ヘッセン放送協会のおかげで正月を有意義に過ごせました・・・YouTubeにあるhr交響楽団のライヴ動画

ドイツにはドイツ公共放送連盟(ARD: Arbeitsgemeinschaft der öffentlich-rechtlichen Rundfunkanstalten der Bundesrepublik Deutschland)というのがドイツ国内に9つある地方公共放送団体を統括していて、ナチスの悪妙なメディア世論操作への反省から連邦政府が放送に介入できない一方で、放送行政はドイツ各州の所管というシステムになっているそうです。

そして、9つの地方公共放送団体がそれぞれにオーケストラを設立して運営しているのですが、有名どころですとバイエルン放送交響楽団、ベルリン放送交響楽団、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧称:ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)等々。ただし昨今の財政難から放送局所属のオーケストラも統廃合が起きてしまってるのは、さしものクラシック大国ドイツでもいろいろと大変なんだなぁ・・・と。

で、“hr交響楽団(hr-Sinfonieorchester)”[https://www.hr-sinfonieorchester.de/]。フランクフルトに本部を置くヘッセン放送協会(hr: Hessischer Rundfunk)所属のオーケストラで、2005年に今の名前に改称される前はフランクフルト放送交響楽団と称していて、前世紀末に日本のDENONレーベルによる優れた録音で当時の首席指揮者エリアフ・インバルとマーラーの交響曲全集をリリースしていたのは、往年のファンの知るところですね。ただ名前がhr交響楽団ではドイツ国外の人から見たら???となりそうだからなのか、2015年から国際公式名をFrankfurt Radio Symphony(日本語では昔と同じフランクフルト放送交響楽団ですが、旧称のドイツ語はRadio Sinfonieorchester Frankfurt、英語でFrankfurt Radio Symphony Orchestra)にしているようです。首席指揮者は2006–2013年のパーヴォ・ヤルヴィ(現名誉指揮者)の跡を引き継いで、2014年より1977年コロンビア生まれのアンドレス・オロスコ=エストラーダが務めています。ヒューストン交響楽団の音楽監督と兼任ですが、PentaToneレーベルからヒューストン響とのコンビでドヴォルザークの交響曲6・7・8・9番やハイドンの『天地創造』など、hr交響楽団とはリヒャルト・シュトラウスのアルプス交響曲や『英雄の生涯』、歌劇『サロメ』などを全てハイブリッドSACDでリリースしていて、どれも一定の高評価を得られているようです。

それにしても、公共放送だから定期演奏会を毎回TVカメラ撮りしているのは当然にしても、惜しげもなくYouTubeに公式チャンネル作ってアップロードしているのは凄い太っ腹ですね。どこぞの低レベルな犬HKとは大違いwww 直近のアップが2週間以上前の12月14日に催された演奏会で、プログラムが
・シューベルト:ヴァイオリンと弦楽のためのロンド
・イェルク・ヴィトマン:ヴァイオリン協奏曲第2番(※サントリーホールからの委託作、2018年8月31日に世界初演)
・シューベルト:交響曲ハ長調『ザ・グレイト』
なのですが、開演始めから見ることができます。まず楽団員が一斉に出てきて観客が拍手で迎えるのは今の京響定期のスタイルと同じだなぁ〜とか(欧州でのこういう習慣を京響も今シーズンからやってみたとかかしら?)、イェルク・ヴィトマンの新作コンチェルトはサントリーホールでの世界初演の際には作曲者自身の指揮でオケが東京都交響楽団、ソリストが妹のカロリン・ヴィトマンだったけど、ドイツでの初演にあたるhr交響楽団とのこの演奏会にもカロリン・ヴィトマンが客演してます。

他にもいろいろと数多くありますし、なによりタダで観れるので、興味のある方はぜひどうぞ。
↓↓
hr-Sinfonieorchester – Frankfurt Radio Symphony 【YouTube公式チャンネル】
https://www.youtube.com/user/hrSinfonieorchester

ちなみに欧州の経済都市フランクフルトにはフル編成のオケが2つあって、1つはこのhr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)、もう1つはフランクフルト・ムゼウム管弦楽団(フランクフルト歌劇場管弦楽団)で、こちらはフランクフルト歌劇場GMDを10年以上務めてるセバスティアン・ヴァイグレがシェフです。200年以上の歴史を持つフランクフルト歌劇場、レコードとかCDとかに名前を見ることがとても少ないので、日本ではあまり馴染みがないと思うのですが、ヴァイグレが音楽総監督に就いてからドイツのOpernwelt誌[http://www.opernwelt.de/]が毎年選出する年間最優秀オペラ座に昨シーズンと2014/2015シーズンの2回選ばれてることもあり、その実力はオペラファンでは知る人ぞ知る、みたいな感じでしょうか。

それはさておき、この正月3が日で視聴したのをツイートしてみたので、ここにも貼っておきます。ヘッセン放送協会に感謝を!w

 


京都市交響楽団 第565回定期演奏会(指揮:エイドリアン・リーパー)

今日の指揮者のエイドリアン・リーパーさんはNaxosレーベルの黎明期にスロヴァキアやアイルランドのオケと組んで多数の録音を残している方ですが、どんなタイプの指揮者か知るためにNMLで探して聴こうかどうしようか迷って、結局止めました。20年近くも前の、しかも短期間での多数の録音となると、どうしてもヤッツケ仕事になりがちでしょうし、参考にはならないと思ったからです。なので彼の指揮での演奏を聴くのは私にとっては本当に初めて。

さて、プレトークで女性の通訳を伴い眼鏡をかけて(後半では外してたのでたぶん老眼鏡かな?)登場したリーパーさん、パッと見の印象が写真とは少し違いましたが、元来のお喋り好きなのか同郷の誇るラッセルの分析哲学の影響でも受けてるのか知りませんが、まぁ細かいところまで語ること語ること(笑)。通訳が入るので彼の持ち時間は実質半分になりますけど、立った数分のストラヴィンスキーの曲を説明するのに同じくらい時間使ってるし、おそらく舞台袖から急げと合図があったようで彼もそれを了承した風なことを途中で一言挟んではいたのですが、それでも開演時間をオーバーしてまでトークは続きました。喋ってる本人は時間配分まで計算してなかったみたいで、ウォルトンのシンフォニーの説明が思ったよりもおざなりになってましたけど、土曜マチネだし折角だから本人の好きなように喋らせればよかったのになぁ~思ったのは私だけでしょうか?www(でもあの調子だと平気で1時間くらい喋ってそう・笑)

 

京都市交響楽団 第565回定期演奏会
2013年2月16日(土)14時30分開演@京都コンサートホール

◆I.ストラヴィンスキー 管楽器のための交響曲〔1920年版〕
◆D.ショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第1番ハ短調 Op.35
 (アンコール)
 ◇小曽根真「My Witch’s Blue」
(休憩)
◆W.ウォルトン 交響曲第1番変ロ短調

指揮:エイドリアン・リーパー
ピアノ:小曽根真
トランペット:ハラルド・ナエス(※ピアノ協奏曲第1番)
コンサートマスター:泉原隆志

 

1曲目。この曲は2つのエディションがありますけど、リーパーさんいわく、第1次大戦とロシア革命後で西欧にいた頃に『プルチネルラ』や『兵士の物語』などと同時期に作曲されたのと、渡米後(トークでは言われませんでしたが第2次大戦期にアメリカに亡命してからのストラヴィンスキーの作曲スタイルはセリー主義と一般的に言われてますね)に改訂されたものでは精神が異なると思う(通訳はこう翻訳してましたけどニュアンスがそれで正確なのかちょっと疑問・・・私のヒアリング能力不足でリーパーさんがどう言っていたのかわかりませんが、他にも旧ソ連共産主義の通訳が「?」の部分もあったし・・・なのでプレトークで語られていた部分にちょっと私の方で補足しています)というのと、あとは1920年版ではアルトフルートとアルトクラリネットという珍しい楽器が用いられていて2つの楽器の掛け合いもあるので注目してください、みたいなことを仰ってましたが、演奏の方は限られたリハの時間で何とかキッチリ仕上げてきたという印象でした。

2曲目。ソリストはクラシックの人ではなくジャズが本業の小曽根[http://www.makotoozone.com/]さん。この曲はいくらパロディや皮肉っぽい砕けた部分が散見されるからといっても、根っこがジャズなガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』とは異なり全体的に純然たるクラシックベースの音楽ですので、さすがのテクニシャンでもスタイルの違いは隠せなかったのか、第1楽章などは微妙に乗りきれてない様子も伺えましたが、徐々にそれも解消された感じで、カデンツァから終楽章にかけては本当に独壇場といったノリノリの様相でしたし、オケの伴奏もソリストのスピードに合わせたリズミカルで疾走感ある演奏で、大変な熱演で締めくくられました。こういった変容の仕方などはライヴならではという感じでしたね。熱烈な拍手を浴びる小曽根さんはさすが日本のジャズ界の大物ピアニストといった貫禄で、ピアノの蓋を自分で閉じてオケにも拍手を促す仕草とかにも千両役者のような余裕が感じられました。アンコールに弾いた自作の曲もとてもよかったです。

そして後半、メインのウォルトンの1番シンフォニー。コンサートパンフの曲解説の最後に
『※本公演では、指揮者の指示により、管楽器の編成を増やして演奏いたします。』
と本来の楽器編成のデータの後にご丁寧に書かれてありましたが、ステージに乗っかっているメンバーを見ると、フルートとオーボエ・クラリネット・ファゴットら木管が2→4本、ホルンが4→6本、トランペットとトロンボーンが3→4本といった形の増管でした。私の位置からはホルンがすぐそばなので、フォルティッシモとなるとそれはもう鼓膜にビンビン響くこと(笑)。前半では眼鏡をかけ総譜を見ながら指揮していたリーパーさんも後半では眼鏡を外し指揮台を退かせての登場。それだけでも自信の程が伺えるほどでしたが、暗譜で彼のタクトから導かれた音楽は無駄な装飾を取り払うような引き締まった筋肉質の演奏で、終楽章も堂々とした感じで締めくくられ、とても聴き応えのある高い完成度に仕上げてきたように思いました。しとらす的には第3楽章の抒情性をもう少し引き出してくれたら尚よかったのですが、それ以外は今の京響ではほぼベストでしょうか。増管の効果もあってか関西では演奏機会に恵まれない曲にもかかわらず客席からの受けも随分とよかったように見えました。エルガーやホルスト、ヴォーン・ウィリアムズらとはまた違ったタイプの英国モノの管弦楽の大作があるということを知らしめるのには良い機会だったのではないでしょうか。

P.S.年度明け4月の第567回の定期は早くもチケット完売だそうです。これって神尾真由子効果???・・・個人的にはコンチェルトはともかく後半のメインはもう少しレアな選曲にしてほしかったんですけどね(苦笑)。

 

 

 



ウォルトン:交響曲第1番、他/コリン・デイヴィス&ロンドン響、他;アレクサンダー・ギブソン&ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管、他

今度の京響定期ではメインがウォルトンの1番シンフォニーですが、NMLで探せばいくつか出てくるだろうと思ってたら、コリン・デイヴィスとロンドン響のライヴ盤がしっかり入ってましたので早速聴いてみましたが、この指揮者はセッション録音のイメージとは全然違ってホントにライヴの人なんだなとつくづく感じる熱演でした。

両端楽章でのバランスを見切った上でのこれでもかというくらいの大咆哮と大見得を切ったようなゲネラルパウゼによる見事な円熟味ある演出、それとは対照的な第3楽章での陰鬱な影をも時折覗かせる抒情的な美しさ。そしてブラスセクションを目いっぱい鳴らしての輝かしいフィナーレで幕が閉じられる感動的な演奏でしたし、この曲の素晴らしさを余すところなく伝えていると思います。

ロンドン響[http://lso.co.uk/]の自主レーベルから出ているこのライヴ録音、当初は1番シンフォニーのみのリリースでNMLにも古いディスクでしか登録されていないのですが、後にオラトリオ『ベルシャザールの饗宴』のライヴ録音とカップリングさせたハイブリッドSACDが改めてリリースされています。『ベルシャザールの饗宴』がどんな演奏だったのか大いに気になるところです。

他にウォルトンの管弦楽作品の録音ではChandos[http://www.chandos.net/]レーベルから2枚組CDでリリースされているものがありました。シンフォニーとオラトリオはアレクサンダー・ギブソンとロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団のコンビによるセッション録音ですが、さすがにライヴ特有の熱気こそないものの、オーソドックスで丁寧な演奏で、録音も良好です。上記2曲とともにウォルトンの代表作の1つであるチェロ協奏曲や、別の指揮者とオケによる戴冠式用の行進曲も収録されていたりで、ウォルトンの入門編としては手頃なのではないでしょうか。ジョージ6世の戴冠式のために作曲された行進曲は昨秋の演奏会で広上さんと京響によるアンコールピースでの実演を聴く機会がありましたけど、なかなかにカッコよくてゴージャスな曲でしたよ(アンコール演奏前の挨拶で広上さんが「音楽だけでもゴージャスな気分を」と仰ってましたがホンマにその通りでw)。

 


 

ウォルトン:交響曲第1番、他/コリン・デイヴィス&ロンドン響、他【LSO Live】[Hybrid SACD]

ウィリアム・ウォルトン
・オラトリオ『ベルシャザールの饗宴』
・交響曲第1番 変ロ短調

指揮:コリン・デイヴィス
管弦楽:ロンドン交響楽団
合唱:ロンドン交響合唱団
バリトン:ピーター・コールマン=ライト

録音時期:2008年9月(ベルシャザールの饗宴)、2005年12月(交響曲第1番)
録音場所:ロンドン、バービカンセンター(ライヴ)

http://ml.naxos.jp/album/LSO0076〔※交響曲第1番のみ〕

51dq5fhu5l

 

 

ウォルトン:交響曲第1番、他/ギブソン&スコティッシュ・ナショナル管、他(2CD)【Chandos】

ウィリアム・ウォルトン
・交響曲第1番 変ロ短調
・チェロ協奏曲
・オラトリオ『ベルシャザールの饗宴』
・戴冠式テ・デウム〔※エリザベス2世女王の戴冠式(1952年)のために〕

指揮:アレクサンダー・ギブソン
管弦楽:ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団
チェロ:ラルフ・カーシュバウム(チェロ協奏曲)
合唱:ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団合唱団(ベルシャザールの饗宴、戴冠式テ・デウム)
バリトン:シェリル・ミルネス(ベルシャザールの饗宴)
吹奏楽:スコティッシュ・フェスティヴァル・ブラスバンド(ベルシャザールの饗宴)
オルガン:ジョージ・マクフィー(戴冠式テ・デウム)

・戴冠式行進曲『王冠』 〔※ジョージ6世の戴冠式のために作曲〕
・アニヴァーサリー・ファンファーレ
・戴冠式行進曲『宝珠と王杖』 〔※エリザベス2世の戴冠式のために作曲〕

指揮:デイヴィッド・ウィルコックス
管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団

http://ml.naxos.jp/album/CHAN241-10

Chan24110

 



イギリスのギター協奏曲集/クレイグ・オグデン(ギター)、リチャード・ヒコックス&ノーザン・シンフォニア

今週末の京響定期はストラヴィンスキーにショスタコーヴィチにウォルトンと京響の良さをそれぞれに堪能できる楽しみなプログラムなのですが、ちょっとした予習がてらにとNMLでいろいろと検索かけていた時に偶然目に止まったディスクです。

これ、何の予備知識も無しにブラインドテストで聴いてみたら、どれも英国モノだとわかる人がはたしてどれくらいいるのか、ちょっと試してみたいくらいです(笑)。

 

イギリスのギター協奏曲集/オグデン(ギター)、ヒコックス&ノーザン・シンフォニア【Chandos】

ウィリアム・ウォルトン
・5つのバガテル〔※編曲:パトリック・ラス〕
マルコム・アーノルド
・セレナード Op.50
レノックス・バークリー
・ギター協奏曲 Op.88
マルコム・アーノルド
・ギター協奏曲 Op.67

ギター:クレイグ・オグデン
指揮:リチャード・ヒコックス
管弦楽:ノーザン・シンフォニア

録音時期:2001年1月
録音場所:ニューカッスル、ジュビリーホール

http://ml.naxos.jp/album/CHAN9963

Chan9963

 

クラシックのギター曲といえばスペインやブラジル、キューバなどイベリア半島とラテンアメリカの作曲家の独壇場で、あとは日本人あたりが割って入ってくるかといったイメージを持ってましたので、ラテンとは程遠いイギリスの作曲家から、微かな憂愁をおびつつも爽快で豊かな色彩を持つギターのコンチェルト作品が出てくるとは思いませんでした(ウォルトンの曲はアレンジものですけど)。ジャケット絵が浜辺の風景写真になっていますけれども、まさにピッタリだと思います。所々でメロディラインやブラスセクションの使い方に英国っぽい雰囲気を垣間見ることもできますが、管弦楽とギターとの絡ませ方の手際良さがスペインやブラジルなどの作曲家に引けを取らない印象で、聴いていて爽やかな心地よい潮風が流れてくるようでした。

ソリスト・室内オケとも美しい響きでテクニックも申し分なく、ヒコックスの指揮もナチュラルな感じで、しかも細かいところまで手の行き届いた音楽作りになっていると思います。週末の京響定期はメインがウォルトンのシンフォニーですので、NMLで彼のアルバムリストを眺めているうちに偶然見かけて試しに聴いてみた録音でしたけど、これまで私が知らずにいた良い音楽に出会え、新たな発見ができてよかったです。