西国三十三箇所・・・第二番札所・紀三井山 金剛宝寺護国院、第三番札所・風猛山 粉河寺

JR西日本が期間限定で出している乗車券に“関西おでかけパス”というのがありまして、土休日限定とはいえ京阪神内と奈良・和歌山を結ぶ区間が乗り放題という結構なスグレモノなのですが、このキップ代2,000円+α(関西自由周遊区間「外」なところもあって、少しアシが出た)でもって、和歌山の紀三井寺と粉河寺まで出かけてきました。曇りがちだったのがちょっと残念でしたが、このあたりまで来ると京都よりも少し暖かいですね。

まずは紀三井寺[http://www.kimiidera.com/]↓室町時代建立の楼門。
2006_01280001
JR紀勢本線の紀三井寺駅(和歌山駅の2つ先)から徒歩10分程になります。正式名称は
『紀三井山金剛宝寺護国院(きみいさんこんごうほうじごこくいん)』
だそうで、770年に唐の僧の為光上人によって開基。
Continue reading “西国三十三箇所・・・第二番札所・紀三井山 金剛宝寺護国院、第三番札所・風猛山 粉河寺”

勝浦温泉と熊野の旅:その2 1月12日

最初に1つご案内を。
熊野地方の観光に関して、『み熊野ねっと』といういいサイトを見つけましたので、よろしければご覧になってみてください。

み熊野ねっと http://www.mikumano.net/
B39c7daef27e839ce61594a49b9dde8c

さて、旅先で好いお天気に当たると、それだけで得した気分になるものですが、この日(1月12日)は朝から気持ちいいくらい晴れ渡っていて、暖かかったこともあって、すごく得した気分でした。

まさか今年1年分の運を使い果たしたとか・・・ ( ゚д゚)ハッ!
・・・んなわけないので(笑)、ルンルン気分で那智山まで出かけました。

まずは熊野那智大社から。
2006_01130013
2006_01130014
2006_01130016
2006_01130017
Continue reading “勝浦温泉と熊野の旅:その2 1月12日”

勝浦温泉と熊野の旅:その1 1月11日

海を見たい、温泉に入りたい、でも寒いのは嫌w
というわけで、和歌山県は熊野方面に旅してきました。11日から13日まで、2泊3日です。1日ずつに分けて載せることにします。

ユネスコの世界遺産になった熊野古道で近年注目を集めていますが、このあたりは山間部の熊野本宮大社がある周辺には湯の峰温泉など、海に面したところには勝浦温泉、といい温泉もあります。湯の峰温泉は小栗判官の物語でも馴染み深いところですね。ちなみに、有馬温泉・道後温泉と並んで日本三古湯の1つである白浜温泉は、ここからまだ和歌山市寄りの方になります。

さて、1日目。
同じ関西圏とはいえ、この辺りは本州で最も南にあたる地域なので、京都からだと遠いこと遠いこと(苦笑)。青春18きっぷ利用でしたので、朝8時過ぎに出て勝浦に着いたのが15時過ぎ。7時間鈍行列車の旅でした(笑)。特急ですとだいたい4時間ほどかかるようですね。

ちょうどお昼時だったこともあって、乗換の紀伊田辺駅で駅弁を買いました。
2006_01130001_2

紀州てまり弁当、鳥そぼろ御飯の上に具がのっています。
「てんてんてんまりてんてまり~」
の童謡がある紀州手鞠にちなんで真丸い形の容器なのですが、ベンチシートの車両の中ではチョット食べにくかったです。味はgood。
Continue reading “勝浦温泉と熊野の旅:その1 1月11日”