長崎くんち 後日(あとび)

実家の妹が今日おくんちを見に行ってきたようで、画像を3枚送ってくれました。さすがはできた妹だ(憂ちゃんほどじゃないけど・・・ってうわっなにを・・・くぁwせdrftgyふじこlp) まずは、諏訪神社にて↓鍛冶屋町の宝船のよ

長崎くんち、開幕

大型台風が心配された今年の長崎くんちですが、九州ではなく東海地方に逸れてくれたおかげで無事本番を迎えることができたそうです(もっとも実際に台風が上陸した地域の方々は大変でしょうけど・苦笑)。 今年の踊町は以下の通りです(

長崎で『精霊流し(しょうろうながし)』

長崎生まれのしとらすは、終戦といえば8月9日(言わずと知れた「長崎に原爆が落とされた日」)にしか意識が向きませんし、8月15日にやることでお盆の行事として真っ先に思い浮かぶのが『精霊流し』ですかねぇ~、いまだに。お盆の行

田平天主堂

五山送り火に間に合うよう京都に帰るだけならもっと余裕のある日程を組めたのですが、どうしても鉄川与助さんの建てた教会を1つでも見ておきたくて、ちょっと無茶に遠回りなルートにして寄り道し、佐世保から松浦鉄道に乗って「たびら平

外海の黒崎天主堂と出津天主堂

実家に帰省中、妹に無理を言って車で連れて行ってもらいました。場所は、現在は長崎市に併合された外海地方にある、黒崎天主堂と出津(しづ)天主堂です。私もですが、一緒に行った母も妹も全く初めて行く場所でした。 このあたりは遠藤