア国立響【Chandos】

ヴェイネル・レオー
・セレナード Op.3
・ディヴェルティメント 第1番 Op.20
・ディヴェルティメント 第2番 Op.24
・ディヴェルティメント 第3番 Op.25
・ディヴェルティメント 第4番 Op.38
・ディヴェルティメント 第5番 Op.39

指揮:ネーメ・ヤルヴィ
管弦楽:エストニア国立交響楽団

録音時期:2015年11月9-10日、2016年6月27-29日(ディヴェルティメント第1番・第2番)
録音場所:エストニア、タリン、エストニア・コンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/CHAN10959

Chan10959

 


 

 

ヴォーン=ウィリアムズ:南極交響曲、他/アンドリュー・デイヴィス&ベルゲン・フィル、他【Chandos】[Hybrid SACD]

レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ
・南極交響曲(交響曲第7番)
・4つの最後の歌[※管弦楽編曲:アンソニー・ペイン]
・2台のピアノのための協奏曲 ハ長調

指揮:アンドリュー・デイヴィス
管弦楽:ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
合唱:ベルゲン・フィルハーモニー合唱団、エドヴァルド・グリーグ合唱団[南極交響曲]
ソプラノ:マリ・エリクスモーン[南極交響曲]
バリトン:ロードリック・ウィリアムズ[4つの最後の歌]
ピアノ:エレーヌ・メルシエ、ルイ・ロルティ

録音時期:2017年1月30日-2月2日
録音場所:ノルウェー、ベルゲン、グリーグハールン

http://ml.naxos.jp/album/CHSA5186

Chsa5186

 


 

 

ドビュッシー:歌劇『ペレアスとメリザンド』/サイモン・ラトル&ロンドン響、他【LSO Live】[Hybrid SACD+Audio Blu-ray](4枚組)

クロード・ドビュッシー
・歌劇『ペレアスとメリザンド』

指揮:サー・サイモン・ラトル
管弦楽:ロンドン交響楽団
合唱:ロンドン交響合唱団
メリザンド[メゾ・ソプラノ]:マグダレーナ・コジェナー
ペレアス[バリトン]:クリスティアン・ゲルハーヘル
王太子ゴロー[バス=バリトン]:ジェラルド・フィンリー
老王アルケル[バス]:フランツ=ヨゼフ・ゼーリヒ
ジュヌヴィエーヴ[メゾ・ソプラノ]:ベルナルダ・フィンク

録音時期:2016年1月9-10日(ライヴ)
録音場所:ロンドン、バービカン・センター、コンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/LSO0790D

Lso0790

 


 

 

マーラー:交響曲第2番『復活』/ダニエレ・ガッティ&ロイヤル・コンセルトヘボウ管、他【RCO Live】[Hybrid SACD](2枚組)

グスタフ・マーラー
・交響曲第2番ハ短調『復活』

指揮:ダニエレ・ガッティ
管弦楽:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
合唱:オランダ放送合唱団
ソプラノ:チェン・レイス
メゾ・ソプラノ:カレン・カーギル

録音時期:2016年9月18日(ライヴ)
録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ

http://ml.naxos.jp/album/RCO17003

Rco17003

※同じ演奏がブルーレイとして映像化されています↓
511onug5il_sl1038_

 


 

 

メンデルスゾーン:チェロとピアノのための作品集/[Vc]クリスティアン・ポルテラ、[Pf]ロナルド・ブラウティハム【BIS】[Hybrid SACD]

フェリックス・メンデルスゾーン
・チェロとピアノのための協奏的変奏曲 ニ長調 Op.17
・チェロ・ソナタ 第1番 変ロ長調 Op.45
・チェロとピアノのための無言歌 ニ長調 Op.109
・アッサイ・トランクィロ ロ短調 MWV Q25
・チェロ・ソナタ 第2番 ニ長調 Op.58

チェロ:クリスティアン・ポルテラ
ピアノ:ロナルド・ブラウティハム

録音時期:2016年8月
録音場所:独バイエルン州、ノイマルクト・イン・デア・オーバープファルツ、ライトシュターデル

http://ml.naxos.jp/album/BIS-2187

Bis2187

 


 

 

シューベルト:ピアノ三重奏曲第2番、他/マルティン・ヘルムヒェン[Pf]、他【Alpha】

フランツ・シューベルト
・ピアノ三重奏曲 第2番 変ホ長調 Op.100, D.929
・アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821

ピアノ:マルティン・ヘルムヒェン
ヴァイオリン:アンチェ・ヴァイトハース
チェロ:マリー=エリザベス・ヘッカー

録音時期:2014年2月10-13日、2017年5月30-31日
録音場所:ブレーメン、ゼンデザール(2014年);ベルリン、Bシャープ・スタジオ(2017年)

http://ml.naxos.jp/album/ALPHA284

Alpha284

 


 

 

ヘンデル:『メサイア』[1754年版]/エルヴェ・ニケ&ル・コンセール・スピリチュエル、他【Alpha】

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
・オラトリオ『メサイア』 HWV.56[1754年版]

指揮:エルヴェ・ニケ
古楽アンサンブル:ル・コンセール・スピリチュエル管弦楽団
合唱:ル・コンセール・スピリチュエル合唱団
ソプラノ:サンドリーヌ・ピオー、キャサリン・ワトソン
コントラルト:アンテア・ピチャニク
テノール:ルパート・チャールズワース
バス・バリトン:アンドレアス・ヴォルフ

録音時期:2016年12月20-22日
録音場所:パリ、ノートルダム・ドゥ・リボン

http://ml.naxos.jp/album/ALPHA362

Alpha362