長崎にて・・・大浦天主堂とか浦上天主堂とかLRTとか・・・

長崎に行く所要があったので、ついでというところで久しぶりに市内にある2つの大きな教会などに立ち寄って来ました。京都と比べると長崎はまだ少し暖かかったですね。

まずは大浦天主堂[http://www1.bbiq.jp/oourahp/]
Pb1700031
中は撮影禁止なので、外からのみです。

坂を降りて少し歩くと、100円アイスの屋台を見かけたので、久しぶりに買って食べました。長崎生まれの私には小さい頃からお馴染みの100円アイスですが、昔に比べて街に出ている屋台の数がグッと減ってるように思いました。実家の母と話したのですが、後継者難やら衛生上の問題提起やらいろいろあるのだとかで・・・通にはお馴染みの長崎名物なのに、なにやら寂しいですね。

これも長崎名物の1つ、路面電車[http://www.naga-den.com/]ですが、最新式の低床型のLRTは今回初めて見ました。欧州の街を思わせるフォルムで鉄道好きには嬉しい巡りあい、ついパチリ(笑)。
Pb1700071

 

さて、路面電車で向かった先は浦上天主堂[http://www1.odn.ne.jp/uracathe/]
Pb170009

原爆投下の際に奇跡的に焼け残った部分↓
Pb170010

入り口右の像は教皇ヨハネ・パウロ2世。1981年の訪日を記念してのものです。
Pb170011

 

下の2枚は長崎水辺の森公園で撮りました。上は女神大橋に向かって、下は稲佐山に向かって。
Pb170013
Pb170014

 

%%http://maps.google.co.jp/maps?q=32.755747,129.869560+()&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%32.755747%%129.869560%%14

 

九州旅行・九州ツアー
国内宿泊

ツシマヤマネコを保護 対馬・下島で数十年ぶり

絶滅危惧種で国の天然記念物にも指定されているツシマヤマネコ[Wiki]が厳原で保護されたそうですね。
Im20091229ssxkc01462912200913

ただでさえ個体数が減って絶滅が心配されているツシマヤマネコですが、対馬は‘下島’とも呼ばれる南部の方が人口が多くて開発も進んでいますので、その下島で、しかも九電工の営業所で保護されたというのですから、ちょっとした驚きですね。25年前の交通事故による死骸と2年前の自動撮影カメラに写ったもの以外は下島での生息情報はしばらくなかったわけですから。

でも、写真ではわかりづらいですが体重が1kgちょっとって小っちゃいですね。ホントに子ネコちゃんなんだ・・・(もっとも大人になったら警戒心がもっと強くなって簡単には里に降りてこないのでしょうけど)。

環境省の対馬野生生物保護センター[http://twcc.cool.ne.jp/]を見ると、今月7日にも上島の豊玉町仁位で1匹見つかって保護されたそうです。保護された当初は衰弱していたものの今ではかなり元気になったようですが、今回厳原で見つかったネコちゃんも元気になってくれるといいなぁ、と願ってます。

【動画】対馬・厳原でヤマネコ保護 下島では数十年ぶり
【長崎新聞 2009年12月29日】

 絶滅の恐れがある国の天然記念物ツシマヤマネコが28日、対馬市南部に位置する厳原町小浦の九電工対馬営業所敷地内で見つかり、保護された。市北部の上島での生息確認や保護は多いが、環境省対馬野生生物保護センター(同市上県町)によると、正確な記録は残っていないが、市南部の下島での保護は数十年ぶりとみられる。

 下島では1984年5月、厳原町瀬で見つかった交通事故死骸(しがい)以降、2007年3月に同町内山周辺の山林で自動撮影カメラに写るまで23年間、確かな生息情報がなかった。同年8月にもカメラに写ったが、それ以降は消息を絶ち、下島のヤマネコは絶滅が懸念されていた。

 同センターによると、今回見つかったヤマネコは今年春生まれとみられる亜成獣の雄で、体重は約1130グラム。衰弱していたが、餌を食べるなど体調は安定しているという。

 同社などによると、午後2時半ごろ、同社の車庫周辺にいるのを社員の築城守さん(37)が発見。ヤマネコに似ており、同僚の境拓哉さん(25)らが近寄ると倉庫の中に入ったり、側溝に逃げ込み、敷地に隣接する川に落ち込んだ。衰弱して川から上れる様子もなかったため、境さんら社員3人が下りて救出。連絡を受けた市職員が保護し、同センターまで搬送した。

 境さんは「まさか本当にツシマヤマネコとは思わなかった。衰弱していたので助けられて良かった。元気になってほしい」と話した。

 現場は市中心部から数キロ離れた国道沿い。車両が頻繁に通るが、同社の裏手には山が迫っており、豊かな自然もある。ヤマネコがどういう経緯で姿を現したかは不明だが、同センターの水崎進介自然保護官は「下島で繁殖していたとすれば非常にうれしいニュース。今後、保護したヤマネコの取り扱いや痕跡調査などをどうするか専門家と相談して決めたい」と話した。

 ツシマヤマネコはベンガルヤマネコの亜種で国内では対馬だけに生息。環境省のレッドデータブックでは絶滅の恐れが最も高い絶滅危惧(きぐ)IA類に分類されている。1960年代まで全島に300匹ほど分布していたとされるが、道路整備や山林の伐採など生息環境の悪化で減少。2005年9月に公表された生息数の調査結果によると、推定80~110匹とされている。

長崎くんち 後日(あとび)

実家の妹が今日おくんちを見に行ってきたようで、画像を3枚送ってくれました。さすがはできた妹だ(憂ちゃんほどじゃないけど・・・ってうわっなにを・・・くぁwせdrftgyふじこlp)

まずは、諏訪神社にて↓鍛冶屋町の宝船のようですね。
091009_115203
前に見える建物が諏訪神社の大門、その下の階段がいわゆる“長坂”と呼ばれているところです。

次は↓お上りの御神輿ですね。
091009_130302
ここはどこでしょう・・・?御旅所の近辺かしら?

最後に↓庭先回りでの元船町・唐人船 (※クリックで拡大)
091009_144002

おおきにでした m(_ _)m

ちなみに、唐人船を動画で観たい方は↓会場が一体となって熱い“ドラドラ”!これぞ、おくんち!!

長崎くんち(長崎伝統芸能振興会) http://www.nagasaki-kunchi.com/
長崎新聞:長崎くんち
  http://www.nagasaki-np.co.jp/event/kunti/index.html

モッテコーイ最高潮、長崎中心部 くんち一色
【読売新聞 2009年10月8日】

 諏訪神社(長崎市上西山町)の秋季大祭・長崎くんちが7日、同神社で始まり、今年の踊町(おどりちょう)を務める6町が伝統の出し物を奉納した。観客は「モッテコーイ、モッテコイ」と大きな掛け声を上げ、祭り気分は最高潮に達した。各町が各企業や官公庁などを回る「庭先回り」も行われ、9日まで、市内中心部はくんち一色となる。

 ◆筑後町
200910082821901l
 6町の最後の出し物として登場し、青、白計3頭の龍(じゃ)が次々に空に舞った。龍が踊馬場から去ろうとすると、すぐに観客たちは総立ちになり、「モッテコーイ」との掛け声が響き、奉納する時間を大幅に過ぎるほどの人気ぶりだった。初めて龍衆に参加し、白龍の頭部を担当した横沢隆幸さん(33)は、「最終日まで気が抜けません」と気合を入れていた。
〔※写真:勇壮な動きで観客を魅了した筑後町の龍踊〕

 ◆元船町
200910082822011l
 歓迎の舞いの後、異国情緒たっぷりの唐人船に寄り添って赤、青、黄色のカラフルな民俗衣装を着た根曳(ねびき)らが現れた。福を招く意味を持つ「ヤーハー」の掛け声で士気を上げると、5種の楽器を操る「唐楽隊」を乗せた約5トンの唐人船が、にぎやかな演奏に応えるように回った。回転しながら前に進む技の「ドラゴン」も見事に成功。ドラを担当した橋田直樹君(11)は「練習より大きな音を出せた。自分でも納得」とホッとした表情を見せた。
〔※写真:力強く回る元船町の唐人船〕

 ◆油屋町
200910082822101l
 笛と太鼓の囃子(はやし)に合わせて、紅葉や魚かごを積んだ川船が登場。船の前にまかれた魚をめがけて、網打船頭を務める藤原悠太君(7)が網を投げ、見事にすべての魚を引っ掛けると、観客からは「ヨイヤァ」の掛け声が飛び、大きな拍手がわいた。采振(さいふり)を務める山之内宏一さん(56)は、「雨模様で根曳(ねびき)たちが滑らないように指示するのが難しかった」と話した。
〔※写真:全力で川船をひく油屋町の根曳衆〕

 ◆鍛冶屋町
200910082822811l
 豪華な宝船から個性豊かな「七福神」が降りてくると、一瞬、境内が静まり返った。その優雅な舞いに会場の熱気が高まると、財宝を積み込んだ船が再登場。「世界に、長崎に福を」との願いを込め、船を7回転半回す大技「七福神回し」が成功すると、総立ちの観客席から「モッテコーイ」の大歓声が響いた。長采の余語保博さん(60)は「地面がぬかるみ、7回転半に挑むか迷ったが、根曳(ねびき)たちの気合を感じて思い切ってやった。感動です」と声を弾ませた。
〔※写真:宝船に乗って登場する七福神〕

 ◆上町
200910082823211l
 熱気と拍手に包まれる中、そろいの浴衣を着た11人の子どもたちが、「もみじ」の枝を手に、愛らしい踊りを披露した。花魁(おいらん)姿の長崎検番が登場すると盛り上がりは最高潮に。番傘を使った華麗な舞いに、アンコールを意味する「ショモーヤレ」の大喝采(かっさい)が飛び交った。出演した田中寛之君(7)は「人が多くて緊張したけど、練習の成果は出せた」と満足そうに話した。
〔※写真:美しい舞を奉納した上町の本踊〕

 ◆今籠町
200910082823031l
 57年ぶりのくんちへの復帰を祝う観客からの拍手に迎えられて、踊子(おどりこ)らが登場。頭には獅子の面を付け、色鮮やかな衣装の踊子6人は扇子やさらしを使って、秋祭りを題にした奉納踊りを披露した。踊子で最年少の楠本安菜さん(13)は、「さらしが雨にぬれて絡まってしまい、どきどきしたけど、神様への思いを込めて踊れました」と満足げに振り返った。
〔※写真:57年ぶりに復帰し、本踊りを披露した今籠町〕

九州旅行・九州ツアー

長崎くんち、開幕

大型台風が心配された今年の長崎くんちですが、九州ではなく東海地方に逸れてくれたおかげで無事本番を迎えることができたそうです(もっとも実際に台風が上陸した地域の方々は大変でしょうけど・苦笑)。

今年の踊町は以下の通りです(※7年に1度当番が回ってくる仕来りです)。

上町|本踊
元船町|唐船祭
今籠町|本踊[※1952年以来の出演]
鍛冶屋町|宝船・七福神
油屋町|川船
筑後町|龍踊

地元の放送局では毎年7日の前日(‘ぜんじつ’ではなく‘まえび’と言います)朝の諏訪神社での奉納踊りが生中継されるのですが・・・
・・・残念ながら京都で見ることはできません (T_T)

くんちは今日7日から明後日9日まで、諏訪神社だけではなく長崎市公会堂などで踊り場が設けられて観ることができますし、庭先回りなんかもありますので、行ける方は日時等を確認してぜひどうぞ。

長崎くんち(長崎伝統芸能振興会) http://www.nagasaki-kunchi.com/
長崎新聞:長崎くんち
  http://www.nagasaki-np.co.jp/event/kunti/index.html

下の動画は今日の本番のではないですが、4日に行われた「人数揃(にいぞろい)」での、筑後町の龍踊(じゃおどり)です。「人数揃」というのは、くんちの本番を前に各踊り町が出し物の仕上がり具合を町関係者に披露する行事です。さしずめクラシックの演奏会やオペラでいうゲネプロGeneralprobeですね。龍踊は上から見た方がいいんですが、Youtubeにいくつかアップされてるようですので、ぜひ検索してご覧ください。


九州旅行・九州ツアー